Jewelry&Watch

2023.05.15

名香に捧げられた「コレクション N°5」シャネル 新たな輝きの伝説

世界で最も名を知られる香水「シャネル N°5」。1921年の誕生から1世紀以上にわたり、これほど女性たちに愛され、憧れであり続けた香りがあったでしょうか?

その100周年を祝して発表された、華麗なハイジュエリー「コレクション N°5」──名香にインスピレーションを得た輝きが、新たな「N°5」の伝説を紡ぎます。

時を超越し、人々を魅了する名香に捧げられた〝輝きのオマージュ〟

香水のボトルストッパーがモダンなデザインモチーフに

ブレスレットを飾る八角形のロッククリスタルは、香水「シャネル N°5」のボトルストッパー(栓)がモチーフ。それは香りが誘う夢の世界への入り口を象徴。敷き詰められたダイヤモンドによって、クリスタルの透明感とモダンなフォルムが際立ちます。

「ダイヤモンド ストッパー」ブレスレット[ダイヤモンド計15.09ct(センター1.05ct)×ロッククリスタル×オニキス×アコヤ真珠×WG]参考価格¥ 66,990,000 (シャネル)

揺らめき広がる香りをダイヤモンドの輝きで表現

ネックレスの中央で燦然と輝くクッションカットのダイヤモンドは、「シャネル N°5」の香水ボトルを象徴的に表現。そこから伝説の香りが揺らめきながら広がっていくさまを、多彩なカットとサイズのダイヤモンドを用いて繊細に描いています。

「ダイヤモンド シヤージュ」ネックレス[ダイヤモンド計107. 93ct(センター10.11ct、先端3.04ct)×WG]参考価格¥670,230,000(シャネル)

時代が求める軽やかさと遊び心にあふれたデザイン

ガブリエル・シャネルが幸運をもたらすナンバーとしてこだわった「5」のモチーフを、アシメトリーのデザインにあしらったイヤリング。もう一方には、香水の雫(しずく)を表すペアシェイプのダイヤモンドが煌(きら)めき、遊び心を感じさせます。揺れ動くデザインが生み出す、今の時代にふさわしい軽やかな華やぎ。

「ラッキー N°5」イヤリング[ダイヤモンド計12. 38ct×PG]参考価格¥65,230,000 (シャネル)

革新の香りにふさわしく、幾何学パターンでモダンに

「シャネル N°5」のコンテンポラリーなボトルに着想を得たデザイン。その中で揺らめく香水を、ゴールドプレートとダイヤモンドを幾何学的に連ねて表現しています。その上にロッククリスタルを重ねて、まさに伝説の香水を想起させるブローチに。

「N°5 シグネチャー ボトル」ブローチ[ダイヤモンド計5.27ct×ロッククリスタル×ブラックラッカー×YG×PT]参考価格¥ 33,000,000 (シャネル)

伝説の香水「シャネル N°5」に秘められた物語

香水「シャネル N°5」はなぜ100年以上もの間、世界中の女性を魅了することができたのでしょう? 香りの世界に革命をもたらし、新たな時代を切り拓いたといわれる名香誕生の物語をひもとき、ハイジュエリーコレクション「コレクションN°5」にも継承された、その革新性と魅力に迫ります。

時代もジャンルも超越する、ガブリエル・シャネルの先見性

20世紀を代表するファッションデザイナー、ガブルエル・シャネル。彼女は香りの世界でも革命を起こしました。1921年に発表された香水「シャネル N°5」は、香りだけでなく、ネーミング、ボトルデザインのすべてが斬新で、驚きに満ちていたのです。それが100年の時を経て、ジュエリーデザインのインスピレーション源に。2021年に誕生したハイジュエリーコレクション「コレクション N°5」は、まさに伝説の香りへのオマージュといえます。

まず、「シャネル N°5」の革新性についてお話ししましょう。それは、ファッションデザイナーが手がけた初の香水でした。ガブリエル・シャネルは以前から、「香水をつけない女に未来はない」という詩人ポール・ヴァレリーの言葉に共感し、いつか自身の香水をつくりたいと考えていたのです。そんなとき、彼女は亡命貴族ディミトリ大公の紹介で、調香師エルネスト・ボーに出会います。ボーはかつてロシアでロマノフ家の専任調香師をしていました。彼は天然香料が戦争で不足したことを機に、アルデヒドという合成香料の研究に取り組んでおり、先見性のあるシャネルはその未知の香料にも興味を抱いたのかもしれません。彼女はボーに香水の試作を依頼します。「女性そのものを感じさせる、女性のための香りをつくってほしい」という言葉を添えて…。

香水の試作品には1から5、20から24の番号がつけられており、シャネルはそのなかから5番と22番を選択。5番を特に気に入ったシャネルに対してボーは、原料に高価なジャスミンを使っていると明かします。すると彼女は「では、もっと多く入れなさい。私は世界で最も贅沢な香水をつくりたいのだから」と答えたのでした。

「シャネル N°5」は、ジャスミン以外にもローズなど種類以上もの天然香料を原料とし、それに合成香料のアルデヒドを組み合わせています。バラやスズランといった単一の花の香りが主流だった時代に、〝抽象性〟という新たな概念を香りの世界にもたらしたボー。彼が生み出した〝ほかの何にも似ていない香り〟には、「5」という数字だけの名がつけられました。

一方、直線的な香水ボトルのデザインも世に衝撃を与えました。当時の香水瓶はどれもが装飾的だったのです。しかし、〝主役は香水〟であり、容器はそれを引き立てるものであるべきと、シャネルは主張。数年後、耐久性と美しさを高めるために修正が加えられたものの、ボトルの基本的なデザインに大きな変化はありません。1959年、そのボトルは前衛的なデザインが評価され、ニューヨーク近代美術館の恒久コレクションとなっています。

目に見えない〝残り香〟までもが創作の豊かなインスピレーション源に

2021年のハイジュエリーコレクションの発表から遡ること数年前、メゾンのファインジュエリー クリエイション スタジオ ディレクターのパトリス・ルゲローは、名香「シャネル N°5」に捧げる作品の制作をスタートしていました。ルゲローは伝説の香水に秘められた物語をひもとき、さまざまな側面に光を当てています。幾何学的なボトル、数字の「5」、香料の原料となる花々、香水の残り香までもが、想像を超えたハイジュエリーに。コレクションは123点もの作品で構成され、すべてにガブリエル・シャネルの揺るぎないスピリットが息づいています。「シャネル5」に秘められた彼女の明確なビジョンは、時を超えて現代へ。さらに100年後の未来にも、インスピレーションを与える存在であり続けていることでしょう。

香水のシヤージュ(残り香)に着想を得たネックレス。広がる香りが放射状のデザインとカラーグラデーションで表現されています。「ゴールデン シヤージュ」ネックレス[ダイヤモンド計8. 14ct×イエローサファイア計4. 79ct×オレンジガーネット計0. 98ct×WG×YG]参考価格¥37,620,000 (シャネル)

手前は、上のネックレスと同シリーズのリング。中央のダイヤモンドから香りが広がっているよう。「ゴールデンシヤージュ」リング[ダイヤモンド計7.98ct(センター5.01ct)×イエローサファイア計2.78ct×スペサルティンガーネット計0.45ct×WG×YG]参考価格¥132,330,000
豊かなフローラルブーケにアルデヒドが絡み合う、ミステリアスでいて気品に満ちた香り。貴重なグラース産のジャスミンやローズ ドゥ メを使用。「シャネル N°5」香水〈右から〉[30㎖]¥44,000・[15㎖]¥31,350(シャネル)

本記事は『和樂』2023年2.3月号の転載です
撮影/戸田嘉昭

※文中のPTはプラチナ、WGはホワイトゴールド、YGはイエローゴールド、PGはピンクゴールド、ctはカラットを表します。
※価格は本誌掲載時のものです
Share

福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

おすすめの記事

身にまとうアート。ブルガリが守り続ける伝統とクラフツマンシップ【ババンCEOインタビュー】

和樂web編集部

ダイヤモンドウォッチの知的な華やぎを手元に。ハリー・ウィンストン「HW アヴェニュー」

福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

ヴァン クリーフ&アーペルと「友禅」が織りなす匠の技。「プレシャス ボックス」発表へのストーリー

和樂web編集部

地球の神秘を思わせる美しいエメラルド。「ブルガリ メディテラニアコレクション」vol.2

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア