若冲よりもすごいかも?!円山応挙の美術展へ行く前に。その天才っぷりを解説【注目美術展】

若冲よりもすごいかも?!円山応挙の美術展へ行く前に。その天才っぷりを解説【注目美術展】

今から250年ほど前。江戸時代後期に京都で活躍した、一人の天才絵師がいました。その名は円山応挙(まるやま・おうきょ、1733-95)。京の都のWho’s whoである『平安人物志』の「画家の部」には、かの伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう 1716-1800)よりも先に名前が挙げられています。

こんぴらさん、こと金毘羅宮(香川県)の襖絵の水飲みの虎図、足のない幽霊の先駆けとも言われる谷中全生庵(東京都)の幽霊図、そして三井記念美術館が所蔵する国宝「雪松図屏風」などなど……応挙が遺した名品を挙げればきりがありません。何を描いても器用にこなした、オールマイティな天才、円山応挙。

円山応挙「郭子儀図」大乗寺(『和樂』2018年8-9月号「ニッポンを知る100の旅へ!」より 撮影:篠原宏明)
中国唐時代の武将であり政治家、郭子儀と子供たちが遊ぶ大乗寺の「芭蕉の間」。(『和樂』2018年8-9月号「ニッポンを知る100の旅へ!」より 撮影:篠原宏明)

しかしながら、その応挙が空間デザインにおいても卓越した才能を持っていたことは、意外と知られていません。実は、応挙一門が一堂まるまる襖絵を手がけたという奇跡のお寺が、兵庫県の日本海側、松葉ガニと日本酒「香住鶴」で知られる香住にあります。「応挙寺」の通称で知られる、高野山真言宗 亀居山 大乗寺。この夏、この大乗寺の障壁画群がほぼ10年ぶりに、東京にやってきます。企画展「円山応挙から近代京都画壇へ」の予習を兼ねて、「応挙寺」の名品をご紹介しましょう。

四天王が十一面観音菩薩をお守りする、お寺自体が立体曼荼羅!

まず、大乗寺(応挙寺)の客殿(外来者を接待する建物)の構造について、簡単にご説明します。十一面観音像が安置されている1階の仏間は、大小あわせて10の部屋に囲まれています。大乗寺では、この仏間を含めた11の部屋と、2階の2部屋の計13室の襖絵や壁165面に、応挙一門を中心とする絵師たちの作品があります。そして1階の四隅の部屋の襖絵は、十一面観音菩薩をお守りする守護神、四天王を象徴しています。

仏間を中心とした13室が応挙一門の作品で彩られた大乗寺の客殿「大乗寺 円山派デジタルミュージアム」より
仏間を中心とした13室が応挙一門の作品で彩られた大乗寺の客殿。 「大乗寺 円山派デジタルミュージアム」より

玄関から入って最初の部屋に当たる「農業の間」の襖絵は、農作業の情景を描いた四季耕作図によって、生産経済を司る持国天を。「芭蕉の間」の襖絵は、優れた政治家であった郭子儀(697-781)を描くことによって、政治を司る増長天を。続く「山水の間」の襖絵は、自然の摂理を描く山水図によって、芸術を司る広目天を。「仙人の間」の襖絵は、不老長寿の仙人たちを描いて、生命と医薬を司る多聞天を表しているそうです。

立体曼荼羅「大乗寺 円山派デジタルミュージアム」より
大乗寺(応挙寺)の襖絵には、十一面観音菩薩を四天王が守護する立体曼荼羅の構想が!(※ 上図に記された方角は仏間を基準にした仏教上のもの。) 大乗寺ウェブサイト「バーチャルツアー」より

真言宗の総本山である東寺(京都)の仏像群は、密教の教えを視覚化した「立体曼荼羅」として有名ですが、同じく真言宗のお寺である大乗寺の襖絵を手がけるにあたり、円山応挙は、十一面観音像を中心に据えた客殿全体を、ひとつの曼荼羅になるよう構想したのです。寺院での体験そのものが、教義に結びついていくコンセプチュアルな空間デザイン。円山応挙、やはり、ただものではありません。

若冲よりもすごいかも?!円山応挙の美術展へ行く前に。その天才っぷりを解説【注目美術展】
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする