日本文化の入り口マガジン和樂web
4月22日(木)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
Culture
2019.09.30

江戸時代の人気職業は?人気料理は?ランキング一覧を解説!

この記事を書いた人

「好きな俳優ランキング」「人気レストランTOP10」など、巷には多種多様なランキングがありますが、実はこの文化はすでに江戸時代からあったんです!今回は、当時作られたさまざまなランキングの中から、選りすぐりのものをピックアップ。ランキングとともに、江戸っ子たちのリアルな生活を紐解いていきましょう!

江戸の番付とは?

ランキング、いわゆる番付(ばんつけ)の歴史は、相撲番付に始まります。これは、相撲の興行場所に掲げる興行札に書かれていたもので、出場する力士の名前と序列が記されていました。当初は行司による手書きの板番付でしたが、相撲人気が高まって興行規模が拡大するとともに、木版印刷に移行していったそうです。

わかりやすく序列が把握でき、また一枚摺りで簡単に作れることから江戸っ子たちの興味を誘い、相撲以外のテーマで格付けをする「見立て番付」が続々と登場。一種の娯楽として、広く庶民の間で親しまれることになりました。

番付の見方

『江戸大地震之絵図』国立国会図書館

番付は、東西に割り振られ、役と項目、名前がそれぞれ右から順に並んでいきます。横綱や大関にはじまって、下にいくほど格が下がり、文字の大きさも小さくなっていきます。

誰もが認める業界でダントツ人気のものや特殊な存在など、ランキングに加えにくいものについては真ん中の行司欄に記され、別格扱いされます。また、その下の勧進元は、相撲番付でいう興行の主催者のこと。見立て番付においては、行司と同様殿堂入りするような格の違う存在がここに記載されます。

グルメな江戸っ子の舌を唸らせた高級料理茶屋

『御料理献立競』都立中央図書館特別文庫室所蔵

まず最初にご紹介するのが、江戸の高級料亭を格付けした見立て番付。

東は吉原・大恩寺前にあった青鷺料理の名店・田川屋、そして西は浅草北部の隅田川沿岸部・橋場にあった川口が1位を獲得しています。

実は江戸時代は、外食産業が栄えた時代でもあります。男性の単身移住者が多かった江戸の街では、振り売や屋台など、庶民が気軽に利用できる外食形態が発達しました。特に明暦の大火(1657年)以降は、街の復旧のためより多くの人が江戸に集まるようになり、次第に本格的な料理店が開業。庶民が楽しめるB級グルメから、富裕層向けの料亭のような店まで、バリエーションに富んだ飲食店がたくさん存在していたようです。

この番付で特に注目しておきたいのが、勧進元に書かれている八百善(やおぜん)。八百屋から始まった江戸料理の名店で、将軍・徳川家斉も立ち寄ったことがあるのだとか。

この八百善の名店ぶりを垣間見れる有名なエピソードがあります。ある食通たちが「極上の茶漬けを1杯」と注文したところ、半日待たされ、出てきた茶漬けは非常に美味しかったものの、なんと請求された金額は一両二文(現在の貨幣価値で約15万円)!なぜこんなに高いのかと聞いたところ、この1杯のために厳選した素材を調達し、またそれらに合う水を玉川上水まで汲みに行かせたからだと答えたのだそう。これを聞いた食通たちは、「さすが八百善だ」と言い、納得して帰って行ったそうです。

グルメな江戸っ子たちの舌を満足させていた八百善は、現在店舗は閉店してしまったものの、今も通信販売事業を中心に経営を続けています。八百善以外にも、例えば番付にもランクインしている扇屋は厚焼き玉子専門店として、島村は「嶋村」の表記で割烹料理店として営業中。生きた江戸の味を現在まで伝え続けています。

ヘルシーフードがランキングを席巻!人気のおかずランキング

江戸時代は、1日3食の文化が定着した頃。人口の増加とともに食材の消費量が増え、18世紀には魚市場や野菜市場が誕生。そこに食材を集荷して売るスタイルが出来上がりました。

江戸湾で採れた新鮮な魚介類や、千住のエンドウ、練馬の大根、早稲田のミョウガといった、近郊で収穫された野菜など、出回る食材の種類も豊富に。

このように食文化が大いに発展した社会に生きた江戸っ子たちは、普段どのようなおかずを好んでいたのでしょうか?

『日々徳用倹約料理角力取組』都立中央図書館特別文庫室所蔵

こちらの番付は、東西を精進方と魚類方に分け、人気のおかずを格付けしたもの。勧進元の箇所には味噌やしょうゆ、塩、行司欄にはたくあん、糠味噌など、調味料や添え物が並んでいます。

そして、精進方は、八杯豆腐、昆布と油揚げの煮物、きんぴらごぼう。魚類方はめざしいわし、貝のむき身と切り干し大根の煮物、芝海老のからいりが上位にランクインしています。

八杯豆腐とは、水と酒、しょうゆで煮込んだ豆腐料理。大根おろしをかけて食べる、メジャーな家庭料理だったそうです。めざしいわしは、栄養価が高く、安価で手に入ったため、江戸の庶民たちの重要なタンパク源でした。

当時は食材を冷蔵保存する技術がなかったため、塩漬けなどにして保存食にすることが多め。塩分過多のおそれはありますが、現代と比べるとかなりヘルシーな食生活だったことが伺えます。

銘酒ランキングは現代でも名を残すロングセラーが筆頭に!

『銘酒つくし』都立中央図書館特別文庫室所蔵

元来お酒は、神事や祝宴などの時のみ口にする特別なものとされていました。けれども江戸時代に入ると、輸送技術の発達に伴って各地からさまざまなお酒が集まったり、外食文化が豊かになったりしたことで、日常的に楽しむものになっていきました。江戸の街ではすでに、酒屋の店先で角打ちをする光景も見られ、居酒屋も営業していたようです。

そんな江戸っ子たちに愛された銘酒をランキング化したものが、こちらの『銘酒つくし』。

東西の大関にみられる剣菱と老松は、将軍が飲む御前酒として知られており、いずれも現在に名を残す銘酒です。ちなみにこちらの番付では、伊丹のお酒が上位を席巻しています。伊丹は酒の産地として栄えましたが、後に水車による精米技術等で品質の向上に成功させた灘が、江戸へ出荷する酒(下り酒)のシェアを多く占めるように。灘は現在でも、広島の西条、京都の伏見と並ぶ三大日本酒処として知られています。

みんなが憧れた!人気職業ランキング

『諸職人大番附』都立中央図書館特別文庫室所蔵

江戸は職人の街。机や箪笥など木工家具を作る指物師など、自宅で作業をする居職(いじょく)と、大工など現場に出向いて作業する出職(でしょく)に大別され、それぞれがその技術をもって江戸の生活を支えていました。

こちらの『諸職人大番附』では、そんな職人の重要さや格式を鑑みた形で順位がつけられています。大関の番匠大工と刀鍛冶は、ともに花形的存在でした。番匠大工とは、いわゆる家大工のこと。建築はさまざまな技術が集約される、当時もっとも複雑で最大級の生産物だったため、大工は諸職の司(しょしょくのつかさ)とも呼ばれて、各技術者を統括する立場にあったようです。

一方の刀鍛冶は、武士の必需品である刀を作る仕事。支配階級の身分を象徴物に携わるということで、世間から一目置かれていたのだそう。

そして、行司欄には、天秤師や物差造など、重さや長さを測る計測器を手掛ける職人や、朝廷の正装である衣冠装束を作る装束師、支配階級において重要視されている武具の職人が並んでいます。

また、同じく職業絡みのものとして、儲かる仕事ランキングも作成されていました。

『諸商売人出世競相撲』都立中央図書館特別文庫室所蔵

当時経済の要でもあった米を扱う米屋、そして現在の銀行のような役割を果たしていた両替屋が、大関の座を獲得。以下、海外製品を扱う唐物屋、材木屋、酒屋、炭屋など、衣食住といったライフラインに繋がる職業が多く名を連ねています。

江戸時代の良い女房&悪い女房とは?

『女大學』都立中央図書館特別文庫室所蔵

そして、こんなユニークな番付も。男性が求める良い妻と悪い妻を東西に分けて格付けした番付です。
良き妻とされているのは、「子をもうける女房」「夫に従順であること」「貞節をわきまえていること」「子供のしつけがしっかりできること」が上位を締めています。一方で「子をもうけない女房」「嫉妬深い」「針仕事ができない」「昼まで朝飯の片づけをしない(=だらしがない)」のが悪妻なのだそう。特に「子供が産めない」というのは、家を追い出されても仕方ないようなほどの罪とされていたようです。

そんな現代では考えられないような男尊女卑の様子も垣間見れるランキングですが、これはあくまで男性目線で作られた理想像。右端に「この番付を家に一枚貼っておくと家内和合、家繁盛する」と謳われていることから、実際にここに格付けされている通りにふるまっていた女性は少なかったのかもしれません。

江戸一のゲーマーは誰だ!?本拳ランキング

『拳会角力図会』国立国会図書館

江戸で大流行していたゲームのひとつが、今のじゃんけんに似た本拳(ほんけん)。狐拳や虫拳など、今のじゃんけんのような三竦みのものもありましたが、ここで紹介するのは、数を当てるというもの。長崎にいた中国人から伝わったとされるため、唐人拳や長崎拳などとも呼ばれています。これは、決められた指の型に沿って手を出して、その合計数を言い当てるものです。

『拳会角力図会』国立国会図書館

このゲームは人気のあまり、大会が開かれて拳相撲の番付が発表されるまでに!ゲーム好きの文化はこの頃からすでに始まっていたようです。

『浪花 拳相撲』都立中央図書館特別文庫室所蔵

御利益を求めて旅行者続出!人気のパワースポットランキング

『大日本神社仏閣参詣所觔』都立中央図書館特別文庫室所蔵

江戸時代に入って街道が整備されるようになると、参詣旅行をする人々が増加。現代でもパワースポット巡りは旅行のテーマの一つとなっていますが、実は江戸時代の人々もご利益を求めて各地で人気の寺社仏閣に訪れていたのです。この番付では、東は伊勢神宮、西は高野山が大関に。特に伊勢神宮は、遷宮の翌年はお陰参りとして参詣者が急増し、500万人近くが訪れることもあったのだそう。他にも日光や善光寺、宮島など今でも定番のスポットが多くランクインしています。

『伊勢参宮略図并東都大伝馬街繁栄之図』国立国会図書館

番付で江戸っ子の生活を覗き見!

今回紹介した番付は、ほんの一部。他にもさまざまなテーマのランキングが作られており、そこから当時の生活や世相を垣間見ることができます。ぜひあなたもいろいろな番付をチェックして、江戸の新たな魅力を発見してみてはいかがでしょうか?

書いた人

広島出身。ライター&IT企業会社員&カジュアル着物愛好家。その他歌舞伎や浮世絵にも関心がアリ。大学卒業後、DTMで作曲をしながらふらふらした後、着物ムック本の編集、呉服屋の店長を経て、現在に至る。実は10年以上チロルチョコの包み紙を収集し続けるチロラーでもある。