動物戦国武将占い【ゾウ】信長が最も認めた無欲で謎多き武将、明智光秀型の性格は!?

動物戦国武将占い【ゾウ】信長が最も認めた無欲で謎多き武将、明智光秀型の性格は!?

和樂webオリジナル「動物戦国武将占い」(診断結果一覧はこちら)。明智光秀型の性格は…!?

明智光秀ってどんな人?

1528~82年。通称は十兵衛。惟任(これとう)姓を賜る。日向守。美濃出身か。織田信長に仕えるまでの記録がほぼありませんが、足利義昭に仕えていた可能性も。比叡山焼き討ち後、信長家臣で初めての一国一城の主となり、数々の主要な合戦で活躍。特に光秀による丹波平定は、敵対勢力の包囲網に大打撃を与え、信長が絶賛しました。その後、畿内方面軍司令官となり、信長の右腕的存在となりますが、本能寺で信長を急襲。理由はいまだにわかっていません。

ゾウ・明智光秀型の性格

何事においてもとにかく短気でせっかち。やるべきことや与えられた課題の要点をすばやく理解してすぐに着手。仲間や協力者を集めて黙々とそれに向かって手と体を動かします。行動の根底には、「使命」を大事にする生き方があります。明智光秀が織田信長に仕えたのは、立身出世もさることながら、信長が政権担当能力のない足利将軍に代わり、戦乱に終止符を打つことに共感した可能性があります。光秀の織田家臣時代の活躍は、まさにそれを使命としたのでしょう。

このように、立場と目的を与えられれば抜群の実行力を発揮するタイプです。ただし、自分の頭で自由に発想した独創性はあまりなく、もともとあるものや過去の作品を踏襲しそこにアレンジを加えるようなやり方が得意です。自分が得意ではないため、ユニークな発想力を持つ仲間の能力を見極め、仲間にうまく加わってもらうなど、組織の中での根回しは上手です。飲み会も好きなので、典型的な勤め人タイプといえます。

宿命的に肉親とやや縁が薄い傾向があります。明智光秀についても、家族や出身についての記録が乏しく、本当に土岐氏支流の明智一族の出身なのかも、確たる証拠がありません。内弁慶の傾向もあるので、普段から家族を大事にしましょう。

ゾウ・明智光秀型の弱点

組織人としてのバランスがよく、どんな会社に勤めてもそこそこ平和にやっていきますが、生まれ持ったせっかちさが災いし人間関係トラブルを起こすおそれがあります。また、独創性のある人やトークのうまい人に弱いという弱点もあります。職場では平和にやっていても、家庭では口うるさくなる人もいます。女性は特に配偶者との縁が変わりやすい傾向が強め。偏屈になりやすい自覚のある人は、ときどき言動を振り返るとよいです。

ゾウ・明智光秀型の開運キーワード

無私

明智光秀は側室を持たない愛妻家。命を落とした家臣はねんごろに供養しました。本能寺の変後に天下は息子たちに任せ、自分は隠退すると語ったといい、天下を取る欲は持っていなかったという説も。このタイプの人は、社会的な使命や無私の心に気づくと発展します。

成果

社会的に認められるには成果や実績を残しましょう。そういえば、明智光秀もシャイな努力家でした。武将としても一流で和歌にも通じ、京都に人脈の多い文化人として知られましたが、織田家に仕える以前の流浪の生活の中でそれらを身につけるのは、相当な努力が伴ったはず。しかし苦労話は伝わっていません。人知れず努力し、黙々とやり続けることで望む結果が得られます。

動物戦国武将占い 診断はこちら

自分のタイプを診断する

この占いは四柱推命をベースに多様な占術を取り入れたものです。戦国武将タイプは、諸説があるため生年月日から算出せず、戦国武将の史実や伝承から関連づけて12タイプを作成しました。楽しく読みつつ、「自分」を知り「開運」するためのツールとして役立てていただくために、おもしろい史実も盛り込んでいます。人にはさまざまな面があり、この占いでわかるのは性格や宿命の一部です。とはいえ、毎年毎月変わる運勢とは違い、一生つき合う「本質」です。弱点を知り言動を客観視する、長所を職業選択や人間関係に活かすなどして、お役立てください。

占い監修・ユキムラ 
歴史監修・辻明人

動物戦国武将占い【ゾウ】信長が最も認めた無欲で謎多き武将、明智光秀型の性格は!?
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする