日本文化の入り口マガジン和樂web
6月30日(木)
国は力で支配することはできるが、人の心は力で支配することはできないんだ。(チンギスハン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月30日(木)

国は力で支配することはできるが、人の心は力で支配することはできないんだ。(チンギスハン)

読み物
Travel
2022.02.28

「そうめんゆでるな!」チャンネル登録者数37.5万人、 75歳のユーチューバー川原恵美子さんって誰だ?

この記事を書いた人

「そうめんゆでるな!」。
今まさにそうめんを湯がこうとしていたアナタ。ちょっと待った!YouTubeで大バズりした動画「そうめんゆでるな」をご覧頂きたい。登場するのは香川県在住「田舎そば川原」店主の川原恵美子さん。驚くことにスタートしてわずか1年でチャンネル登録者数32万人を突破し現在は37.5万人。総再生回数1650万回以上、現在75歳の現役のユーチューバーだというのです。料理のYouTubeチャンネルは数あれど、その独特のキャラが癒やしにもなるという噂を聞きつけ、我々取材班(1名)は香川県と徳島県の県境に近いまんのう町に向かいました。

いやいや、そうめんゆでないってどういうこと? 続きめっちゃ気になるわ。

独特のゆるさが料理が苦手な人にも大人気

香川県の中心部から車で約1時間。のどかな田園地帯がどこまでも続くまんのう町に佇む「田舎そば川原」の看板を発見し、お店に伺いました。
「いらっしゃい~」にこやかな笑顔で出迎えてくれたのが店主であり今話題のユーチューバー川原恵美子さんです。
「田舎そば川原です。よろしくお願いします」とスタートする川原さんの料理動画はその独特のほっこり&ゆるいムードが好評で『週刊さんまとマツコ』(TBS系)をはじめとして多くのメディアからも注目されるまでになりました。

壁掛け扇風機の横に無造作に飾られた人気ユーチューバーの証、銀の盾
私の思ってる「銀の盾の飾り方」となんか違う!(笑)

自家製の手打ちそばの美味しさに自然発生的にお店がオープン

川原恵美子さんは宮大工の家に生まれ、2歳から香川県まんのう町で育ち、21歳の時に農家を営む川原則行さんと結婚。2人の男の子に恵まれ農業の傍ら、結婚式場や老人介護施設の職員として働き、夫の親族を含めた10人ほどの大家族の身の回りの世話、家事に明け暮れました。元々何事に対しても研究熱心で勤勉家だった川原さんは30代できのこの研究に没頭。生食できるマッシュルーム、ブラウンマッシュルームの栽培を研究し、成果を発表すると地元の新聞に掲載されたりしたそうです。

何でもできる方なんだなぁ。スゴイ。

訪問介護の仕事をしていたとき、利用者のために作っていた昔ながらの手打ちそばが評判になりました。香川県はうどんが有名ですが、川原さんの住むまんの町周辺では昔からそばの栽培も盛んで、各家庭では普通にそばを打って食べていたそう。
頼まれてそばをふるまっているうち、店を作って欲しいという声が高まり、知人が不要になった建築現場の建物を持ち込んで「田舎そば川原」が誕生しました。椅子やテーブル、看板に至るまで周囲の好意で集まってきたそうです。

素朴な手打ちそばが大人気

お店には口コミでたくさんのお客さんが集まるようになりました。
川原さんは当時を振り返って「店を開けたのもこれまで頑張ってこられたのは地域の皆さんのおかげ。何か恩返しできることはないかと考えていたとき、お店の常連さんでもあった地元のケーブルテレビ局のスタッフから“川原さんの料理はどれも美味しいからYouTubeで配信してみませんか?”とお話をもらいました。これまで子どもや家族のために作ってきたレシピを何らかの形で残したい、という思いもありました。ただYouTubeが一体何なのかわからないままスタートしました」。

何なのかわからないけど始める。そのチャレンジ精神見習います!!

時間がたってもくっつかない驚きの「そうめんゆでるな」動画が大バスリ!

最初の配信で作ったのは「ミョウガの甘酢漬け」。再生回数は20回ほどでしたが川原さんは「20人も見てくれたの?という思いでした」と嬉しかったそうです。
川原さんのレシピの特徴はどこの家庭にもある食材や調味料、調理器具で作れること。そして極力少ない行程で作れること。

それ、めっちゃ重要!!

川原さんの名前を一躍有名にした動画が「そうめんゆでるな」。なんとも衝撃的なタイトルですがこれもこれまでの経験から生まれたもの。
「昔は今と違ってスイッチ1つで火が着くことなどなく、かまどの火は貴重なもの。ご飯を炊いた後のおくどさんに残った火で沸かした湯にそうめん入れ作っていた昔の知恵」。
実はこの作り方で作ると、信じられないことに1時間たっても2時間たっても出来上がったそうめんはくっつくことなくツヤツヤのまま。今までの作り方から目からウロコだと大きな反響を呼びました。

本当に目からウロコ落ちました。ぜひYoutube見てほしい!!

川原さんの動画が人気を集めている理由は他にも。料理研究家の先生たちの動画はオシャレなキッチンにキレイな器、上等な調理器具が並んでいますが川原さんはお店の傍らのスペースで、普段使っている調理器具や器を使っており、料理上手なおばあちゃんの家で教わっているような気持ちになれることも人気の秘密。
さらにハードルの高い調理はほとんどなく、1~3工程程度で終了する簡単さも初心者や料理が苦手という人にも親しみやすいのもポイントです。

人気ユーチューバーの収録現場に潜入


YouTube動画の収録現場を特別に取材させてもらえることになりました。撮影と編集を担当している株式会社NCGroupのスタッフは「飾らない川原さんそのままの人柄が伝えられるよう、演出などは一切なし。視聴者に分かりやすく伝わるように編集をしているだけ」とのこと。おなじみの「田舎そば川原です。よろしくお願いします」のフレーズから収録がスタート。

調味料や材料を入れている器も普段使っているものを利用しているのでほっこりの極み。長年大切に使っている鍋やフライパンなどの調理器具も肩肘張らずに作れそうな印象を受けるのではないでしょうか。香川県の方言、讃岐弁独特の柔らかいトークも動画のオリジナリティに一役買っています。

エプロンや三角巾などファッションもかわいい……♡

レシピ本も発売。75歳、夢はまだまだこれから

出来上がった料理は毎回川原さん自身が試食し美味しさを伝えています。川原さんに美味しい料理を作るコツを聞いてみました。「美味しくなれと思いながら作ること。料理は芸術でありロマン」と川原さん。もうひとつ、料理研究家・川原恵美子ではなく「田舎そば川原」を名乗る理由について聞いてみると「今までもこれからも全ては周囲の人たちのおかげ。皆が支えてくれているこの店から発信するYouTubeという意味ですよ」と話してくれました。

そして1月31日には珠玉のレシピをまとめたレシピ本『「田舎そば川原」恵美子さんの料理帖』(1,540円)の発売に続き、『ひとつひとつ、たいせつに。75歳のユーチューバー・恵美子さんが見つけた幸せ術』も4月に発売予定。YouTubeをきっかけにレシピだけでなく生き方にも注目が集まっている川原さん。収録を終えると明日のお蕎麦や人気のお漬物の仕込みに取りかかっていました。75歳、夢はまだまだこれからも叶いそうです。

川原さんのファンになっちゃいました! 本も買いますッッ!!!

田舎そば川原

香川県仲多度郡まんのう町炭所東3239-1
☎0877-79-2670
営業時間:10:00~16:00
定休日:金曜日
YouTube:田舎そば川原 公式YouTube
Twitter:田舎そば川原公式Twitter
Instagram:田舎そば川原公式Instagram

書いた人

せとうちに暮らすカエル好きライター。取材先に向かう山道で迷いイノシシに遭遇した経験あり。京都国立博物館トラりんの強火おたく。ジャニヲタ。No J No Life。HP:https://ww-kitamura.com/ Twitter:@yukkisetouchi