日本文化の入り口マガジン和樂web
8月5日(木)
古いものが解体されて初めて、再創造は可能となる。(岡倉天心)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
8月5日(木)

古いものが解体されて初めて、再創造は可能となる。(岡倉天心)

読み物
Art
2018.06.26

「没後50年 藤田嗣治展」山王美術館

この記事を書いた人

2018年7月31日まで、山王美術館で「没後50年 藤田嗣治展」が開催中です。

「乳白色の下地」で人々を魅了した藤田嗣治は、カメラを愛用し、デッサン代わりに活用することもあったとか。「家馬車の前のジプシー娘」は、藤田が撮影した写真とほぼ同じ構図で描かれた作品。社会的弱者へのまなざしも印象的です。初期の風景画・水彩画から、晩年のこども像まで、山王美術館が所蔵する藤田嗣治コレクション全28点を一堂に。

公式サイト