日本文化の入り口マガジン和樂web
5月7日(金)
北斎は定規とコンパスを用いて無限の模様を編み出した。
(柳亭種彦) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月6日(木)

北斎は定規とコンパスを用いて無限の模様を編み出した。
(柳亭種彦) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2021.03.21

クイズ!川栄李奈さん演じる「美賀君」が一度も入らなかった意外なものとは?

この記事を書いた人

NHK大河ドラマ『青天を衝け』で注目の人物と言えば、川栄李奈さん演じる美賀君(みかぎみ)! 美賀君は、草彅剛さん演じる一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)の正室として嫁いだ女性です。しかし、将軍の妻としては意外にも「あるもの」に入ったことがなかったのだとか。

その「あるもの」とは一体何なのでしょうか。

美賀君は〇〇に入ったことがなかった

正解は「大奥」です。

「えっ、徳川将軍の奥さんって大奥にいるんじゃないの?」と思うかもしれません。しかし、慶喜は慶応2年(1866)に京都で15代将軍に就任。そのまま江戸を留守にしていたため、美賀君は将軍不在の江戸城の大奥に入ることはできなかったのです。

当時の大奥は、13代将軍家定の未亡人、天璋院(てんしょういん、篤君や篤姫とも呼ばれる)が取り仕切っていました。

将軍就任翌年の慶応3年(1867)、慶喜は京都で大政奉還(たいせいほうかん)を行います。これによって江戸幕府は消滅。つまり慶喜も、将軍として江戸城に入ったことは一度もなかったのです。

美賀君の激動の人生

美賀君は、慶喜との結婚生活の中で自殺未遂を図った……とも言われています。彼女の激動の人生は、以下の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひ読んでみてください!

自殺未遂も?代役で一橋慶喜に嫁いだ美賀君の悩みとは。大河ドラマ 『青天を衝け』が楽しめる予備知識

アイキャッチ画像:『千代田の大奥 お召かへ』(国立国会図書館デジタルコレクション)