ART

ここまで同じ!でもこんなに違う!京琳派、江戸琳派の「風神雷神図」を比べてみました

『風神雷神図』

様々なメディアに用いられ、幅広い人気を誇る『風神雷神図』。風神と雷神はもともと仏教とともに中国から渡来したもので、宗達は三十三間堂の千手観音の使者である風神と雷神の一対をモデルに2神だけを独立して描いたとされています。その後、光琳、抱一、其一が描き継いできた『風神雷神図』こそ、琳派の流れを象徴する画題と言っても過言ではありません。

京琳派

▼画像をスライド!

左/俵屋宗達  右/尾形光琳

俵屋宗達(たわらやそうたつ)

ユーモラスでいて力強い、宗達の洒脱さ全開の快作

金地の空間を大きく空け、右に風神、左に雷神を配した構図。いずれの神も人間的で親しみのある表情に宗達らしい妙味がうかがわれます。この屛風には落款や印章がなく、宗達作であると気づいたのは光琳。その鍵となったのが雲に用いた「たらし込み」の技法で、光琳がいかに宗達の画風を研究していたのかがよくわかります。
俵屋宗達『風神雷神図屛風』二曲一双 紙本金地着色 江戸時代(17世紀) 各154.5×169.8㎝ 国宝 建仁寺蔵

尾形光琳(おがたこうりん)

宗達画を丹念に写生し、境地に近づこうと試みた

宗達画より風神雷神が小さく見えますが、それは屛風のサイズが大きいため。当時この屛風を所蔵していた建仁寺の末寺・妙光寺で憧れの先達の絵に出合い、模写に励んだ光琳の風神雷神は、大きさも形も宗達画と寸分違いません。細部に独自の解釈が見えるものの、忠実な再現ぶりには師に対する敬いが見て取れます。
尾形光琳『風神雷神図屛風』二曲一双 紙本金地着色 江戸時代(18世紀) 各166×183㎝ 重文 東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives

江戸琳派

▼画像をスライド!

左/酒井抱一 右/鈴木其一

酒井抱一(さかいほういつ)

光琳画を参考にしながら、より軽妙かつ世俗的に

抱一は一橋徳川家において、憧れの光琳が描いた風神雷神図と対面します。それを宗達画の模写と知らず同じ画題に挑んだとされ、光琳画の裏面に自身の傑作『夏秋草図屛風』を描きました。抱一画は光琳画にくらべて配置やポーズ、表情に違いがありますが、これはじっくり写生することができなかったため。その分、抱一らしい軽みが投影されています。
酒井抱一『風神雷神図屛風』二曲一双 紙本金地着色 江戸時代(19世紀) 各170.7×170.2㎝ 出光美術館蔵

鈴木其一(すずききいつ)

師の画風をモチーフにがらりとイメチェン!

師である抱一に付き従って光琳画を見に行ったものの、模写することがかなわなかった其一は、抱一の『光琳百図』を参考にして風神雷神を描いています。其一が選んだ画面は横に長い4面の襖の表と裏。琳派の特徴である金地を捨て、白地の絹本に描いた水墨の雲に乗った風神と雷神は、空中に浮遊している趣とダイナミックな躍動感を伴っています。
鈴木其一『風神雷神図襖』四面表裏(部分) 絹本着色 各面169×116㎝ 東京富士美術館蔵 C東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom

俵屋宗達の風神雷神図が和楽器に!?

詳しい詳細はこちらから!

最新の記事

豪華な天領寿司が自慢!「岡山 倉敷」で、より道の旅しませんか?

まだまだあります!ちょっと足をのばして全国の必見美術展へ!

絶景かな!広重が描いたニッポンの原風景今昔物語

しびれる辛みがくせになる!恵比寿「マサズキッチン」の冷やし担々麺をつくってみましょう

NEXT