阿寒湖温泉観光、旅のインスタ映え撮影スポットはここだ!絶景5選まとめ

阿寒湖温泉観光、旅のインスタ映え撮影スポットはここだ!絶景5選まとめ

阿寒湖といえば、まりも?アイヌ?温泉? いえいえ、それで満足して帰っちゃいけません! ぜひ、今回紹介する5つのスポットをまわってみてください。思い出に残る1枚がきっと撮影できますよ。

阿寒湖ってどんな場所?

北海道にある6つの国立公園のひとつ、釧路市の阿寒湖。約15万年前の噴火によって誕生したカルデラ湖を中心に、このあたり一帯は、今もなお雄大な自然が息づいています。

阿寒湖周辺の3600haの山林は厳しく管理され、哺乳類約24種類、鳥類約65種類が生息しています

この阿寒湖を見守るように連なるのは、雌阿寒岳と雄阿寒岳。雄阿寒岳は阿寒湖の東側にそびえる標高約1,370mの山です。円錐形の雄々しく、秀麗な姿からアイヌ語で「ピンネシリ(男性の山)」と呼ばれてきました。一方、雌阿寒岳は阿寒湖の南西にある阿寒山群の主峰。標高1,499mの活火山で、女性的な美しい姿からアイヌ語で「マチネシリ(女性の山)」と呼ばれてきました。阿寒湖と同じように、このふたつの山も阿寒の象徴として、人々に愛されてきました。

絶景スポット1.遊覧船

はじめに紹介するのは、そんな阿寒湖とふたつの山を楽しめる阿寒観光汽船の「阿寒湖マリモクルーズ」。湖から眺める山々と森は、なんとも神秘的。早朝は日中に比べて湖が深く青く、より幻想的なショットを撮れるのでおすすめです。

絶景スポット2.双岳台

続いては阿寒湖から約12km、阿寒湖温泉と弟子屈町を結ぶ阿寒横断道路(国道241号)の途中にある展望スポットです。道路脇に駐車スペースがあり、好天に恵まれた日には雄阿寒岳と雌阿寒岳を眺望できます。

ふたつの山は「阿寒の夫婦岳」ともよばれているので、仲よくそろう姿は見もの!

絶景スポット3.双湖台

こちらも双岳台と同じく、阿寒湖温泉と弟子屈町を結ぶ阿寒横断道路(国道241号)の途中にある展望台。駐車場から展望スペースに上がり、森を見下ろすと、「ペンケトー」と「パンケトー」と呼ばれる青く澄んだ水を湛える小さな湖が見えます。

手前に見える北海道の形に似た姿をしているのが「ペンケトー」、その奥にひっそりと見えるのが「パンケトー」

絶景スポット4.硫黄山川周辺

ここは地元の人おすすめの穴場。硫黄山川と阿寒湖の合流地点です。釣りでも人気のスポットで、阿寒湖を手前に雄大な雄阿寒岳の姿をカメラにおさめられます。早朝や夕方の撮影がおすすめです!

絶景スポット5.ボッケ遊歩道

最後に紹介するのは遊歩道。阿寒湖畔エコミュージアムセンターの裏から北に15分ほど歩いた場所にある「ボッケ」を中心としたこの遊歩道は、美しい森を撮影できる穴場です。

こちらがボッケ

ちなみに、ボッケとはアイヌ語で「煮え立つ場所」という意味。地質現象の「泥火山」のことを表しています。ボッケのすぐそばにはかつて桟橋があり、その位置からは阿寒湖と周辺一帯の森を一望できます。

阿寒湖とその周辺の自然を体感できる5つの絶景スポット。山好き森好きカメラ好きの方のみならず、阿寒湖へ観光に訪れた際にはぜひ訪れてみてください!

阿寒湖温泉観光、旅のインスタ映え撮影スポットはここだ!絶景5選まとめ
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする