日本文化の入り口マガジン和樂web
5月12日(水)
女とパリは留守にしてはだめだ(ナポレオン) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月12日(水)

女とパリは留守にしてはだめだ(ナポレオン) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2019.09.10

史跡にまつわる怪談。城や古墳・古戦場に残る悲しいエピソードに人間の歴史を見た

この記事を書いた人

お盆の頃になると、あの世からご先祖様が帰ってくるという意識と、しばし暑さを忘れるために、怪談がよく語られる。しかし歴史にまつわる仕事をしていると、季節を問わず、そんな話に出くわすことがある。今回は、城や古戦場に古来伝わる怪談に、霊感のない私が、たまたま巻き込まれたような話もまじえながら、いくつか紹介してみたい。単なる怖さよりも、非業の死を遂げた人々の哀しさを伝えることができればと思う。

古墳で拾った小さな破片

病人のような臭い

「何を持って帰って来た?」。今から20年近く前のこと、九州の取材旅行から帰宅した私が部屋に入ると、当時、同居していた妹が、顔をしかめながら言った。「いや、何も持って帰ってないよ」と応えると、「そんなはずはない」と言う。私が部屋に入ってきた瞬間、強い悪臭がしたというのだ。汚い話だが痰(たん)の臭いを濃くしたような、おそらく病人のものだという。

私が雑誌の取材で訪れていたのは、大分県のとある市だった。邪馬台国の候補地として名乗りを上げている場所で、地元の人たちに案内されたのは、未発掘の大きな古墳だった。古墳の上で撮影をしていると、地表に細かな破片がたくさん散らばっている。「土器か何かの破片だろうか」と地元の人と話し、勧められてごく小さな破片をティッシュに包んで胸ポケットに入れた。取材後、そんなこともすっかり忘れていたのだが、破片はポケットに入れたままだった。妹に話すと「それ! すぐに元の場所に返して」と言う。

殉葬を強制された女性

「無茶言うなよ」と弱りながら、荷物を片づけていると、妹は居間のカーペットに横になり目をつむっている。昼寝でもするのかと思っていたら、両手をしきりに宙に泳がせ、「…ないで、かけないで……」とぶつぶつうわごとを言い始めた。これは普通ではないと思い、「おい、おい」と体を揺さぶったら目を開けた。そして

「昔の女の人が見えた。赤い汚れた布を身にまとっていて、土をかけないで、土をかけないで、と言ってる」と話す。

それを聞いて思い浮かんだのは、「殉葬(じゅんそう)」である。殉葬とは主君の没後、あとを追った家来などが主の墓の近くに葬られることだが、国内で古墳時代の殉葬が発掘で見つかった例はまだないという。しかし、卑弥呼(ひみこ)が死んだ時、100人もの奴婢(ぬひ)が殉葬されたという記録が残る。また殉葬される者を憐れんで、次第に埴輪(はにわ)が代用されるようになったというぐらいだから、実際に行われていたのだろう。

「土をかけないで」と言うのは、無理やり生き埋めにされたということではないのか。身にまとった赤い汚れた布とは、当時の「貫頭衣(かんとうい)」のことかもしれない。痰のような臭いはおそらく病死した古墳の主のもので、女性は殉葬を強制された奴婢ではなかったか……。すべては私の勝手な想像にすぎないのだが、なんとなく事態が呑み込めた気がした。歴史に関心がなく、知識もほとんどない妹が、こんな話を作れるはずもない。

もちろん常識的には、ただの夢で片づけられるものだろう。が、私には、そうは思えなかった。いずれにせよ、次に何が起きるかわからない怖さもあり、私は破片を宅配便用の封筒に入れると、早々にコンビニから地元へと送り返した。以後、異変は生じなかった。

17歳の美しい娘が人柱となった郡上八幡城

郡上八幡城 跡

不思議な力を持つ娘

古墳時代の殉葬は、次第に生きた人間から埴輪に代わることになったが、人が生き埋めにされる風習はその後も残った。多くは土木工事が難航した際に、神にいけにえを捧げることで工事の成功を祈願する人身御供(ひとみごくう)で、「人柱(ひとばしら)」と呼ばれる。人柱の伝説は全国に分布し、架橋、河川工事の他、築城に関するものが少なくない。そんな築城にまつわる伝説を紹介してみよう。

夜通し踊る盆踊り「郡上(ぐじょう)おどり」で有名な岐阜県郡上市八幡町。吉田川のほとりには郡上八幡城が美しくそびえるが、この城に人柱の伝説がある。城が大改修された折のことというから、天正16年(1588)頃の稲葉貞通(いなばさだみち)が城主の時か、もしくは関ヶ原合戦後の慶長5年(1600)に城主となった遠藤慶隆(えんどうよしたか)の時か。

城の修理に用いる材木を山中から切り出し、台車に載せて運んでいたところ、途中で全く動かなくなってしまった。何人もの男たちが力を込めても、びくともしない。そこへ通りかかった農家の娘およしが手伝うと、不思議にも台車は再び動き始めた。およしは17歳の美しい娘だったという。ところがおよしが手を離すと、台車は動かなくなる。仕方なく、およしは一緒に城下まで台車を押していった。

およしの祟り

この話を耳にした時の城主は、不思議な力を持つおよしこそ、崩れない石垣を築くための人柱にふさわしいと考え、否応なくおよしを捕える。そして吉田川で深夜に水垢離(みずごり)をさせると、白羽二重(しろはぶたえ)の装束を着せて駕籠に乗せ、櫓下の石垣に空けた空間に駕籠ごと入れて、外から石で塞いだ。人柱の甲斐あってか、郡上八幡城の石垣は崩れずに完成したという。

このおよしの祟りではないかと騒がれたのは、時代が下って明治40年(1907)のことである。水害の後、町では火災が頻発したが、火事が起こる前、「今夜は寒いから、火を焚いてあたろうか」とささやく、白装束の若い女性の亡霊が方々に現われたという。人々の騒ぎを受けて、城の近くにある善光寺で住職がおよしのために読経すると、およしの亡霊が姿を見せ、「いつもこのように供養をしてほしい」と願った。そこで寺ではおよしを祀ることにし、その後、城の本丸にもおよしの祠(ほこら)が建立されたという。

なお最近、およしをモデルにした「およしちゃん」という萌えキャラが、郡上八幡の観光PRに一役買っている。およしの伝説を多くの人が知る意味では、よいことなのかもしれない。

踏切にたたずむ男

以前、私が住んでいた部屋はマンションの2階で、私鉄の線路が目の前、すぐ脇が踏切だった。窓はもちろん防音サッシだが、電車の通る音は慣れるとさほど気にならない。もっとも、人身事故が起きた時には閉口したが…。

当時、よく一緒に仕事をするカメラマンが近所だったので、取材帰りの夜、車で送ってもらうことが何度かあった。その彼が、私の家の近くで車を停めて、こんなことを言った。

「気持ちのいい話じゃないけど、マンションの脇の踏切のところ、男性がいるよ。前に来た時とまったく同じ格好だから、生きた人間じゃないね。変な姿勢なんだよ。線路の方を向いて頭を深く下げているような、そんな後ろ姿だよね」。私には男性の姿は確認できず、街灯に照らされたほの暗い踏切が見えるばかりである。

さしあたって実害はなさそうなので、気にしないことにしたが、なるべく夜は踏切を渡らず、別方向から帰宅するようにしていた。しばらくして、またカメラマンに家まで送ってもらうことになった。「あんな話を聞いたから、最近は踏切を渡っていないよ」などと話しながら、車が家の近くまで来ると、カメラマンが車を停めて踏切の方を凝視している。

「やっぱり今日もいる?」と私が訊くと、「ああ、わかった!」とカメラマンが小さく声を上げた。「何が?」

「あの男性、頭を下げているんじゃない。首がないんだ」

首のない軍勢を率いる柴田勝家

賤ヶ岳古戦場

北ノ庄城で無念の自刃

首のない武者の亡霊がうろつく話は、古戦場や城跡でよく耳にする。しかし、これから紹介する伝説は、歴史的にも有名な武将であり、しかも軍勢で現われるという。

天正10年(1582)の本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれると、織田家中では明智光秀を破った羽柴秀吉と、宿老の柴田勝家の二人が主導権を争うことになった。織田家に取って代わろうとする秀吉の天下への野望は明らかで、これを阻止しようと勝家が挑んだ決戦が、本能寺の翌年の、賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い(滋賀県長浜市)である。

しかし、武運つたなく勝家は敗北。居城の越前北ノ庄(えちぜんきたのしょう)城(福井市)まで退却するが、ほどなく秀吉の大軍に包囲された。「もはやこれまで」と北ノ庄城において、勝家は正室お市の方らと無念の自刃を遂げる。多くの家臣も炎上する城と運命をともにした。天正11年(1583)4月24日のことである。

以来、4月24日の夜になると、足羽(あすわ)川に架かる九十九(つくも)橋を、勝家率いる柴田の軍勢が渡り、いずこかの戦場へ出陣していく姿が見られるようになった。ただし軍勢は勝家以下、ことごとく首がない。そしてこの姿を見た者は、1年以内に死ぬといわれた。そのため福井城下では、4月24日の夜はどこの家も固く戸締りをし、一歩も外には出なかったと伝わる。

勝家以下、なぜ亡霊の首がないのか、理由は不明だが、秀吉に天下を奪われ、敗者の烙印を押された武将としての勝家の無念さが、その姿に現われているのではないだろうか。

江戸時代にも起きていた凶事

しかし江戸時代の半ば、そんな勝家軍の亡霊の姿を絵にしたいと考えた男がいた。表具師(ひょうぐし)の佐兵衛である。表具師とは、掛け軸や巻物、屏風、襖(ふすま)などを仕立てる職人のこと。享保17年(1732)の4月24日夜、佐兵衛は九十九橋の南詰めの木かげにひそみ、勝家軍を待った。すると丑(うし)の刻(午前2時頃)に、闇の中から首のない軍勢が続々と現われ、いずこかへ消えていく。

一部始終を見届けた佐兵衛は、家に戻ると、軍勢の姿をまたたく間に描いた。そして女房に見つかってはまずいと考え、描き上げた絵を表具の入った箱の中に隠す。翌朝、佐兵衛はふとんの中で冷たくなっていたという。

数日後、佐兵衛に頼んでいた表具の受け取りに来た福井藩士の糟屋伝左衛門(かすやでんざえもん)は、渡された箱の中に佐兵衛の描いた絵を見つけて仰天する。あまりに不吉な絵であることから、伝左衛門は屋敷の庭先で絵を火に投じるが、炎に包まれた絵は生き物のように舞い上がり、部屋の障子や襖に飛び火して屋敷が炎上、近隣まで類焼する大火を引き起こした。

はたして首のない勝家の軍勢は今も4月24日の夜に現われているのか、定かではない。なお、もし勝家らの姿を見てしまった場合、命が助かる方法が一つだけあるという。それは行列に向かって、「天下の名将、柴田勝家公殿」と叫ぶことである。

小田原北条氏の落武者の亡霊

顔の長いおじさん

『ステキな金縛り』という映画がある(監督:三谷幸喜、主演:深津絵里)。妻殺しの容疑者となった男の弁護を担当する宝生エミ(深津絵里)だが、男は「事件は自分を犯人に仕立てるためのトリックで、妻が殺された夜、自分にはアリバイがある」と主張する。男のアリバイとは、その夜、旅館に泊まっていて金縛りにあい、一晩中身動きできなかったというものだった。あり得ないアリバイだが、宝生は男のいう旅館に赴き、そこで男を一晩中金縛りにしていた戦国時代の落武者の亡霊・更科六兵衛(さらしなろくべえ・西田敏行)と出会う。宝生は六兵衛に、男のアリバイを証明するため、法廷での証言を求めた……。

西田敏行演じるざんばら髪の落武者・更科六兵衛は北条(ほうじょう)氏の家臣という設定なのだが、この映画を観た時に、子供の頃のことを思い出した。私は東京都下で育ったが、家の二階にいる時に、幼い妹が何度か「顔の長いおじさんがいる」と言ったのを覚えている。もちろんそんなおじさんなどいるはずがなく、妹の空想の産物だろうと相手にしていなかったが、どうもそうではなかったようだ。

大人になってから妹が言うには、子供の頃に見ていた「顔の長いおじさん」とは、髪がざんばらになって顔の両脇に垂れた落武者のことで、髪が両脇に垂れているので顔が長いように見えた、とのことである。ときどき家に現われていたらしく、妹が中学生の頃、試験勉強中の夜中に机でうたた寝していると、頭をコツンと棒のようなもので小突かれたこともあったらしい。棒というのはおそらく槍で、穂の反対側の石突(いしづき)でコツンとやったのではと想像する。

また家の居間の白い壁に、カビのような汚れがついて、ざんばら髪の落武者の顔のようになったこともあった。私と母親が「侍の顔のように見えるね」と話していると、怖がった父親が雑巾でこすったが、それでもぼんやりと残っていた。妹は、「それが顔の長いおじさんの顔だよ」と言う。不思議と怖くはなかったようだ。

その後、転居したので、顔の長いおじさんのそれからは知る由もないが、彼が何者であったのかは、およそ想像がつく。家の北方に川があり、川向うに戦国時代の北条氏の滝の城跡(埼玉県所沢市)があった。天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原攻めに際し、北条方の城は忍(おし)城(埼玉県行田市)を除いて、ことごとく落とされている。おそらく顔の長いおじさんは、滝の城落城の際、南方へ逃れようとしたところで敵に討たれた北条方の武者だったのではないだろうか。

八王子城跡

八王子城の悲劇

本稿の最後は八王子城(東京都八王子市)の話で締めくくりたい。八王子城は小田原城に本拠を置く北条氏の最大の支城であり、先述の滝の城は八王子城の支城にあたる。城跡は当時の遺構がよく姿を留め、「日本百名城」の一つにも選ばれている。その一方で、関東近郊の方なら耳にしたことがあるのではないか。あそこは「出る」と……。そこには、悲しい落城劇があった。

天正18年6月23日、滝の城が落ちたのとほぼ同じ頃、八王子城に豊臣方の大軍が攻めかかる。この時、城主の北条氏照(ほうじょううじてる)は小田原城に籠っていて不在であり、城内には近隣の農民や婦女子、老兵を含む約3,000しかいなかった。一方の豊臣方は上杉景勝(うえすぎかげかつ)、前田利家(まえだとしいえ)ら15,000の大軍である。

しかも、北条氏の支城を落としながら南下していた景勝、利家らの豊臣軍は、戦う前に降伏する城が多いことに秀吉が不満で、「手ぬるい」と叱責していると聞いていた。そこで秀吉の機嫌を直すためにも、八王子城を徹底的に叩かねばならなくなったのである。

戦いが始まるや、豊臣軍は数にものをいわせて猛攻を仕掛けるが、城方はよく防ぎ、城方も寄せ手も同数の約1,000人の将兵が犠牲になったという。しかし数の差はいかんともし難く、やがて敵が城内に乱入する。

敵による殺戮(さつりく)が行われる中、居館近くにあった「御主殿(ごしゅでん)の滝」に、ある者は身を投げ、また北条の武士たちは、「敵の手にかかるよりは」と泣きながら女性や子どもを斬って滝壺へ落とした。男たちの多くも滝の周辺で自刃した。城は一日で落ち、滝から流れ出る川の水は、三日三晩赤く染まっていたという。

八王子城本丸跡の祠

鎮魂の思いとともに向き合う

御主殿の滝周辺では近年まで、「鎧武者の姿を見た」「白装束の女性がいた」「滝壺の水が真っ赤に染まっていた」という噂が流れたが、その背景にはこうした歴史があったのである。
私の知り合いも昔、面白半分で夜に八王子城に行き、そこで着物姿の集団が歩いていくのを見たと話していた。一見して雰囲気が現代人とは異なり、震え上がったという。しかし、ここ数年はそうした噂も下火になったように感じる。八王子城で無念のうちに命を落とした人々の魂が鎮められていれば、と願う。

城にしろ、古戦場にしろ、多くの血が流れた歴史がある。私はこれまで取材で、そうした場所に出向くことがたびたびあったが、命を落とした方々への敬意と、鎮魂の思いは忘れないようにと、常々自分を戒めてきたつもりである。

歴史にまつわる怖い話を聞いて、興味本位にその場所に出向くことは絶対にお勧めしないが、怖いからと目を背けることも、少し違うような気がしている。人柱にしろ、戦いにしろ、そうせざるを得ない当時の事情があった。それは現代の価値観で云々するものではない。むしろそれも一つの人間の歴史として向き合った時、先人たちは大切な何かを教えてくれるような気もするのである。

書いた人

東京都出身。出版社に勤務。歴史雑誌の編集部に18年間在籍し、うち12年間編集長を務めた。編集部を離れるも、いまだ燃え尽きておらず、noteに歴史記事を自主的に30日間連続で投稿していたところ、高木編集長に捕獲される。「歴史を知ることは人間を知ること」だと信じている。ラーメンに目がない。