日本文化の入り口マガジン和樂web
6月24日(木)
愚かな連中は、迷いにとらわれ、悪の種をまけば悪の報いがあり、善の種をまけば善の報いがあるという原理を信用しない。(日本霊異記)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月24日(木)

愚かな連中は、迷いにとらわれ、悪の種をまけば悪の報いがあり、善の種をまけば善の報いがあるという原理を信用しない。(日本霊異記)

読み物
Culture
2020.10.09

クイズ!「薩摩守」ってなに?ヒントはかっこ悪いあの行動!

この記事を書いた人

「肥後守(ひごのかみ)」「薩摩守(さつまのかみ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

昔の地位? 役職名? それもその通りなのですが、それぞれ、現代も生き続けている、ある物やことを指す言葉なのです。

○○守とは?

「○○守」というのは、律令制において中央政府から地方へ派遣され、その国の政務を司っていた役人の長を言います。後に名ばかりのものとなって、政治とは関わりのない人にも与えられた名称なのですが、現代においては、もともとの意味からは想像できないようなものとなっています。

かっこいい「肥後守」

「肥後」とは、現在の熊本県の旧国名です。
「肥後守」は、明治の廃刀令後、肥後国の御用鍛冶が作りはじめたのが起源とされる折り畳み式小刀で、鞘に「肥後守」と銘が切ってあるものです。

大正中期~昭和前期にかけて大流行し、今でも熱烈なファンが多数います。
「肥後守」和式折りたたみナイフがすごい!海外でも大絶賛、その魅力を語る!
これぞ男のロマン!肥後守「切り出し型」にナイフマニアも驚愕
「砥石」は日本の伝統工具!肥後守の研ぎ方・注意点・ポイントを解説

かっこ悪い「薩摩守」

「薩摩」とは、現在の鹿児島県の旧国名です。
「薩摩守」というのは、実は言葉遊びからきた洒落で、薩摩とは関係がありません。

そして、この言葉の意味は「無賃乗車」。
ちょっと何言ってるか分からない、ですよね? 理由は、こうです。

平忠度(たいらのただのり)という平家の武将が平安末期にいました。
清盛の異母弟で、非常に美しい和歌を詠み、能などの題材にもなった人気の人物なのですが、この武将の役職が「薩摩守」だったのです。

つまり、「薩摩守忠度」→「ただのり」→「タダ乗り」、で「無賃乗車=薩摩守(ただのり)」というわけ。
本家の忠度さまにしてみれば、名誉毀損もはなはだしいのですが、裏を返してみれば、それだけ名前を知られていた、ということでもあります。忠度さまにおかれましては、さぞやご立腹とは存じますが、どうぞ広いお心でお許しいただき、現代の「薩摩守」出現防止にご協力いただけたらと思います。

▼続けてクイズに挑戦!
漢字クイズ!「犇めく」。なんて読む?今は避けないといけない、あれ!

▼おすすめ書籍 Kindle Unlimited会員なら無料!
 『思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100』

アイキャッチ画像:月岡耕漁『俊成忠度 能楽図絵より』シカゴ美術館より

書いた人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。