日本文化の入り口マガジン和樂web
5月12日(水)
Love the life you live. Live the life you love. (ボブ・マーリー) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月11日(火)

Love the life you live. Live the life you love. (ボブ・マーリー) 映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2019.09.12

美白テクからニキビの治し方まで!江戸版おしゃれマニュアル『都風俗化粧伝』を読んでみた

この記事を書いた人

江戸時代に刊行された資料『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』。その中には、美白の方法、丸顔の化粧方法、ニキビの治し方など、現代の女性誌と同じような項目が並んでいます。
まさに「江戸版おしゃれマニュアル」!?
この記事では、『都風俗化粧伝』がどのような資料なのか、作者や出版された時代背景に触れながら、その内容を簡単にご案内します。

『都風俗化粧伝』とは?

江戸後期、文化10(1813)年に出版された、化粧法を中心とした総合美容読本です。
著者は佐山半七丸(さやまはんしちまる)。「江戸時代の美容家」という説もありますが、経歴の詳細は不明です。
書名の「化粧(けわい)」は、「けしょう」よりも広い意味を持ち、この本では「全身の装い」の意味で使われています。

『都風俗化粧伝』の構成

『都風俗化粧伝』は、上中下3巻3冊。
上巻は「顔面之部」、中巻は「手足之部」「髪之部」「化粧之部」、下巻は「恰好(かっこう)之部」「容儀(かたちつくり)之部」「身嗜(みだしなみ)之部」で構成されています。

本の内容は多岐にわたり、顔・からだ用の化粧品や薬の処方、欠点をカバーする化粧のノウハウ、顔型別の化粧法、美しく見える立ちふるまい、帯の結び方、かぶりものの種類など。京都の浮世絵師・速水春暁斎(はやみしゅんぎょうさい)の挿絵つきで紹介しています。

建前では礼儀としての化粧を意識させつつも、「この本のとおりにすれば、たとえ醜くても、たちまち美人になれる」といった女性のおしゃれ心をそそるフレーズがちりばめられています。

時代を超えたロングセラー

京都で出版された『都風俗化粧伝』は、京都・大坂・江戸の三都で販売されました。
明治になると『女子風俗化粧秘伝』と改題。大正12(1933)年の関東大震災で版木が消失するまで版を重ね、110年にわたる超ロングセラーとなりました。『都風俗化粧伝』は約1世紀にわたり、多くの女性たちに支持され、活用されていたのです。

男性版の発刊も予定されていた?

なお、巻末に、『都風俗化粧伝』後編と男性版ともいうべき『競風俗美男鏡(くらべふうぞくびなんかがみ)』の近刊予告がありますが、いずれも刊行に至らなかったようです。

顔面之部/スキンケア

顔の造作の欠点をいかにして補い、美しく見せる方法と顔の疾(やまい)を治す薬の法を紹介しています。
具体的には、顔の色を白くして光沢(つや)を出す方法や薬の処方、低い鼻を高く見せる化粧法、大きい目を小さく、あるいは小さい目を大きく見せる方法、広い口を狭く見せる方法、厚い唇を薄く見せる化粧法、丸顔を面長に見せる方法など。

その内容からは、当時の美人の基準がどういうものであったか、女性が美しくみせるため、どのようなことを気にかけていたかがわかります。

『都風俗化粧伝』より

江戸時代の美人は「色白」

江戸時代は、「色白」が美人の第一条件でした。
「顔面之部」の頭書にも、

人生まれながらにして三十二相揃いたる美人というのは至って少なきもの也。化粧の仕様、顔の作りようにて、よく美人となさむべし。その中にも色の白きを第一とす。色のしろきは七難かくすと、諺にいえり。

とあり、「美人のありようは、色が白いことが第一である」と言い切り、「色が白ければ、多少難があってもその難を隠してくれる」と述べています。

このため、江戸の女性は、白粉の塗り方にこだわっていただけではなく、美白スキンケアも行っていたのです。

白い肌を保つ苦労

現代と比べて医療技術が低かった江戸時代は、はやり病の疱瘡(ほうそう、天然痘のこと)にかかれば、命は助かっても顔にあばたが残ることがありました。皮膚病が多かっただけでなく、白い肌を求めて使われた鉛白粉(なまりおしろい)は、その毒性により、大量に使い続ければ慢性中毒をおこし、貧血で顔色が悪くなることもありました。

現代と比べれば医療技術の低かった江戸時代は、肌のトラブルも多く、江戸時代の女性にとって、きめ細かくつやのある白い肌を保つことは、現在よりもはるかに難しかったに違いありません。

『都風俗化粧伝』より

手足之部/ボディケア

手足の悪い癖を隠して美しくしなやかに見せる方法、手足にある病気を治す方法について紹介しています。
手足にある病とは、手先の荒れ、ひび、あかぎれ、霜焼け、腋臭(わきが)など。顔の化粧をきちんと行っても、「手足荒れて節くれだっていたり、指が太く、爪が伸びて垢がたまっているようでは興がさめる」ことから、見苦しいこれらの病は早めに改善しなくてはいけなかったのです。

美しい歩き方や美脚マッサージ方法も!

また、「内わに(内股)」「外わに(外股)」を直して歩き方を美しく見せる方法を挿絵入りで紹介しているほか、「手足を白く光沢(つや)を出し、太きを細くしなやかにする伝」では、指先から丁寧にもみほぐすといった方法を紹介しています。

『都風俗化粧伝』より

髪之部/ヘアケア・ヘアアレンジ

頭書で、

それ、髪は身体の上(かみ)にあるゆえ髪という。他より見るにも、まず頭(かしら)に目につくものなれば、面容(かおかたち)はよくとも髪の結(ゆ)いようあしく、あるいはとり乱したるなんどあるは、その人の心ばえしられて、いと見苦し。

と、髪をきちんと結うように説いています。
その上で、髪の結い方については、「丸顔の人は髷(まげ)を小さく結う」「顔の小さい人は髪を少し大きく結う」「面長の人は鬢を平たく作る」など、顔の形にあった髪の結い方を紹介しています。

江戸時代は、黒く光沢(つや)のある髪が美しい髪とされていました。「美しくつやのある髪になるための洗い方」「髪を黒くしてつやを出す薬」「白髪を黒くする方法などのヘアケアの方法」などが掲載されています。

三代歌川豊国「江戸名所百人美女 芝神明前」 国立国会図書館デジタルコレクション
上半身裸の女性が金盥(かなだらい)に水を入れ、髪を梳いています。

化粧之部/メイク

紅・白粉のつけ方や美しく見せるための化粧のテクニックを秘伝として紹介しているほか、眉の作り方、お歯黒のつけ方を紹介しています。

渓斎英泉「当世好物八契」 国立国会図書館デジタルコレクション
浮世絵に描かれた娘の下唇は緑色をしており、文化・文政期に流行した笹色紅をあらわしています。

白粉をする伝

江戸時代の女性たちが一番気を使っていたのは、白粉による化粧でした。
白粉を水で丁寧にといて、顔全体だけではなく、耳・首筋・胸元までムラにならないよう、また、塗ったか塗らないかがわからないよう丁寧に塗ること。そのためには、「化粧をするには、まず白粉をとくことを第一とすべし」と言い切り、その理由を「どのように手際よく化粧をしても、白粉のとき方が悪ければ、白粉が浮いて粉がふいたようになり、のびが悪く、光沢を失って見苦しい」としています。
浮世絵にも、胸元を大きく広げて化粧する女性の姿が描かれています。

国貞改二代豊国「百人一首絵抄 四 山辺赤人」 国立国会図書館デジタルコレクション

既婚女性の身だしなみ・お歯黒

江戸時代、お歯黒は女性の元服(成人の儀式)に際して行われる化粧となりました。江戸時代中頃からは、結婚に前後してお歯黒をするようになり、お歯黒をつけるのを半元服、子どもができて眉をそるのを本元服と言いました。黒はほかの何色にも染まらないので、「貞女二夫にまみえず」、すなわち貞節の証と考えられ、お歯黒は、夫に対する貞節を説く儒教の教えにかなった化粧法だったのです。

「鉄漿(かね)をつける伝」では、

鉄漿をつけんと思うまえ、けし炭(火を水にてけしたるすみ也)にて歯を静かに磨(す)り、よく磨(みが)きて下地の鉄漿(おはぐろ)をよく去り落し、歯の間のかすをさりてのち、鉄漿をつくれば、よく付きて光沢(ひかり)あり。なお、その上につやを増さんと思わば、鉄漿をつけたる上へ紅をぬれば色光沢(いろつや)よし。

と、お歯黒を綺麗に塗る方法を紹介しています。

『都風俗化粧伝』より

恰好之部/ポイントメイク

様々な顔立ちの図を掲載し、その下に、「この顔立ちには、おしろいを薄く施すべし」「頬に薄く紅をさして桜色になるがよし」「眉は少しふときがよし」「紅は濃く、大きく見する作りかたがよし」などのように、紅・白粉のつけ方など、顔立ちに合った化粧方法と、髪型を具体的に紹介しています。
その上で、「顔立ちは一人一人違うので、ここで紹介した方法を参考にして、それぞれが自分の顔に合った化粧をする」ことを勧めています。

容儀之部/コンプレックス解消法

顔型や顔立ちに応じた化粧の仕方や帯の結び方などを挿絵付きで紹介しているほか、髪型や化粧、身のこなし方によって身体の様々な欠点をカバーして美しく見せる方法を紹介しています。
「背が低いのを高く見せる方法」「背が高いのを人並みに見せる方法」「首すじの短いのを長く見せる方法」「いかり肩をなで肩に見せる方法」などが掲載されています。

「背の低きを高う見する仕様の図」(『都風俗化粧伝』より)
 かみはつとの上がりたる結いようよし。
 首筋を高く立てるけしょう首の短きを長く見するしようにあり。
 身を少しそる心もちにすべし。
 かたを両方そろうべし。
 腰はのするごとくにすべし。

身嗜之部/身だしなみ・マナー

頭書の冒頭に

女の身の嗜みのよしあしにて、その人の意気(こころばえ)よく見ゆるものなれば、心を用い身だしなみを専一とすべし。身嗜みのあしきは大いに気圧(けおと)されて謾(あなど)られ、笑われるもの也。

とあり、様々な身だしなみの方法とその注意点を紹介しています。
「身に汗の出ずるをとむる伝」「衣類の汗臭きにおいを去る伝」「口の臭(くさ)きを治する伝」「久しく座してしびりのきれたるを治す伝」「欠(あくび)を止(と)むる伝」という項目もあります。

江戸のファッションリーダー

当時、髪型や化粧、衣装などに絶えず工夫をこらし、ファッションリーダーとしての役目も果たしていた歌舞伎役者。化粧品の販売や宣伝にも一役買っていました。

延宝(1673~81年)頃に活躍した名女形・上村吉弥(かみむらきちや)は、「吉弥結び」という帯結びや、「吉弥帽子」「吉弥笠」などのかぶりものを流行させます。引退後には、京都四条通りに白粉店を開き、自分の名前をつけた「吉弥白粉」で繁盛したとか。

『都風俗化粧伝』より (左)吉弥結び (右)文庫結び

『都風俗化粧伝』を読むには?

『都風俗化粧伝』は、江戸時代のおしゃれや美意識などを知ることができる、貴重な資料です。
この記事の作成にあたっては、東洋文庫版『都風俗化粧伝』を参考にし、一部、書き下し文を引用しました。
『都風俗化粧伝』は、資生堂企業資料館、大空社から復刻版が出版されているほか、早稲田大学図書館のサイトで、坪内逍遥旧蔵本『都風俗化粧伝』(明治期に愛文堂から出版されたもの)を見ることができます。
 早稲田大学図書館 『都風俗化粧伝』

あわせて読みたい↓
ぱっちり二重は見苦しい!江戸の流行メイクを徹底検証してみたら?

主な引用・参考文献

書いた人

秋田県大仙市出身。大学の実習をきっかけに、公共図書館に興味を持ち、図書館司書になる。元号が変わるのを機に、30年勤めた図書館を退職してフリーに。「日本のことを聞かれたら、『ニッポニカ』(=小学館の百科事典『日本大百科全書』)を調べるように。」という先輩職員の教えは、退職後も励行中。