日本文化の入り口マガジン和樂web
10月16日(土)
世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月14日(木)

世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)

読み物
Travel
2019.12.18

御殿場木の花の湯とHOTEL CLADは富士山の絶景と1200冊の本を楽しめる穴場スポットだった!

この記事を書いた人

御殿場プレミアム・アウトレットに、2019年12月15日に新ホテル「HOTEL CLAD」(ホテル クラッド)と温泉施設「木の花の湯」(このはなのゆ)がオープン!富士山の絶景を楽しみながら、温泉に浸かることができます!
インバウンド需要も高いアウトレットを意識して、日本の美がちりばめられた施設に一足先にお邪魔してきました♪

富士山の神社にいる木花咲耶姫がモチーフ!木の花の湯でリラックス♪

「木の花の湯」は富士山にある「富士浅間神社」に祀られている美しい女神さま、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)がもとになって名付けらた日帰り入浴施設です。それにあやかり、富士山と重なる2枚の花びらをモチーフにしたロゴマークを採用。自家源泉から引いた温泉が自慢です。


また、「貸切個室風呂」も特徴のひとつ。インテリアや景色、広さもさまざまな19室の個室でゆったりとくつろぐことができます。貸切個室風呂は最大4~6人で利用できるそうなので、女子会や家族での使用も◎私は一番大きい部屋にお邪魔したので、ひたすらゴロゴロしていました!アウトレットで歩き疲れたときの休憩場所として使うのも良いかもしれませんね。

「木の花の湯」には時間制限がありません。一日ゆっくりくつろぐのもおすすめ!

富士山を一望できる本格温泉!露天風呂&内風呂


大浴場「大湯」の露天風呂に出ると、富士山が目の前に広がります!展望風呂に加え、血行促進に良いと言われる「立湯」があり、冬でも露天風呂を楽しめます。
この温泉は、「木の花の湯」のためだけに掘られたもの。やや黄色がかった色のお湯は、冷え性や筋肉痛、疲労回復効果があるそうです。

内風呂からも富士山を眺められます♪細かい泡が身体を温める「炭酸風呂」、腰かけた姿勢で流れてくるお湯で温まる「座湯」があります。シャワーブースや洗い場も広々としていました!

また、ドライサウナと水風呂も完備。富士山がのぞめるサウナでは、話題の「ロウリュウ」サービスも毎日実施されるそうですよ。サウナーさんにもぴったりです。

脱衣所にはロッカーがずらり。女性のみですが、話題のドライヤーも完備しています。こまやかな気配りが感じられますね!

休憩施設もゆったり♪ライブラリーやカフェには一日居たくなる!


温泉から出たら休憩所「休息房」へどうぞ。畳スペースでは大きな窓から富士山を眺めつつくつろぐことができます。

そばの「ライブラリー」では2500冊のマンガや、「富士山」や「トラベル」など、それぞれ棚ごとのテーマに合わせた本が並び、目移りしてしまいます。ちょっと読み始めたら時間がすっ飛びました。折角なので和樂もぜひ置いてほしいですね!

「兄に愛されすぎて困ってます」「銀の匙」など、小学館の漫画もそろっておりました……!

うとうとできるよう、照明を落としてある「うたたね房」のほか、ライブラリーには上に上がって寝ころべるスペースや子どもたちがかくれんぼしたがりそうなボックススペースもあります。家族みんながリラックスしてくつろげそうですね!

階段で上にあがれます。下にもスペースが!

また、すぐ近くの売店ではアルコールやおつまみ、ソフトクリームなども販売。小腹がすいたときには「三島コロッケ」などの静岡県B級グルメを味わうのも◎

富士山尽くしの宿泊体験!HOTEL CLAD


一日じゃ足りないかも?と思われた方には、「HOTEL CLAD」に宿泊するのもおすすめです。ロビーに入ると目に入る富士山に見とれてしまいます!
和モダンをベースにデザインされた182室の客室には、富士山を望む富士山ビューの部屋、美しい森の緑が眺められる森林ビューの部屋があります。

ファッションルームの一部

また、「HOTEL CLAD」の特色として、「ジャーナルスタンダード」などとコラボしたコンセプトルームも。古いロフトをリノベーションしたような「ブルックリンルーム」、アウトレットの横にあるホテルならではの鏡やライトを配した「ファッションルーム」、グリーンの壁が印象的な「CLASSIC USA ROOM」、完全オリジナルデザインの部屋は、特別なひとときを演出してくれますよ♪

客室でゆったり富士山を楽しめるのが大きな魅力。まるで窓が一枚の絵のようでした!ホテル宿泊者は木の花の湯を使えることを活かし、各部屋にバスタブがありません。そのぶん、ひとつひとつのお部屋がゆったりとした造りです。

マイナスイオンたっぷりの森林ビューの部屋も、緑が美しくくつろげます。部屋のグレードはツイン・ダブルをはじめ、最大4名泊まれるスーペリアルームなど、何泊でもしたくなる心地よい空間です♡

デザインコンセプト&繊細なアートワークでジャパンクオリティをたっぷり楽しむ


富士山の景色に負けないアートワークも多数飾られている「木の花の湯」。入り口から古い日本家屋にお邪魔したような雰囲気で、天井の立派な梁や、そっと置かれた階段箪笥などを楽しむことができます。

階段の柱には桜が全面に

各所にやきものや絵が飾られ、ふとした瞬間に引き込まれてしまいますよ。貸切個室風呂の中には朝ドラ「スカーレット」でも話題の信楽焼で作られた湯船もあります!

こだわりは「HOTEL CLAD」のデザインにも随所にみられます。富士山を望むロビーには、流水をイメージした手織りのカーペットが。フロントカウンターや客室照明にも「組子細工」や「寄木細工」を取り入れ、日本らしさ、地元らしさを存分に味わうことができます。


大きな窓が印象的なレストラン「ダイニング花衣」(はなごろも)に飾られたレリーフは、地元の障がいを持つ方が作る靴べらの端をアートとして活用したもの。テーブルには、開発のさいに出た間伐材を使用するなど、そこかしこで木の香りを味わえるしつらえも魅力的です♪

直通バスも運行開始!「現代の湯治体験」はいかが?

小田急グループでは、12月15日より新宿からホテルクラッド・木の花の湯への直通バスの運行を開始。ますますアクセスが便利に!また、御殿場プレミアム・アウトレットとのシャトルバスも巡回。アウトレットの合間に温泉に浸かるも良し、買い物してからゆっくりホテルへ滞在するのも良し。

「富士山×温泉×アウトレット×日本の美」世界中ここでしか体験できない滞在、お見逃しなく♡

木の花の湯 公式HP
HOTEL CLAD 公式HP

書いた人

歌舞伎を着物で観つつ和菓子を食べ茶を点て過ごす日々。実はTOEIC910点だが、あまり活用していない。旅行とコスメと本が好き。ラグビーとプロレスで叫んでいることもある。今日も漫画は面白い。