日本文化の入り口マガジン和樂web
9月22日(水)
元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月22日(水)

元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)

読み物
Art
2017.03.30

今、この図録が面白い!終わってしまった美術展も要チェック!!

この記事を書いた人

『ミュシャ展』

公式図録 2,400(税込)

『スラヴ叙事詩』全20作を全点見開きで大きく掲載。国立新美術館、プラハ市美術館、チェコ在住のミュシャ研究第一人者が共同した決定版!

テスト印刷したものをプラハのヴェレトゥジュニー宮殿で現物の『スラヴ叙事詩』と比較。豊かな色彩を細部まで表現!

スクリーンショット 2017-03-30 12.18.34
縦約6m、横8mに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた全20点の傑作『スラヴ叙事詩』が、チェコ国外では世界で初めて一挙公開されるとあって、大きな話題となっている『ミュシャ』展。展覧会では作品の迫力に圧倒されるばかりだったという人も多いと思いますが、それならばぜひ、この優美な装丁の図録で、大作の細部までじっくり鑑賞してはいかがでしょう。パリの華やかな美術界で活躍したミュシャが、晩年の約17年を捧げてスラヴ民族の歴史を描いたのはなぜか…。自身のルーツと深く向き合った人気画家の想いに、再び感動!!

美術展情報はこちらから!

『並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性』

公式図録 2,700(税込)

スクリーンショット 2017-03-30 12.26.12
明治時代の七宝家・並河靖之(なみかわやすゆき)の初回顧展とあって、初期から晩年までの作品が掲載された、貴重な一冊に。写真の藤草花文花瓶デザイン版は数量限定。なくなり次第終了なのでお早めに!!

美術展情報はこちらから!

『ティツィアーノとヴェネツィア派展』

公式カタログ 2,400(税込)

スクリーンショット 2017-03-30 12.34.14
ミケランジェロも嫉妬したという「画家の王者」、ティツィアーノ。その真髄に迫る日本初の大規模展の全出品作を解説付きで収録したカタログです。イタリアの至宝『フローラ』のモデルは意外にも?…など、知的刺激満載。

会期/開催中〜4月2日(日)
会場/東京都美術館
住所/東京都台東区上野公園8-36 地図
ホームページ/http://titian2017.jp/