日本文化の
入り口マガジン
11月24日(火)
茶と和解せよ 信楽の看板
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月24日(火)

茶と和解せよ 信楽の看板

読み物
Travel
2019.10.25

国宝松本城が目の前!ビアフェスのチケット購入方法・おすすめ城下町散策も紹介

この記事を書いた人

「え?ビールを飲むためだけに松本まで行くの?」居酒屋で飲み友達の話を聞いていてビックリしたのは去年までの話。今年は、なんと、自分が9月20日(金)~23日(月)に開催された「ビアフェス信州2019」に参加すべく東京-松本の日帰りビール弾丸旅を決行。ビールのことなんて何も知らないのに、大丈夫か?自分。

思い立ったが吉日?

ビアフェス行っとく?

てな流れで、9月23日(月) ビアフェス最終日。
6:05 AM 新宿バスタ発松本行きのバスに乗車!

台風の影響が心配されていたけれど…

ぐっすり寝ていたら、あっと言う間に松本に着いていました。

(参考URL)中央高速バス新宿―松本線 時刻表

いよいよ、ビアフェスの入り口へ

会場受付は、こんな感じ!

事前に予約しておいたWEBチケット(前売り券 ¥2,700 / 当日券 ¥3,000)を見せると…

今年で5回目のビアフェス。毎年、グラスのイラスト部分の色が違うみたい。
今年は、パープル。クラフトビールの作り方が描かれていて、見ているだけで楽しい!

松本城、カッケー


目の前にドドーンと国宝の松本城が!風情ありすぎです。

出展ブルワリーは全部でMax 24!

以下、出展ブルワリーの名前はパンフレットより転載。

【長野県内のブルワリー(15)】

AJB 里武士(リブシー)タップルーム(野沢温泉)・OH! LA! HO BEER(東御)・ココノホップ(軽井沢)・志賀高原ビール(志賀高原)・信州須坂フルーツエール(須坂)・塩峯麦酒(塩尻)・松本ブルワリー(松本)・南信州ビール(上伊那)・麦香ブルーイング(松本)・穂高ビール(穂高)・諏訪浪漫麦酒(諏訪)ヤッホーブルーイング(佐久)・エイトピークスブルーイング(茅野)・ペッカリービール(伊那)イナデイズブルーイング(伊那)

【松本出身のビール職人がいるブルワリー(1)】

秩父麦酒(埼玉)

【ゲストブルワリー(6)】

伊勢角屋麦酒(三重)・Outsider Brewing(山梨)・スワンレイクビール(新潟)・Far Yeast Brewing(東京)・うしとらブルワリー(栃木)・石見(イワミ)麦酒(島根)

【出展日・数量、限定ゲストブルワリー(3)】

飛騨高山麦酒(岐阜)・箕面ビール(大阪)・奈良醸造(奈良)

長野県のブルワリー

まずは地元・松本の麦香ブルーイング

本日の初ビールは、「常念ライピーエー(Rye IPA)」
程よい苦みでしっかりした味。おいしい~!
東京で飲んだビールに感動して、ファンになった麦香さん。ブルワリーさんに実際お会いできて感激しちゃった!とっても優しい方たちで、ますます好きになっちゃった♡
https://www.facebook.com/bacca.brewing/

松本ブルワリー(松本)

続いて、「松本ペールエール」。すっきりフルーティー!
こちらのブルワリーさんは、2014年9月に松本城公園で初開催された「ビアフェス信州 クラフトビールフェスティバルin松本」をきっかけに誕生したんだって。
https://matsu-brew.com/

信州須坂フルーツエール(須坂)

別の日に行った何人かの呑み友達も絶賛していた「フルーツ2mix」は、果実の香りがふんわり。甘くて何杯でも飲めちゃう!
http://suzaka-fa.com/

志賀高原ビール(志賀高原)

「So Sexy Brown」黒いビールで、苦くてしっかりした味。
名前がなんかステキングだよね。
「コーヒー&ドーナッツ」は、賛否両論あるけど、ハマる人はハマる。飲みだすとくせになるんだ~。
http://tamamura-honten.co.jp/

ペッカリービール(伊那)

「フィオナ」は、ハチミツビールで優しい味。
ハチミツが存在を主張してないんだけど、ほんのり甘い。
http://www.peccarybeer.com/

行きたかったけどいなかったイナデイズさん

イナデイズブルーワリーさん(伊那)のブースがなかったのは、ホント残念。
あとで呑み友達に聞いたら、最終日は出展してなかったんだって(涙)
綺麗な空気の中で、三州IPAを飲みたかったなぁ。
来年こそは!出展日をチェックしておいてリベンジするぞ~!
https://www.inadazebrewing.com/

秩父麦酒(埼玉)

インパクト大のネーミング!「くまのみそぽてと」
ふつうのビール色。味噌ポテト味を期待していたのでおいしいふつうーの味でちょっとビックリ!飲みやすくてぐびぐびいけちゃう!
https://www.facebook.com/BEARMEETBEER/

ゲストブルワリーも充実

スワンレイクビール(新潟)


11:30ごろには売り切れ間近だった「スワンレイクビール」(お米のビール)は、日本酒風で好き♡
今回は、飲めなかったけど期間限定の「インペリアル パンプキン IPA」とか限定ビールも試したかったな。
http://www.swanlake.co.jp/main/brewery.htm

飛騨高山麦酒(岐阜)


2杯以上飲むと貯金箱がいただけました♪良い記念になる~。
一緒に行った呑み友達に人気で、みんなで4種類全部制覇しちゃった。「ヴァイツエン」「ピルセナー」「ペールエール」「ダークエール」どれも香りが良くて、華やかで、飲みやすかった。
https://www.hidatakayamabeer.co.jp/

最終日は売り切れ続出

最終日は売り切れや出展していないブルワリーさんも(涙)
売り切れていた「石見麦酒」「箕面ビール」は飲んでみたかった。
次回は、初日か2日目に行くんだ!絶対!

フードコーナーで、何を食べようか迷う


おつまみ定番の枝豆、松本山賊焼、ピザにタコ焼き…といろんな食べ物にも手を出してしまった。全部、ビールに合うんだもん!おいしくてついついいっぱい食べちゃったよ。ゲップ。

ビアフェス、だ~いすき


時々ザーッと雨が降ったり、ものすごい暴風にみまわれたもののテントの中は快適だったよ~。
居心地がいいからか、人の出入りも少なくて。
まわりは、夕方ごろまでほぼメンツが変わらなかったな~。

眺めるだけでシビレル!国宝・松本城

今回のビアフェス会場、松本城公園からは、カッコよく美しい漆黒の松本城をずーっとのぞめたのですが。
ここまで見ていると入りたくなるよね!(※お酒を飲むと入れないので注意)
というわけで、せっかくなので、ここで松本城のことを少し。

戦国時代(永正年間)に建てられた深志城(ふかしじょう)がはじまり。
5重6階の天守が現存している日本最古のお城。市民からは、烏城(からすじょう)とも呼ばれることがあるが、文献には表記されていない。雪が降った時の白×お城の黒のコントラストは、たまらん!らしいです。

● 国宝松本城天守(本丸庭園内)観覧料 (松本市立博物館との共通券)
個人(大人) 610円(小・中学生)300円
● 開場時間 (通常) 8時30分~17時(最終入場は16時30分まで)
(ゴールデンウィーク期間、夏季期間 ※詳細は公式サイトでご確認下さい)
8時~18時(最終入場は17時30分まで)
国宝 松本城 公式ホームページ


この間、入城したんだけどね。ボクのお気に入りは、4階の御座所。
一国一城のあるじじゃ~みたいな気分になれるから!
なんだか、江戸時代にタイムトリップした気分♪ お城っていいよね!

会場をあとにして松本の町を散策

松本城公園をあとにしたボクたちは、風情ある城下町を散策。

四柱神社


お城からすぐの場所にある「四柱神社」。ちょうど結婚式が行われていて幸せをわけてもらったよ。

(御由緒)明治12年10月1日、現在地に鎮斎。
(御祭神)天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)。
このような大変に高い御神徳の神様を主祭神としてお祀り申し上げる神社は全国でも珍しく当四柱神社は、全ての願いが相叶うという意味で「願いごとむすびの神」として全国各地より御崇敬を頂いております。
(四柱神社HP  https://www.go.tvm.ne.jp/~yohasira/syoukai(saijinsintoku).html より引用)

松本コレクション?!

松本市内を歩いていると、いろんな所で歴史的な建造物に出会えるんだ。
【左】お城のような建物は古本屋さん(青翰堂さん)。
【中】上・下)古い建物を活かした雰囲気のあるお店。中)旧第一勧業銀行ビル
【右】マンホールのふたがカラフルで綺麗なの。つい、写真におさめちゃった。
駅のコインロッカーに「真澄(長野の地酒)」って文字を見つけた時には、「おおー!」と歓声をあげちゃったよ!
まだまだ散策、探検したりないけど、今回は日帰り弾丸旅なのでこの辺りで町歩きは終了。

まさか!帰りのバスが取れない、からの

新宿行きの高速バスって、人気があるんだねー。
というわけで帰りは、「♪8時ちょうどの~あずさ2号で~」で有名な「あずさ」に初乗車することに!
ドキドキワクワク。

待ち時間も、飲むよ!

発車時間の約2時間、駅近の飲み屋さんで飲むことに。ここでは、井筒ワインをいただきました♪

初あずさは、快適

松本駅で、七笑(ななわらい・長野の地酒)×駅弁をゲットしてあずさへ初乗車!
車内で食べて飲んでぐっすり寝ている間に、新宿に到着。

「家に帰るまでが遠足」って昔よくいわれたから家までは気をつけてかえろう~!

結論。ビアフェスは楽しい!「松本」にもハマった弾丸旅

突然思い立って、出かけたはじめてのビアフェス。ビールの知識はなくても、おいしいってことは分かるし、とにかく楽しい♪ また、行きたい!
そして、東京から弾丸日帰り旅ができちゃう松本。
国宝に身近に足を運べるし、駅の近くにブルワリーやおそば屋さんがいっぱいで魅力的すぎる。豊かな自然に囲まれて空気もおいしい!新鮮!
飲んで食べて、自然も楽しめ、ふとした瞬間、場所で「日本」を感じられる松本。
来年のビアフェスはもちろんリピートするけど、それ以外にも遊びに行きたいお気に入りの町になりました。これからの時期は、きっと紅葉も綺麗!みなさんも足をのばしてみては?

参考リンク:ビアフェス信州2019 第5回クラフトビールフェスティバルin松本 公式サイト

書いた人

身長144cmの小さなデザイナー。すだち、阿波踊りが外せない徳島県出身。祭り、神社仏閣、歌舞伎、旅にお酒好き。新橋の立ち飲み居酒屋で、呑み友達とくだらない話をしながらお酒を飲んでいると笑いの神が降臨。お酒の失敗談で本が出せます。