日本文化の
入り口マガジン
3月1日(月)
専門家とは、非常に狭い分野で、ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。(ニールス・ボーア)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
3月1日(月)

専門家とは、非常に狭い分野で、ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。(ニールス・ボーア)

読み物
Travel
2019.08.29

京都にて開催!明智光秀ゆかりの地を巡る体感型歴史復元ツアー【参加者募集開始】

この記事を書いた人

2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公・明智光秀。光秀のゆかりの地である京都を舞台にした「大江山古道普請ツアー~明智光秀ゆかりの地を巡る~(2019年10月13日開催、京都府主催)」の参加申し込みが開始しました。

ツアーの舞台は京都・大江山!

明智光秀と丹後の地はゆかりが深く、のちの幽斎となる細川藤孝がこの地を治める補佐をしました。また、大江山の麓には明智光秀の首塚との言い伝えがある盛林寺があります。

明智光秀の首が埋められたという言い伝えの残る首塚がある盛林寺

大江山の山中には江戸時代に参勤交代で使われていたという「「普甲道(ふこうどう)」平安時代から戦国時代の戦火をくぐり抜けた古道「元普甲道(もとふこうどう)」など歴史を感じられる地域がたくさん隠されています。

参勤交代が通った古道 普甲道

天橋立を眺められる元普甲道

ツアー当日は、バスで現地へ訪れ、地域ガイドの案内により、盛林寺・元普甲道を見学。歴史を感じられる石畳の古道を復元し後世へ引き継ぐための地域ガイドの話を聴きながら古道の復元作業とトレッキング体験ができます。秋の紅葉が広がる大江山での体感型歴史復元ツアー。ぜひ参加してみてはいかがでしょう。

大江山古道普請ツアー ~明智光秀ゆかりの地を巡る~

日時:令和元年10月13日(日) 8:15〜19:45
※バスの場合:阪南大学南キャンパス前 8:15集合、19時45分解散
※現地集合の場合:京都丹後鉄道 喜多駅 11:30集合、17:00解散
場所:大江山地域(盛林寺、元普甲道、普甲道)
参加費:旅行代金無料
定員:50名
内容:明智光秀の足跡を追いつつ、歴史の舞台となった古道の道普請(復元作業)を行います。
申込:海の京都DMOツアーセンター(電話受付:平日 9:00~17:00)
TEL:0772-68-1355
申込期限:10月3日(木) ※先着順
昼食:各自持参 ※おふくろ弁当(地元食材が詰まったオリジナル弁当、900円(税込))を希望者は注文可能。申込時にご予約ください。
詳細(外部サイト):http://www.uminokyoto.jp/news/detail.php?nid=319

2020年大河の主人公と本能寺の変の謎、徹底解説。

明智光秀が織田信長を討った理由とは…? 和樂webの過去記事「日本史3大ミステリーシリーズ」では明智光秀の人生と本能寺の変の謎を解説しています。ぜひあわせてお読みください。