日本文化の入り口マガジン和樂web
7月5日(火)
もし船を造りたいのなら、木を集めるために人を呼び込んだり作業や仕事を割り当てたりするのではなく、限りない海の広大さに憧れを抱くように彼らを教えなさい。(サン=テグジュペリ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
7月5日(火)

もし船を造りたいのなら、木を集めるために人を呼び込んだり作業や仕事を割り当てたりするのではなく、限りない海の広大さに憧れを抱くように彼らを教えなさい。(サン=テグジュペリ)

読み物
Culture
2021.04.10

クイズ!肝にめいじるの「めい」は「命」?「銘」?由来を知ると簡単に覚えられる!

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

言葉は知っているけれど、漢字が分からない。あれ? どっちだったっけ……。そういうこと、けっこうありますよね。

あります!あります!

「肝にめいじる」の「めい」もその1つではないでしょうか。「命」? 「銘」? うーん……。
でもこれ、意味を知ってしまえばもう間違えない! かもしれない。

どっちなんだろう?すごいあやふや…。

じゃあ、一体どんな意味で、どちらの漢字を使うのでしょうか。

正解は、「銘」

正解は、「銘」のほう。
「肝に銘じる」とは、しっかり心に刻み付けて忘れないようにしておく、という意味ですが、「銘」という漢字には「金属や石などに刻みつける」「書きつける」という意味があります。

知らなかった~

一方、「命じる」というのは、「命令する」という意味。
命令するのではなく、刻みつけてしっかり覚えておくのだから、「銘じる」なのだな、と考えると、忘れずにいられそうです。

やった~!これでばっちり覚えられる!

そういえば、肝ってなに?

ところで、刻みつけておく「肝」っていったい何でしょう?

ムム?

肝臓などの内臓という意味もあるのですが、この場合は「心」ということ。昔、そこに魂が宿っている場所・思考が生まれる場所と考えられていたことから、この場所に刻みつける、大事にする、という発想が生まれたのですね。

とっても重みのある言葉だったんだ!これからは、心して使おう!

この言葉の歴史はかなり長く、治承2年(1178)に書かれた日記『玉葉(ぎょくよう)』や平家物語などにも見られます。言葉界のご長寿さんですね。

アイキャッチ画像:メトロポリタン美術館蔵

参考文献
・『日本国語大辞典』小学館
・『デジタル大辞泉』小学館
・『故事俗信ことわざ大辞典』小学館
・『新選漢和辞典 Web版』

▼続けて漢字クイズに挑戦!
漢字クイズ!『枸杞』ってなんて読む? ヒントは、あの美女も食べたスーパーフード!

書いた人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。

この記事に合いの手する人

幼い頃より舞台芸術に親しみながら育つ。一時勘違いして舞台女優を目指すが、挫折。育児雑誌や外国人向け雑誌、古民家保存雑誌などに参加。能、狂言、文楽、歌舞伎、上方落語をこよなく愛す。十五代目片岡仁左衛門ラブ。ずっと浮世離れしていると言われ続けていて、多分一生直らないと諦めている。