北海道

 

北海道に関する読み物

全18件、1-10件を表示中
旅と食
六花亭のスウィーツからラム肉まで! 札幌・小樽のグルメはとにかくアツい【北海道】

「実りの秋」到来!北海道では海鮮やコメ、果物など、旬の食材が百花繚乱です。今回は札幌&小樽の選りすぐりグルメをご紹介。ドライブ&食い倒れの旅が楽しめますよ! 北海道のまちのお菓子屋さん「六花亭」本店 「マルセイバターサンド」をはじめとした、北海道を代表するお菓子メーカーの1つ・六花亭(ろっかてい)。本店は札幌の街中にあります。お土産・催事のイメージが強い六花亭ですが、北海道では「まちのお菓子屋さん」として住民の皆さんにおなじみ。ショップは観光客だけでなく、地元住民でも大賑わいでした。 札幌本店や小樽運河店では箱菓子をバラ売りで販売。ちょっとしたお茶菓子やお子さんのおやつに、まるで駄菓子屋さんの […]

旅と食
まりもよまりも、どうしてそんなに丸いのか?学芸員に聞いたら衝撃の事実が発覚した!

まりもよ、まりも。あぁ〜まりも。北海道釧路市、阿寒湖の取材にやってきた和樂web編集部・白方ですが、行く先々で耳にする毬藻(まりも)の情報に心奪われ、急遽まりもの学芸員を取材を! 釧路市教育委員会マリモ研究室で学芸員としてまりもの研究をされている尾山洋一さんに、阿寒湖のまりもが丸く大きくなる秘密について、詳しく伺いました。 「100年で1cmしか成長しない」は嘘 ―― 阿寒湖には6億5000万個のまりもが生育していると伺いましたが、阿寒湖全体に生育しているんですか? 学芸員: いえ。主に湖の北部に群生しています。まりもの保護のため、そのエリア一帯は、立ち入り禁止となっています。 ―― 阿寒湖の […]

旅と食
世界でここだけ!阿寒湖に丸いまりもが6億5000万個もいるのはなぜ?学芸員に聞いてみた

ほわ〜んと水の中に漂う緑色の球体「毬藻(まりも)」。北海道土産で、水族館で、一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか? 北海道釧路市、阿寒摩周国立公園内にある阿寒湖。この神秘的な湖に生育するのが、国の特別天然記念物に指定されている「毬藻(まりも)」です。 阿寒湖の取材にやってきた和樂web編集部・白方ですが、行く先々で耳にするまりもの情報に心奪われ、急遽まりもの学芸員を取材! 釧路市教育委員会マリモ研究室でまりもの研究をされている尾山洋一さんに、まりもにまつわる疑問をぶつけてみました。 アイヌの人たちはまりもを何と呼んでいた? ―― まりもって、藻(も)の一種なんですか? 学芸員: […]

旅と食
こんなのずるい〜ッ!阿寒湖行ったらほわっほわなエゾジカの鉄板焼きを食べなくちゃ

北海道釧路市で、ミシュラン掲載の鹿肉の名店を発見しました。その名も「両国総本店」。えっ? 鹿肉って、硬かったり臭みがあって苦手…? いやいや。そんな人にこそ食べてもらいたい! 奇跡のやわらかさ、いやっ、まろやかさと言えばよいのか…。とにかく一度食べれば、きっと鹿肉の概念が覆ります!! こちらの名店、宿つきなんです 北海道釧路市、釧路空港から車で約60分。阿寒湖にほど近い国道沿いにあるのが「両国総本店」です。 両国総本店は、50年以上の歴史があるお店。現店主の祖父から3代にわたり続くエゾジカ料理は、ミシュランをはじめさまざまなメディアで高い評価を獲得しています。 こちらの […]

旅と食
ポッチェイモのピザって何だ?地元民も通うアイヌ料理の店民芸喫茶「ポロンノ」へ

北海道釧路市阿寒湖に訪れたら、ぜひ訪れていただきたいアイヌ料理のお店があります。阿寒湖温泉の湖畔にある「阿寒湖アイヌコタン(集落)」。その一角にあるのがこの地で40年以上お店を営む、アイヌ料理の店民芸喫茶「ポロンノ」です。 アイヌ料理の店民芸喫茶「ポロンノ」の店内。壁には民芸品が展示されています。 アイヌ料理は味付けがシンプルで素材の風味を生かした味わいが特徴です。山でとれた木の実、鹿や熊の肉を使った料理は、先祖代々受け継がれてきたアイヌの知恵が詰まっています。 アイヌ料理の店民芸喫茶「ポロンノ」おすすめ料理3点を紹介! 1.柑橘の風味がアクセントのかぼちゃ料理 はじめにご紹介するのは、「ラタ […]

旅と食
北海道といったらカニ?いやぁザリガニでしょ。阿寒湖行ったらビールと一緒に食べるべし!

ビールにハンバーガー、最高ですよね。でも、こちらのパンに挟まっているのはハンバーグでもエビでもないんです。タイトルでネタバレですが、この正体はザリガニ。しかも北海道釧路市阿寒湖産です! えっ、北海道で、なんでザリガニ!? 2019年7月5日、釧路市にある阿寒湖遊覧船 まりもの里桟橋乗り場のすぐ隣に「BETWEEN THE BREAD Akan(ビトウィーン ザ ブレッド アカン)」がオープンしました。 乗り場に併設された建物の1階角にあるのがBETWEEN THE BREAD Akan。 このお店の名物は、なんと、ザリガニをサンドしたパン「クロウフィッシュロール」。そもそも、北海道とザリガニの […]

旅と食
君は天然と養殖の違いを知っているか?まぐろじゃないよ、まりもの話だよ!

はぁ〜〜〜なんでこんなに癒されるんだろう? 北海道釧路市、阿寒湖周辺の取材を続けるうちにすっかり「毬藻(まりも)」に魅了されてしまった和樂web編集部・白方。もっとディープな情報を掘り下げるべく、土産店「かと里民芸店」の店主・小林恵美子さんに取材しました。 まりもを愛する恵美子さん、実は「阿寒湖温泉まりも倶楽部」部長でもある! 土産店のまりもは、阿寒湖のまりもじゃないの? ―― お店に並んでいるまりもは、阿寒湖のもの? 恵美子さん: いいえ。阿寒湖のまりもは国の特別天然記念物だから、採ることも触ることもできません。ただし、地元の子どもたちは地域学習の一貫として、環境省の管理下のもと、まりもにふ […]

旅と食
街中にアートが盛りだくさん!阿寒湖は歩いてまわると断然楽しい〜!

旅先では、とにかく歩く! ガイドブックに載っていないものに出会うため、私はそう心がけています。今回歩いたのは北海道釧路市阿寒湖温泉。そこでみつけたのは、偉大な作家たちによる街中の彫刻、阿寒湖ならではのデザイン、観光地ならではのゆる〜い創作物の数々でした。 文様がペイントされた、阿寒湖アイヌシアター「イコロ」の宣伝カー。味わい深い…! 街歩きの前に、地図を確認! 国立公園・阿寒湖の南部に位置する阿寒湖温泉街。湖畔に面したホテルや商店街を中心に、1日あればぐるりと歩ける小さな街です。まずは阿寒湖のアイヌ文化にふれられる「阿寒湖アイヌコタン」を歩いてみましょう。 阿寒湖アイヌコタンを歩く […]

旅と食
60分で神秘的な自然とアイヌの音楽と巨大まりもを楽しめる!阿寒湖の早朝遊覧船がサイコーだった

早起きが苦手な人も阿寒湖へ訪れたら絶対これだけは体験してほしい〜! 和樂web編集部おすすめ、早朝6時発の「阿寒湖マリモクルーズ」。その見どころをレポートします。 阿寒湖って、どんな場所? 北海道釧路市、釧路空港から車で60分の場所にある阿寒湖温泉。街の名前にもなっている阿寒湖は国立公園に指定されており、周辺には今も雄大な自然が残されています。 冬はスキー客で大賑わい。奥に見えるのが阿寒湖と雄阿寒岳(おあかんだけ) また街の中心部には120人ほどのアイヌの人々が暮らす、北海道最大の「アイヌコタン(集落)」があります。民芸品店や展示施設などが立ち並び、毎年観光客が多く訪れます。 そしてもうひとつ […]

旅と食
国立公園でナイトウォーク!? テーマパーク級のおもしろさ!アイヌ文化を満喫するなら阿寒へGO!

漫画『ゴールデンカムイ』を読んだあと、たまたま訪れることになった北海道釧路市阿寒湖温泉。これが、アイヌ文化を体験できるだけでなくエンタメ感たっぷりで、ものすご〜く楽しかった! そこで今回はアイヌ文化に興味のある方へ全力でおすすめしたい、阿寒湖温泉の観光スポットを4つご紹介します。 阿寒湖温泉ってどんな場所? 北海道、釧路空港から車で約1時間。国立公園にも指定されている阿寒湖は、球状マリモの生育地として世界的にも有名で、ヒメマスの原産湖としても知られています。 そんな自然豊かな湖の南側に位置する阿寒湖温泉は、宿泊施設や商店街が集まり、国内外から注目を集める一大観光地となっています。 1.北海道最 […]

全18件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介