日本文化の入り口マガジン和樂web
11月28日(日)
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(藤原道長)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(木)

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(藤原道長)

読み物
Culture
2019.10.15

御仏の履歴書 ~えっ、実は謎の人物? 釈迦如来篇~

この記事を書いた人

一言で「仏様」といっても色んな名前や姿かたちがあるせいでよくわからない! そんなあなたにお送りする「御仏の履歴書」。仏尊それぞれのプロフィール、ご利益、比較的見学しやすい御像などなどの基本情報をシリーズでご紹介します。

第一回は仏教といえばこの人、開祖の釈迦如来です。

1.基本情報

【名前】 釈迦如来 
【呼称】 釈迦牟尼〔意味・釈迦族の聖者〕、お釈迦様、釈尊など
【仏格】 如来(すでに悟りを開いている最高の覚者)
【本名】 ガウタマ・シッダールタ(ゴータマ・シッダッタ) 
     गौतम शिद्धार्थ Gautam Śiddhārtha/Gotama Siddhattha 
【故地】 インド東北部からネパールあたり一帯

2.プロフィール

お釈迦様は仏教で信仰されている諸仏諸神の中で唯一実在した「人間」であり、仏教に属する宗派であれば必ず尊崇の対象としています(仏教は宗派ごとに主となる尊格が違います)。
ただし、実在の人物といいつつもその実態はかなり謎。仏陀(悟った人)となる前にどんな前半生を送ったかもよくわからないのです。
「え? お釈迦様の伝記って色々と書かれているし、お誕生日や命日にかかわる行事もあるよね?」と思ったかもしれませんが、実はそれらのほとんどが後世、釈迦信仰が盛んになってから創作されたものだったりします。
生まれ育った場所や本名を示す明確な史料はありません。生没年は年どころか年代でさえ曖昧で、紀元前5世紀から4世紀前後の間で諸説あります。
史実と考えて間違いなさそうなのは、彼が釈迦族(シャーキャ族)というクシャトリヤ階級(日本でいうところの武士階級)に跡継ぎとして生まれた人であるということ、「人生は苦である」と考え「苦」から逃れるために出家して解脱しようとしたこと、そして悟りを開き自らの教団を形成したこと、ぐらいなのです。
お釈迦様の弟子たちはどうしてちゃんと記録を残さなかったの? と思うかもしれませんが、その理由の一つとして考えられるのはお釈迦様の遺言です。
お釈迦様は入滅、つまりお亡くなりになる際に、弟子たちに向かって「私が説いた教えと戒律だけを師としなさい」と言い遺しました。つまり、個人崇拝を良しとされなかったのです。あくまで「正しい知恵と行い」こそが仏教の本体であると考えていたのでしょう。
よって、初期の仏教教団はお釈迦様の教えを実践し、後世に伝えることを主な目的にしていました。
しかし、偉大な始祖への敬慕は尽きることなく、やがて「釈迦信仰」が生まれていきます。そんな人々の期待に応えるため、お釈迦様に関する様々な伝説や仏像が生まれたのです。

3.信仰の形

最初に釈迦信仰の拠り所となったのは「仏塔」でした。仏塔はお釈迦様の遺骨である仏舎利を収めた墓標のようなもので、人々はそれをお釈迦様に見立てて礼拝しました。日本のお寺にも五重塔など立派な塔がありますが、あれは単なる飾りではなく、初期仏教の信仰形態の名残。本来は本堂よりも大切な建物だったのですね。
その後、仏教がインド全土から西アジアの広い地域にまで広がっていくと、徐々にお釈迦様を「形」として表す習慣が生まれていきます。難しい言葉や文字のわからない一般庶民が拝む対象となるビジュアルを求めたのは自然な成り行きだったのでしょう。とはいえ、当初は仏陀となった人の姿は形に表せない、または仏陀を形として見ようとするのは間違いであるという考え方が優勢であったため、仏像ではなく菩提樹や足跡、法輪などのシンボルとして描かれました。

人の姿をした仏像が造られるようになったのは、ぐっと時代が下がった紀元2世紀から3世紀のことです。つまり、お釈迦様が亡くなって約600年も経ってからということになります。なんだか人間離れしたあのお姿には、そんな事情があったようです。ただし、唯一の実在の人物であるがゆえに、お釈迦様には普通の立像や坐像だけでなく、誕生時と入滅時の姿を象る像も作成されるようになります。誕生仏と涅槃仏がそれです。

他の仏様にも一応「悟りを開く前」のストーリーは用意されているのですが、誕生から死までが語られるのはお釈迦様のみ。これもまた、お釈迦様が「人」であったが故といえるでしょう。

4.教えのポイント

お釈迦様は「生きることとはすなわち苦しみの連続であり、たとえ楽しいことやうれしいことがあっても、それ自体がまた苦の原因になる。そして、生命体として輪廻転生を繰り返しているうちは決してその苦しみから逃れることはできない。逃れるためには解脱して転生の輪から外れなければならない」と考えました。仏教の教えは一つ残らずこの認識の上に成り立っています。浄土に往生するのも、禅で悟るのも、法華経を信仰するのも、全て「悟りを開いて解脱し、輪廻の輪から外れて苦しみを終わらせる」ためなのです。
なお、初期の仏教教団では、お釈迦様の教えに基づいて、悟りは出家して修行しなければ得ることはできないとしていました。この考え方は今でも南/東南アジアを中心に信仰されている南伝仏教で固く守られています。

5.所依の経典

当初、教義や戒律はお釈迦様の母語であったと見られる古マガダ語(またはその影響が強い俗語)を使った詩の形にまとめ、口伝えで暗誦されていました。
しかし、時代が下るにつれ、インドの主要な言語であるパーリ語に移し、紙に写筆され、経典としてまとめられるようになったのです。最初の経典がいつ頃できたのは不明ですが、お釈迦様の入滅から200年ほど経った頃ではないかとみられています。

6.通年公開されている有名な像と見どころ

*特別な事情で非公開になっている場合もあるので、お参りの際には必ず情報を確認してください。

7.ご利益

他の仏様と違い、お釈迦様に現世利益を期待することはあまりありません。現世での楽しみは「苦」であると喝破された方なのですから当然ですよね。あえて言うならば「正しい知恵を授け、悟りへ導くこと」がお釈迦様のご利益なのかもしれません。

書いた人

書評家。主に文学、宗教、美術、民俗関係。著書に『自分でつける戒名』『ときめく妖怪図鑑』『ときめく御仏図鑑』、共著に『史上最強 図解仏教入門』など。現在、よみもの.comにて「文豪の死に様」を連載中。最近の関心事項は文化としての『あの世』(スピリチュアルではない)。