日本文化の
入り口マガジン
11月25日(水)
権威は尊敬に値しない(ファインマン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(水)

権威は尊敬に値しない(ファインマン)

読み物
Travel
2019.10.03

北海道旅行にフェリーがおすすめな3つの理由!名古屋、新潟、八戸などから北海道へ

この記事を書いた人

おいしいものばかりの秋、冬のスキーシーズン。北海道はこれからの季節も魅力が盛りだくさんですよね!飛行機で行くのも、新幹線で行くのもスピーディーで良いですが、たまにはゆったりとフェリーを利用して見るのはいかがですか?

お手頃&ゆったり!フェリー旅3つのおすすめポイント

実は北海道に向かうフェリーは日本のあちこちから出ています。舞鶴、新潟は小樽へ。敦賀、名古屋、仙台、大洗などは苫小牧(とまこまい)に。八戸からは室蘭(むろらん)に向かうことができますよ。各フェリー会社をご参照ください♪
今回は商船三井フェリーが運航している「さんふらわあ」の夕方便に乗船してきました!

【その1】お手頃価格で北海道へ行ける♪


何と言っても大洗から苫小牧まで、最低1万円前後で行けるのが大きな魅力。ハイシーズンでも比較的リーズナブルに旅をすることができます。19:45に大洗港を出発し、翌日13:30に苫小牧に到着する「夕方便」と、01:45に出発し、19:45に到着するの「深夜便」の二種類。深夜便はカジュアルなコンパクトタイプで、寝るだけ!という方におすすめ。 ※通常運航時標準時間

夕方便の旅客定員はなんと590名!大型船なので、部屋数が多いのもポイント。予約が取りやすいですね。

また、北海道を車やバイクで走りたい!という方にも船旅はおすすめです。レンタカーを使うことなく、慣れた自分の愛車で北海道を旅行できますよ。

【その2】船内を歩き回れる!腰が痛くならない長旅

旅行のさい、長時間座っていて腰が痛い!と思うときはありませんか?せっかくの旅行なのに、くたびれてしまうのはもったいないですよね。フェリーの旅ならば、船内は自由に動くことができるので、「ずっと同じ姿勢は疲れる」という方にぴったりです。船内には浴場やマッサージチェアも完備!思い切り身体を休めてみるのも、旅行の醍醐味が味わえますよ。

夕方便にはキッズルームがあるので、お子さま連れにも◎広い船内を探検していれば時間があっという間に過ぎてしまうかもしれません!

【その3】船内設備が大充実!移動が「旅の楽しみ」の1つに

「さんふらわあ」の船内にはサウナ付きの浴場があります!海を眺めながら入る大きなお風呂は格別。リンスインシャンプー、ドライヤーも完備しているので、荷物を増やしたくない方でも心配ありません。

また、夕方便にはレストランもあり、夕食・朝食・軽食が用意されています。夕食はメインを選び、ごはんやサラダ、お味噌汁、果物、ドリンクバー、それにソフトクリームをバイキング方式で楽しめて1570円!朝食とのセット券2500円もありますよ。

トンカツをチョイス。かなり種類があったバイキング

売店ではオリジナルグッズや軽食を販売。さんふらわあ号限定のハローキティコラボグッズなど、レアな商品もたくさん揃っています。オリジナルポロシャツは多くの方が手に取って見ていました♪

フェリーの旅は、移動中を旅の一部として楽しめます!お部屋の種類も豊富なので、一人の気楽な旅から、数人でのワイワイ旅行まで、旅の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

東京駅から大洗まで直通バスもあり!ひたすら寝るのもおすすめ

フェリーには電話やインターネット、窓口で予約をすることができます。インターネット予約には割引もあり!(一部インターネット予約不可のプラン有)
「予約番号」と「アクセスキー」を受け取ったらいよいよ乗船です!

東京駅のバス乗り場。レーンはいくつかあるので注意です

今回は東京から大洗までのバス、苫小牧から札幌駅までのバスがセットになった「パシフィック・ストーリー」というプランを選択しました。
大洗までは水戸でバスを乗り継ぎますが、2018年7月に直通バスが運行開始!大洗までのんびり向かうことができます。私はぐっすりと寝落ちてしまい、気が付いたら大洗でした。こちらのバスは席予約ができませんので、乗車時間にはどうぞお気をつけください。

いよいよ乗船!まずは車・バイクと乗船する方から

フェリーターミナルの一階で乗船手続きを済ませたら、「乗船券」がもらえます。二階で上がって、乗船アナウンスを待ちましょう。窓から港の風景が見えて期待が高まります!
乗船のさいは車、バイクの方々が先に入ります。二回アナウンスがあるので、ご自分の番をお聞き逃しなく。

ここでしか味わえない旅がある!充実船内設備

乗船したら、部屋に向かいます。部屋のクラスは専用バルコニー付きの「スイート」から、リーズナブルな「ツーリスト」までさまざま。私はカプセルホテルのような「コンフォート」をチョイスしてみました。

入り口にはシーツ、客室スリッパ、イヤホンが置かれています。枕元には明かりとコンセント、リモコンと鏡が。その向かいには大きめのテレビがついています!コンセントそばのジャックにイヤホンを差し込めば、寝ながらテレビを楽しむことができますよ。海上なので多少電波状況が悪い時もありますが……どうしても観たかったラグビーワールドカップの試合が海の上で見れるなんて感激でした!

廊下にはカギ付きのロッカーがあります。数に限りはありますが、冷蔵したまま保管できるロッカーも。ペットボトルや保冷バッグが入っているのが見えました。
自動販売機は24時間稼働しているので、ショップが閉まったあとも飲み物など買うことができますよ。

また、週末便では船上イベントを開催。今回はバルーンアーティストさんがバルーンを作ってくれていました!他、ミニライブなどが行われるときもあるようです。

スロットマシーンなどが置かれたゲームコーナーもあるので、暇つぶしがしたいという方にも◎

岸が見えます。「日本の夜明けぜよ」と呟いてみましたがこれは坂本龍馬ですね

もちろん、デッキにも出られますよ。夜、晴れていれば星空と海の音を楽しむことができ、とてもロマンチック!
何だか酔いそう……というとき、潮風に当たって気分転換できます。

雲があったので、とっても神秘的でキレイな朝日が見れました!

早起きすれば朝日を「海の上から」眺められます!頑張って起きてみましたら、非常に感動しました。そのあと、お風呂が開いた時間を見計らい、朝日に照らされる海を眺めつつ朝風呂!得も言われぬぜいたく感がありましたよ。

さらに二度寝すると、もう気分は王様です。

心にくい!と思ったのが、女子トイレに「パウダールーム」と呼ばれる、着替え用の個室があったこと。ドライヤーが備え付けられた化粧台もあるので、朝ゆっくりと大きな鏡でメイクすることができました。女性には嬉しいですよね♪

北海道へのワクワク感が高まる!のんびり船旅で心ものんびり!

苫小牧に到着したら、またバスに乗ります。水戸や大洗とは違う風景を楽しみながら札幌駅に向かうことができました!18時間の旅、無事終了です。

フェリーの旅、とても楽しかったです。最初は酔うかな?と不安になりましたが、乗り物に弱い私でもすぐに慣れましたよ。
Wi-Fiはありますが、テレビ同様、海の上なので携帯電話やパソコンはほぼ圏外。でも逆にこれがとてもよかったです。
せわしない日常を忘れて、徹底的にのんびりすることができました。船がどこを走っているか表示するモニターがあるので、北海道へのワクワク感がますます高まります♪
旅の時間をもゆったりと楽しむことができるフェリーの旅、ぜひ体験してみてください!

商船三井フェリー さんふらわあ 

書いた人

歌舞伎を着物で観つつ和菓子を食べ茶を点て過ごす日々。実はTOEIC910点だが、あまり活用していない。旅行とコスメと本が好き。ラグビーとプロレスで叫んでいることもある。今日も漫画は面白い。