日本文化の入り口マガジン和樂web
12月9日(木)
考えれば考えるほど、人を愛すること以上に芸術的なものはないということに気づく(ゴッホ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月9日(木)

考えれば考えるほど、人を愛すること以上に芸術的なものはないということに気づく(ゴッホ)

読み物
Culture
2020.10.10

クイズ!体を舐めるだけで若返る生き物って何?ヒントはあの昔話

この記事を書いた人

若返り・アンチエイジングは、私たち人間の永遠のテーマです。太古の昔より「不老不死」を求める人は後を絶ちません。

近年は美容技術の発達により、さまざまなアンチエイジング方法が見られるようになりました。しかし、どれも時間やお金がかかるもの。「もっとカンタンに若返れたらいいのにな~」なんて思っている方も多いのでは? ※私もそのうちの一人です。

そんなあなたに朗報! なんと、体を舐めるだけで若返る生き物がいるのです。さて、その生き物とは一体何でしょうか?

体を舐めるだけで若返る生き物とは?

舐めるだけで若返る生き物。正解は……「人魚」でした!

江戸時代の作家・山東京伝の書いた『箱入娘面屋人魚』によると、人魚の体を舐めるとたちまち若返るのだとか。それを知った人魚の夫・平次は妻を客に舐めさせ大儲け。自分も暇さえあれば舐めていたため、子どもに戻ってしまったのだと言います。

『箱入娘面屋人魚』著者:山東京伝 国立国会図書館デジタルコレクションより

ちなみにこの人魚、実は浦島太郎の娘なんです。「は?さっきから何を言っているのか全然わからないよ」と混乱してしまった方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

浦島太郎の子どもが人面魚遊女に!『箱入娘面屋人魚』のストーリーが斜め上すぎる

人魚を食べて800歳まで生きた女性

日本には、人魚を食べて800歳まで生きた「八百比丘尼(やおびくに)」という女性がいます。しかも、見た目は少女のように若々しかったのだとか。

本当か嘘かわかりませんが、人魚を見つけたら自分が若返るだけでなく、たっぷり大儲けできそうですね。

多彩な日本の人魚たち

人魚と聞いてどのような姿を想像しますか?きっと『人魚姫』に登場するような、上半身が美少女、下半身が魚の姿をした「マーメイド」を想像する方が多いでしょう。

しかし、日本の人魚は多種多様。

こちらは、マーメイド的な美しい人魚。

『観音霊験記 西国巡礼三拾二番近江観音寺 人魚』著者:広重,豊国 国立国会図書館デジタルコレクションより

こちらは、浦島太郎の娘です。

『箱入娘面屋人魚』著者:山東京伝 国立国会図書館デジタルコレクションより

えっ……怖!こちらも人魚なのだそう。舐めるのに勇気が必要ですね。

『梅園魚譜』著者:毛利大江元寿梅園白石瑛<毛利梅園>//撰輯 国立国会図書館デジタルコレクションより

とにかく、人魚を見つけたらぜひ舐めさせてもらいましょう。人魚の妻・平次のように、舐めすぎて子どもに戻ってしまわないよう、くれぐれもほどほどに。

▼続けてクイズに挑戦!
漢字クイズ!秋の田園で見かける「案山子」ってなんて読む?