幽霊も買いに来た!? 京都で400年続く琥珀色の飴とは?

幽霊も買いに来た!? 京都で400年続く琥珀色の飴とは?

「その昔、慶長4(1599)年ですからもう400年以上前ですね。私ども、当時から飴屋を営んでおりましたが、ある夜、表の戸をたたく音がして“飴をいただきにまいりました”と声がしたんだそうです。主人が戸をあけると、外には髪の長ーい女の人が立っていて…」。いい声で話す20代目主人・段塚きみ子さんの口上が聞きたくて、つい店をのぞいてしまうのが「みなとや幽霊子育飴本舗」。幽霊に水飴を売ったという「みなとや」は、日本で最も古い飴屋です。

日本最古の飴屋さん「みなとや幽霊子育飴本舗」

0776

麦芽糖とザラメを溶かし、固めてから金づちで砕いてつくる琥珀色の飴は、「つくり方も味も、幽霊が買いに来た当時と変わりません」。幽霊がこの飴をお乳代わりにして赤ん坊を育てたというだけあって、滋養たっぷりの懐かしい味です。

水木しげるさんも買いに来ていたそうで、この飴伝説が「ゲゲゲの鬼太郎」につながったという逸話にも惹かれますが、何しろ、心奪われるのはこのパッケージ。なんてカッコいいグラフィックなのでしょう!

「昔からずっと変わらないです。“幽霊”の字も、今はこんな書体、ないでしょう」と段塚さん。「本当にそうですね!」と、思わず手を取りあって讃えたくなる美しさ。看板も見事で、昔の日本人のデザイン感覚って凄い! と感動を覚えます。

「冥界への入り口」といわれる六道の辻にあり、幽霊の赤ん坊は成長して立本寺の僧侶になったとか。店頭でしか買えない子育飴は、早い時間に売り切れることもあるそうです。

0789

◆みなとや幽霊子育飴本舗(みなとやゆうれいこそだてあめほんぽ)
住所 京都市東山区松原通大和大路東入ル2丁目轆轤町80-1
営業時間 10:00〜16:00
定休日 無休(不定期)
幽霊子育飴90g¥300、170g¥500
公式サイト

幽霊も買いに来た!? 京都で400年続く琥珀色の飴とは?
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする