CATEGORY

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

閉じる

Travel

2023.06.12

凛とした佇まいに寛ぐ喫茶店。京都「直珈琲」【茶味こそが京都!】

特集 茶味こそが京都! 第九弾は、京都の喫茶店「直珈琲(なおこーひー)」をご紹介します。

特集「茶味こそが京都!」一覧はこちら

凜とした味と居住まいで京都を愛する粋人たちを魅了する 「直珈琲」

茶味ある珈琲店として必ず名前があがるのが、静寂に包まれるようにあるここ。渡邉直人さんが主のカウンター6席の店は、優れた〝見立て〞に出合える店です。

右/ケニア、ブラジル、グァテマラ、コロンビア配合の「ブレンド」600円(税込)を。カップはその都度渡邉さんが選んでくれる。この白い器は昭和初期の瀬戸。絶品のお手製チーズケーキ500円(税込)とともに。

ごく小さな店の玄関にあえて設えられた床飾り、ほのかに光が差し込むカウンターの奥の土壁に毎日いけられる花、最初に出されるお冷が京都の美味しい地下水であること…。京都で一目置かれる「古美術 佃」の佃達雄さんの薫陶を受けた珈琲店には、京都の小さな贅沢が詰まっているよう。

左/ハンドドリップの珈琲を待つ時間も贅沢。右/取材の日、瀬戸の御深井焼に侘助椿がいけられて。

「深煎りでも軽やかな味」を目ざした自家焙煎のブレンドは、香り高く、奥深いのに透き通るような感じの美味しさ。一瞬気構えてしまいそうですが、「最近ますます〝いい加減〞が身について(笑)」と、実は程よい距離感が保たれて心地いいのもこの店の魅力です。

直珈琲 なおこーひー

住所:京都市中京区恵比寿町534-40 
電話:なし 
営業時間:11時30分~20時(閉店) 水曜休 
※Twitter(@KYOTO_NAOcoffee)で営業時間の情報を更新

撮影/伊藤 信 構成/川村有布子、福持名保美(本誌)※本記事は雑誌『和樂(2021年4・5月号)』の転載です。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

川端康成も太宰治も夏目漱石も。文豪はみんな温泉好きな理由を探る「コラム3」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

和樂web編集部

四季折々の景色を届ける京菓子店。京都「亀屋良永」【茶味こそが京都!】

和樂web編集部

〝寿司の神様〟の味が復活! 職人の技がさえわたる名店・2「たこ竹」【あっぱれ! 大阪寿司!! part4】

和樂web編集部

日本固有の「温泉・混浴」文化は世界にどう許容されたのか?「コラム2」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア