日本文化の入り口マガジン和樂web
5月12日(水)
女とパリは留守にしてはだめだ(ナポレオン) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月12日(水)

女とパリは留守にしてはだめだ(ナポレオン) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2021.02.15

漢字クイズ!「鱗」なんてよむ?ヒントは鬼滅の刃・我妻善逸の羽織にあり!

この記事を書いた人

漢字クイズにチャレンジ! 「鱗」は何と読むでしょうか? ヒントは鬼滅の刃の人気キャラクター、我妻善逸(あがつま ぜんいつ)の羽織の模様に! 彼の羽織の柄は「鱗文様」をアレンジしたものなのです。

「鱗」の読み方、正解は?

正解は
……

……

鱗(うろこ)でした! 鱗とは、魚やヘビなどの表面を覆っている小さな欠片のこと。私は調理の際、魚の鱗が取り切れず料理に入ってしまった……なんてことがよくあります。

魔除けの意味をもつ「鱗文様」とは?

鱗文様とは、三角形を組み合わせた日本の伝統文様。古くから着物の柄などに使われています。我妻善逸も、三角形の柄があしらわれた羽織を着用していますね。

「幾何文様」の一つ「鱗文様」

三角形は、病や魔物を示す形とされてきました。そこから厄除けや魔除けの意味で使われるようになったのです。鬼と戦う我妻善逸がこの柄を着ていることは、大きな意味がありそうですね。

鱗文様については、以下の記事で詳しくご紹介しています。実は深~い意味をもつ日本の文様。煉獄杏寿郎や禰豆子も、日本の伝統的な文様ををあしらった着物を着用しているんです! これを友達に話せば自慢できること間違いなし!

我妻善逸の羽織にも描かれた「鱗文様」の三角形は女性の心に潜む鬼を表していた?歌舞伎の衣装で検証!