日本文化の入り口マガジン和樂web
5月11日(火)
Love the life you live. Live the life you love. (ボブ・マーリー) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月11日(火)

Love the life you live. Live the life you love. (ボブ・マーリー) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2020.03.01

ムカデよ、我らに勝利を…!前田利家ら戦国武将が好んだ意外な「虫・動物」4選

この記事を書いた人

北海道にはゴキブリがいない。
いきなりなんのこっちゃという話なのだが、これは都市伝説の類などではなく、紛れもない「事実」である。かつて2年半もの間、北海道で暮らした私が自信をもって太鼓判を押すのだから、信じてもらうには十分だろう。

しかし、その代わりといっては何だが、北海道には超高速で移動する未知の生物がいた。人生初のご対面、あろうことか私は立ったまま失神。ヤツは突然現れ、15対の脚で我が家を蹂躙し、嵐の如く去っていった。というか見失っただけなのだが。早速調べて正体を知った。その名も「ゲジゲジ」。義兄の住む茨城県にも出没するのだとか。ちなみに、あんな強烈な姿でありながら「益虫」というから本当に驚くばかりだ。

さて、「虫」には、そのフォルムからは想像できない性質や特徴がある。だからだろう。当時、イメージからは全く想像できない理由で、戦国武将から好まれた「虫」や「動物」がいた。今回は、そんな戦国時代に武将たちから多くの支持を得た「虫」、そして「動物」をまるっとご紹介。モノの見方が変わるかもしれない。

ぞぞっ!あの虫を指物に描いた?

まずは、なんともグロテスクなこの虫から。

百の足と書いて、「百足(ムカデ)」とよむ。
じつは、『甲陽軍艦』には、武田氏の使番が、このムカデを描いた指物を使っていたとの記録があるのだとか。

でも、どうして?と疑問に思うのも無理はない。確かに、姿形は、決して颯爽とは言い難い。さすがに、戦場でムカデを見て、「よっしゃー!やったるで」的なテンションの上がり方には無理があるだろう。しかし、意外にも、ムカデは武将に好まれた。というのも、俊敏に動いて獰猛。そのうえ、ムカデには他の虫にはない習性があるからだ。つい、「毒」…と思いがちだが、そうではない。じつは、ムカデは「前にのみ進む」という特徴がある。あのじゃらじゃらした脚で前に進み、ひたすら前に進み、やっぱり前に進むからだ。

戦場では、後ろに下がることを大変忌み嫌う。後ずさりなど以てのほか。「退く」つまり「退却」を連想させるため、縁起が悪いのだ。だから、出陣の際の儀式である「三献の儀」でも、酒を注いでそのまま後ろに下がることはしない。くるりと向きを変え、大将に後姿を見せたとしても、後ずさりは厳禁。そういう意味では、「百足(ムカデ)」は理想的な虫といえるだろう。絶対に後ずさりせず、前進する姿が、好まれた。

ええっー?今度は兵具にあの虫を?

次は、童謡にもでてくる、日本人にとっては見慣れたこの虫だ。

なんでまた?
そう、蜻蛉(トンボ)である。
『軍陣之聞書』では、以下のように記されている。

「一切の兵具に、蜻蛉を付ける事は、蜻蛉の虫は、すゝみて退事なきゆへ是を用と也」

じつは、トンボもムカデと同じく、前に進んで飛ぶことから、退かない虫として、戦国時代には好まれた。ちなみに、一説には、獲物を空中で捕えるところも理由の一つだとか。戦国時代では「勝ち虫」として重宝されている。

なお、先ほどの「兵具に付ける」とはどういうことか。まさか、生きたトンボをくくりつけるというわけではない。この例として有名なのが、前田利家(まえだとしいえ)だろう。じつは、前田利家の兜の前立(まえたて)はトンボだ。現代人の目からすれば、なんとも奇怪に映るだろう。甲冑やらなんやら上から下までガチっと揃えて決める。「超かっけー」と思いきや、兜の前にトンボが、それも真正面にいるわけだから、そのセンスは理解に苦しむ。しかし、戦国時代はこれが縁起担ぎでもあり、武将のテンションを上げるパフォーマンスでもあったのだ。

干支の一つ、イノシシも指物に?

さて、虫だけではない。動物もじつは、指物に描かれていたことが確認されている。その動物とはこちら。イノシシだ。

茨城県桜川市の真壁伝承館歴史資料館には、イノシシの旗指物(レプリカ)が展示されている。この真壁氏は、平安時代末期より桜川市付近を統治していたが、のちに佐竹氏の家臣となり、関ケ原の戦いの結果、この地を離れた一族である。

残されている指物の大きさは縦146センチメートル、幅180センチメートル。指物ほぼ全体に大きなイノシシが一匹。威風堂々の姿で描かれている。巨大な体躯は濃淡ある墨で表現され、金色の目がこれまた目立っている。耳や口、鼻は赤く塗られ、全体的に迫力ある強烈な印象の指物となっている。

なぜ、イノシシなのか。じつは、数多くの武将が守護神として崇拝していた摩利支天(まりしてん)。この摩利支天が乗る動物が、なんとイノシシなのだ。ちなみに、摩利支天とはサンスクリット語の「マリーチ」からきているのだとか。帝釈天が阿修羅と戦った際に、日と月を守ったと伝えられている。この摩利支天の乗り物であるということ、また勇敢で猪突猛進ともいわれる特徴ゆえに、イノシシは武将に好まれたといわれている。ただ、トンボのように武具などが数多く残されているわけではない。

島津家は稲荷信仰って本当?

一般的に、合戦時に現れた鳥を「霊鳥」として捉え、縁起を担ぐ場合がある。ただ、武将によっては「鳥」ではなく、特定の動物を吉事を知らせる使いとして認識していたことも。薩摩(鹿児島県)の島津家では、ある動物に思い入れがあったという。

まずは、島津義弘像の兜に注目して頂きたい。

島津義弘像 兜の前立に「キツネ?」

なんだか、「鬼島津(おにしまず)」には似合わない、ちょっとキュートな感じの動物が、前立になっている。そう、「キツネ」である。じつは、島津家では「白狐」が「霊鳥」の代わりとなっているのだとか。

もともと、島津家では代々「稲荷信仰」が受け継がれていたという。信仰のきっかけは、島津家の祖先、あの鎌倉幕府を開いた源頼朝の長庶子である「島津忠久」の出産である。忠久の母は、源頼朝の側室、丹後局(たんごのつぼね)。頼朝の寵愛を受け懐妊するが、正室の北条政子に嫉妬され、結果的に鎌倉を追われてしまう。あろうことか、この道中に産気づき、住吉大社(大阪府)にて忠久を産んだ。大雨で大変な状況の中、不思議なことに狐火に照らされて、無事に出産できたと伝えられている(一説には神狐がご神燈を掲げたなどの諸説あり)。以降、島津家では稲荷信仰がなされたのだとか。

実際に、島津家に関わる様々な合戦において、記録には「キツネ」が出てくる場面が多い。『陰徳太平記』では、島津軍と大友軍が戦った耳川の戦いにおいて、白狐が出現すると記されている。

「白狐一匹旗許(はたもと)のお陣より出て、敵陣へ向て走り行、是即(これすなわち)島津家の吉瑞の例なるに依りて…」

「白狐」が「島津家の吉瑞の例」と記されており、戦国武将の中では非常に珍しいケースといえるだろう。ただ、現実的に「白狐」を見つけるのはたやすいことではない。北海道では、それこそ毎日のようにキタキツネを目にしていたが、全て茶色である。白いキツネは見たことがない。そういう意味では、なかなかハードルが高い「吉瑞の例」といえるだろう。しかし、だからこそ、その希少価値ゆえに、「吉事」への信頼性はほぼ100%なのかもしれない。

様々な虫や動物を紹介してきたが、中でも特に地位の落差が激しかった「ムカデ」には、同情を禁じ得ない。戦国時代の武将からは好まれたが、現代では害虫の上位にランクイン。当事者からすれば、今も昔もただ必至で生きているだけ。

嗚呼。時代が変わるとは、なんと残酷で不条理なことよ。

参考文献
『戦国入門 戦いとくらしの基礎知識』二木謙一監修 河出書房新社 2019年9月
『名将名言録』 火坂雅志著 角川学芸出版 2009年11月
『戦国軍師の合戦術』 小和田哲男著 新潮社 2007年10月

書いた人

日本各地を移住するフリーライター。教育業界から一転、ライターの道へ。生まれ育った京都を飛び出し、北海道(札幌から車で4時間、冬は-20度)で優游涵泳の境地を楽しむ。その後は富山県、愛知県へと流れつき、馬車馬の如く執筆する日々。戦国史、社寺参詣、職人インタビューが得意。