Fashion&きもの

2024.03.04

ドラえもん『鳥獣戯画』BIGトートバッグができました! 『和樂』4,5月号付録

世代を問わず愛されているドラえもんと、擬人化された動物たちがかわいい国宝絵巻『鳥獣戯画』。ふたつの大人気作品が描かれた、『和樂』でしか手に入らない、特別感たっぷりのBIGトートバッグをつくりました!

表はドラえもんの周りを動物たちが囲む躍動感のあるデザイン、裏はドラえもんと兎(うさぎ)が背中合わせに座るさりげないデザインと、両面とも楽しめるようになっています。バッグ自体も大ぶりかつ丈夫で、使い勝手は抜群。お買い物はもちろん、仕事の資料用、展覧会の図録用と、さまざまな用途に活躍すること、間違いなしです!

ポリエステル、綿混紡の、しなやかで丈夫なキャンバス素材を使用。鮮やかなブルーとイエローが効いたデザインがキュート! ©藤子プロ・小学館

ドラえもん 『鳥獣戯画』BIGトートバッグはここが魅力!

ドラえもん 『鳥獣戯画』BIGトートバッグは、こだわりもたっぷり大容量!

魅力1・裏面のデザインもとびきりかわいい!


ドラえもんと兎が背中合わせに並んだ、裏面のデザイン。花の香りを楽しむドラえもんの姿を兎がのぞくかのような、春らしい幸せなムードが漂っています。

魅力2・肩がけできる長めのストラップ


大ぶりサイズのバッグだから、ときには荷物が多くなることも。ラクに持てるよう、ストラップを長く、肩がけできるよう設定しました。サブバッグとしても便利。

魅力3・たっぷりサイズ&しっかりキャンバス素材


縦横40㎝のスクエアサイズで、容量は十分。素材も丈夫なキャンバス地だから、お買い物の際、大きなペットボトルや長さのある食材を運ぶときにもぴったりです。

▼『鳥獣戯画』の魅力を、記事でたっぷりご紹介。
鳥獣戯画とは?作者は誰?ミステリアスな国宝を徹底解説ッ!

付録デザイン/濱中幸子 撮影/小池紀行(CASK) デザイン/ティオ 構成/湯口かおり、後藤淳美(本誌)

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

犬犬犬犬犬だらけ!謎の犬好き浮世絵師「柳川重信」コレクション【誰でもミュージアム】

樽瀬川

『和樂』2024年4,5月号の特別付録はドラえもん『鳥獣戯画』BIGトートバッグ!

和樂web編集部

うちの猫も化けるかしら? 日本の妖怪「猫又」その正体を解説

「東の芭蕉 西の鬼貫」と並び称された俳人、上嶋鬼貫。波乱の人生で詠んだ句とは

高橋 三保子

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア