日本文化の入り口マガジン和樂web
1月28日(土)
おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きればいい(樹木希林)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
1月26日(木)

おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きればいい(樹木希林)

読み物
Culture
2022.12.13

ふるさとチョイスで掲載!石戸蒲ザクラをモチーフにした七宝作品

この記事を書いた人

埼玉県北本市の自然豊かな荒川付近でアトリエを構える、七宝作家・近藤健一さん。ジュエリーをはじめ、うつわやランプシェードなど幅広いジャンルで七宝の技法を生かした、人と生活に寄り添う作品をつくり続けています。このたび、日本五大桜の一つとして名高い樹齢800年の名木「石戸蒲ザクラ」をモチーフにした作品がふるさと納税返礼品サイトで掲載されました。ガラスの煌めきと、さまざまな色を纏った七宝作品をどうぞお楽しみください。

サラダボウル「刹那」

片口セット「静宴」

ぐい呑み 丸型「円」/三角型「凛」

帯留「舞」

ネックレス「憐」

▼商品詳細はこちら
樹齢約800年の桜に想いを!日本五大桜の一つ「石戸蒲ザクラ」をモチーフにした七宝作品が完成!

▼開発ストーリーはこちら
ふるさと納税で登場!蒲ザクラ800年の歴史輝く「5種の七宝作品」開発ストーリー

▼近藤さんインタビューはこちら
艶やかな七宝ジュエリーにドキドキ!作家・近藤健一さんが北本にアトリエを構える理由

近藤健一 Profile

1981年 名古屋生まれ
小学生の時にさいたま市(旧浦和)に引っ越す
武蔵野美術大学金工卒業
卒業後七宝に(正式に)出会い、のめりこむ
現在、埼玉県北本市のアトリエにて制作を行う

Kenichi Kondo 公式サイト:https://kenichikondo.katalok.ooo/ja
Instagram:https://www.instagram.com/ken1kondo/

この投稿をInstagramで見る

Kenichi Kondo(@ken1kondo)がシェアした投稿

商品撮影:江澤勇介