日本文化の
入り口マガジン
1月27日(水)
長い旅行に必要なのは大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ(スナフキン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
1月27日(水)

長い旅行に必要なのは大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ(スナフキン)

読み物
Culture
2020.10.03

漢字クイズ!「犇めく」。なんて読む?今は避けないといけない、あれ!

この記事を書いた人

普段使っている言葉だけれど、漢字でどう書くのかは分からない……。そんな言葉ってたくさんありますよね。

「犇めく」。さて、なんと読むでしょう? 「うしめく」でも「ぎゅぎゅぎゅめく」でも「もももめく」でもありませんよ?

答えは「ひしめく」!

答えは「ひしめく」。

大辞泉によると、以下のような意味を持っています。

1 大勢の人が1か所にすきまなく集まる。また、集まって騒ぎたてる。
2 ぎしぎしと音がする。

ちなみに、「音がする」という意味のほうがもともとの意味なのだそうですが、現在では大勢が集まる、という意味で使うことが多いように思います。
三密を避けないといけない今、「すきまなく集まる」状況は作らないようにしたいですね。

どうして「牛」が3つ重なっている?

「犇めく」は中国からきた言葉で、たくさんの牛が走っていく状態を表現したもの。
確かに、体重500キロほど(品種による差がありますが)もある牛が大挙して押し寄せてきたら、ものすごい地響きがしそうですよね。

古典作品の『枕草子』『宇治拾遺物語』『平家物語』などにも「犇めく」が使われています。
作品中の意味は、それぞれ以下の通り。

『枕草子』
「いとど奥の方より、物のひしめき鳴るもいと恐ろしくて」
意味:とても奥のほうから、物がぎしぎし鳴るのもとても恐ろしくて

『宇治拾遺物語』※児(ちご)のそら寝
「片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり 」
意味:(比叡山延暦寺の幼い子が、僧たちがぼた餅を作ろうと話しているのを聞き、部屋の)片隅に寄って寝たふりをしながら出来上がるのを待っていたところ、もう作り上げたようで、(僧たちが)騒ぎ立てている

『平家物語』
「京より御使ありとてひしめきけり」
意味:京から使者がきたといって人々が集まり騒いでいる

同じ言葉が、こんなに昔からいろいろな意味で使われてきたなんて、おもしろいですね!

▼続けて漢字クイズにチャレンジ!
漢字クイズ!「鱸」何て読む?平家物語にも登場する縁起のいいお魚

アイキャッチ画像:大蘇芳年『芳年武者无類 源牛若丸・熊坂長範』国立国会図書館デジタルコレクションより

書いた人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。