長いけど読むしかない!だって新選組のすべてがわかるんだから!

長いけど読むしかない!だって新選組のすべてがわかるんだから!

目次

コンコンチキチン、コンチキチン。京都の夏を彩る祇園祭(ぎおんまつり)のお囃子(はやし)が流れる中、額に鉢金(はちがね)、袖(そで)を山形に白く染め抜いた揃いの羽織を着る武士たちが、旅籠(はたご)に踏み込むシーンを映画やドラマで観たことがある人も多いでしょう。幕末に起きた、新選組(しんせんぐみ)池田屋(いけだや)事件です。

新選組といえば、彼らを主人公にした小説やコミック、ゲームが多数あり、脇役としても数々の作品にキャラクターが登場しますので、ご存じの方も多いとは思いますが、一方で新選組って何? 池田屋事件?? という方もきっといらっしゃるはず。今回はそんな方でも楽しめるよう、新選組と池田屋事件について入門的に解説。さらにドラマと実際の違いなどについても紹介します。

「亭主はおるか。御用改めであるぞ」
祇園祭の宵々山(よいよいやま)である元治元年(1864)6月5日は、現在の7月8日にあたりました。京都に潜伏する浪士たちの不穏な企(たくら)みを察知した新選組は、その夜、二手に分かれて市中を探索し、近藤勇(こんどういさみ)率いる一隊が、三条の旅籠池田屋に多数の浪士らが集まっていることを突き止めます。近藤らは即座に、踏み込むことを決断・・・。小説や映画、テレビドラマでもおなじみの新選組による池田屋事件ですが、実は多くの場合、様々なフィクションをまじえて描かれています。本記事では新選組の実際と、池田屋事件とはどんなものだったのかを入門的に解説します。

新選組はなぜ結成されたのか

「新選組とは何か」をひと言でいえば、幕末の京都で治安維持、反幕府活動の取り締まりにあたった警察組織です。また反幕府勢力が武力蜂起をすれば、幕府方の一部隊として戦う武装集団でもありました。隊には腕利きの剣士が多く、史上最強の剣客集団ともいわれます

策士への反発から生まれた「壬生浪士組」

まず新選組誕生の経緯から紹介しましょう。池田屋事件が起きる前年の文久3年(1863)、江戸から14代将軍徳川家茂(とくがわいえもち)孝明(こうめい)天皇に拝謁(はいえつ)するため上洛(じょうらく、京都に上ること)することになります。当時の京都には全国から反幕府勢力が集まっており、将軍といえども身の安全はおぼつかない状況でした。

そこで幕府は、将軍の隊列を警護する、腕に覚えのある浪士を江戸で募集。230余名が応募し、浪士組として将軍に先立って2月に京都に上ります。ところが中心人物であった清河八郎(きよかわはちろう)は、幕府の呼びかけで集めた浪士たちを密かに反幕府活動に転じる策を抱いており、それを朝廷に認めさせました。清河は浪士組に、すぐに関東に戻るよう号令しますが、これに反発した人々が京都に残ります。それが近藤勇を中心とするグループと、水戸藩出身の芹沢鴨(せりざわかも)を中心とするグループの計17名でした。

近藤らは幕府の京都守護職(京都の治安維持や二条城・御所の警備を担当。従来の京都所司代や町奉行所を傘下に置く)を務めていた会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)の承認を得て、3月12日に会津藩お預かり(非正規雇用)という身分になり、宿所が京都壬生(みぶ)村であることから、「壬生浪士組」と称しました。これが新選組の前身です。

会津藩本陣が置かれた黒谷の金戒光明寺

会津藩から与えられた隊名「新選組」

その後、壬生浪士組は隊士を募集し、会津藩の下で京都市中の治安維持にあたりますが、8月18日に事件が起こります。朝廷の公家に取り入って反幕府活動を行う長州藩を、会津藩と薩摩藩が協力して追い落としたクーデター「8月18日の政変」でした。京都御所の門では長州藩と会津藩が一触即発(いっしょくそくはつ)の状況となりますが、壬生浪士組も駆けつけ、長州勢は引き上げました。この事件が翌年の池田屋事件の伏線となります。

壬生浪士組はこの時の働きが評価され、会津藩より「新選組」の名を与えられました。新選組はもともと会津藩にあった剣客集団の名で、武芸に秀でた藩士で構成されていたといいます。その名誉ある名を受け継ぐにふさわしいと認められたのでした。なお新選組の「選」の字は、「選」と「撰」のどちらも用いられています。

長いけど読むしかない!だって新選組のすべてがわかるんだから!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする