日本文化の入り口マガジン和樂web
6月21日(月)
自分よりできるやつに任せられるときには、迷わず任せることだ(ロバート・ウッドラフ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月21日(月)

自分よりできるやつに任せられるときには、迷わず任せることだ(ロバート・ウッドラフ)

読み物
Culture
2019.08.24

新選組「池田屋事件」の集合場所は?メンバーは?幕末の夜に起こったサスペンスを徹底追跡

この記事を書いた人

「俺たちだけでやろう」
副長土方歳三(ひじかたとしぞう)がうながすと、局長近藤勇(こんどういさみ)はうなずいた。

元治元年(1864)6月5日、祇園祭宵々山の夜。祇園囃子(ばやし)が響く中、会津藩(あいづはん)との申し合わせ時間を待たずに動くことを近藤は決断。近藤と土方は二手に分かれ、巡検を始める。やがて三条小橋西の旅籠池田屋に、近藤は尋常ならぬ気配を感じた・・・。

今年(2019年)の京都の祇園祭宵々山は7月15日。155年前の宵々山の夜、幕末を震撼(しんかん)させる事件が起こりました。新選組(しんせんぐみ)の池田屋事件です。本稿では池田屋事件の真相と新選組の戦いの実際を、これまで小説やドラマで描かれてきたエピソードとの違いにも注目しながら紹介します。

池田屋騒動之址碑

「維新史蹟 池田屋騒動之址」。そう刻まれた石碑の建つ、かつての旅籠(はたご)池田屋の跡地は現在、「池田屋はなの舞」という居酒屋になっています。全国の新選組ファンは京都市内の新選組ゆかりの史跡めぐりをした後、池田屋で打ち上げをするのが最近の定番コースなのだとか。私が新選組に関心を持ち始めた学生の頃、跡地はフライドチキン店でした。

当時、司馬遼太郎の作品をテレビドラマ化した「新選組血風録」や「燃えよ剣」などの影響もあり、新選組にはすでに一定のファンがいましたが、小説やドラマではまだまだアンチ・ヒーローとして描かれることが多く、「鞍馬天狗」あたりでは完全な悪役でした。しかしその後、大河ドラマとなり、今やコミック、ゲーム等で人気のキャラクターとなっています。

30年以上前の池田屋跡。バイクの右に石碑が見える

池田屋事件当日の流れ

古高俊太郎邸跡

前置きはこのぐらいにして、池田屋事件当日の新選組の動きを追っていくことにしましょう。新選組結成から池田屋事件直前までの流れは、本稿の前編にあたる「新選組の応募資格、知ってる? 誰もが知る剣客集団を超解説」にまとめましたので、先にご一読頂くと、よりわかりやすいかと思います。

放火、暗殺で大混乱?

流れを簡単におさらいすると、前年(文久3年)に起きた8月18日の政変で、それまで反幕府勢力の中心として京都朝廷に取り入っていた長州藩が、幕府の京都守護職を務める会津藩などによって中央政界から追われました。長州藩は巻き返しを図ろうとし、それに合わせて多数の過激派浪士が京都市中に潜伏。親幕府派の中川宮(なかがわのみや)の家臣や会津藩士を殺して恫喝(どうかつ)するだけでなく、風の強い日に御所周辺に放火、混乱の中で会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)や中川宮を暗殺するという噂が流れます。

新選組が出動

京都守護職会津藩お預かりの浪士組として治安維持にあたる新選組は、元治元年(1864)6月5日早朝、過激派浪士の中心人物の一人である古高俊太郎(ふるたかしゅんたろう)を捕え尋問したところ、放火の噂が実際の計画であることを知り戦慄(せんりつ)しました。折しも朝に古高の自宅で押収したばかりの武器類が何者かに奪われたと知らせが入り、新選組は一刻の猶予もならないと会津藩に連絡の上、過激派浪士を捕縛するために出動します。

八坂神社から見た祇園町会所跡。道を挟んだ角のコンビニの位置にあたる

とはいえこの時、新選組は総勢40人しかいません。実は数日前に、8人が脱走したと記録にあります。新選組といえば厳しい隊規があったことでも知られ、特に脱走は死罪でした。ところが当時、隊規はあくまで建前として隊士たちにとらえられていたようです。いざという時に困ったこの経験から、以後、隊規は厳しく適用されるようになりました。

また、過激派浪士らが囚(とら)われている古高を奪還しようと、壬生(みぶ)の新選組屯所を襲撃する恐れもあるため、副長の山南敬助(さんなんけいすけ)ら6人が屯所に残ることになり、出動人数は局長近藤勇以下34人になります。この人数で京都市中に潜伏する浪士らを見つけ出すことは至難であり、上部組織である会津藩の応援は不可欠でした。

新選組の集合場所は祇園町会所

5日午後、隊士らは、かたびらの下に撃剣(剣術)の胴をつけると、「これからみんなで京都の道場荒らしに出かけるのだ」と近所の人に言って、軽装でぶらぶらと屯所を後にしたといいます。過激派浪士の手の者に、新選組の出動を悟らせないためであったでしょう。壬生から彼らが向かったのは、四条通を東に真っ直ぐ進んだ先の、八坂神社前にある祇園町会所(町人たちの寄り合いの施設)で、ここを集合場所と決めていました。

映画・小説との違いはココ!

新選組には当時、幹部の副長助勤(ふくちょうじょきん)が率いる一番から八番までの組(小隊)の他に、諸士調役兼監察(しょししらべやくけんかんさつ)や勘定方といった部署もありました。勘定方は経理部門。諸士調役は過激派浪士についての情報収集、スパイ活動などを行い、監察は新選組内部で違法行為が行われていないか、目を光らせる役目です。そして諸士調役兼監察を務める副長助勤が山崎丞(やまざきすすむ)でした。

山崎が池田屋に潜入はフィクションだった!

この山崎が池田屋事件で大活躍したという話がよく知られ、小説や映画でも描かれています。具体的には、池田屋に浪士がよく出入りするので怪しいと見た山崎は、事件の数日前から薬の行商人に化けて泊まり込み、池田屋で浪士らの会合が行われることを突き止めて、新選組に知らせたというものでした。

話の元は子母澤寛(しもざわかん)著『新選組始末記』です。昭和3年(1928)に刊行された同書は、新聞記者だった著者が、新選組の面々を実際に見知った古老たちへの取材を中心にまとめた労作で、同書及び『新選組遺聞』『新選組物語』の三部作は、新選組研究の基本資料とされてきました。ところが内容は完全なノンフィクションではなく、創作が少なからず交じっていることが明らかになっています。山崎が池田屋に潜入したというエピソードも創作で、新選組が池田屋で浪士が会合することを事前に知っていた事実はありません。

会津藩本陣が置かれた黒谷の金戒光明寺

池田屋はターゲットじゃなかった

新選組と会津藩の間で取り決めていた出動時刻は、戌(いぬ)の刻(20時)でした。ところが刻限を過ぎても会津藩から連絡はなく、新選組は亥(い)の刻(22時)まで祇園町会所で待ったあげく、ついに単独出動を決断し、近藤隊は池田屋へ、土方隊は四国屋に向かったと従来語られてきました。しかし先述の通り、新選組は最初から池田屋や四国屋をターゲットにしていたわけではなく、事実とは異なります。

実際の会津藩との取り決めでは、出動時刻は戌の刻(20時)。新選組は会津藩兵の応援人数とともに四条から三条へ北上、会津藩は二条から三条に南下しつつ、浪士らのアジトと疑われる場所を探索していくというものでした。しかし、新選組が身支度を整えて、少しでも早く出動しようとしているのに対し、会津藩の素早い対応はなく、近藤と土方は新選組だけでも先に出動することを決断。予定よりも1時間早い、19時頃に出動したとされます。

一方、会津藩内では、新選組とともに出動することによって、長州藩との対立が深刻化することを懸念する声もあり、藩論がまとまりません。最終的には病床にあった藩主松平容保の指示で出動が決まりますが、実際に会津藩兵が捜索を開始したのは22時頃で、新選組との約束時間に大幅に遅れていました。結果的に近藤や土方の決断がなければ、池田屋の浪士らを取り逃がした可能性は高かったのです。

どのようにして池田屋に至ったのか

鎖帷子(くさりかたびら)。隊士たちの武装の一つ

34人の隊士の効率的な配置

新選組単独では探索をするのに十分な人数ではありませんでしたが、そうした中で近藤と土方は、34人の戦力を最大限に活かす効率的な配置を考えました。

まず34人のうち、近藤が9人、土方が23人を率いることとし、土方はさらに自隊を2つに分け、新選組は3小隊で出動することにします。また新選組には一番から八番までの組があり、それぞれを8人の副長助勤が組長となって率いましたが、その8人が近藤隊と土方隊に4人ずつバランスよく分かれました。すなわち近藤隊には沖田総司(おきたそうじ)、永倉新八(ながくらしんぱち)、藤堂平助(とうどうへいすけ)、安藤早太郎(あんどうはやたろう)、土方隊には井上源三郎(いのうえげんざぶろう)、斎藤一(さいとうはじめ)、原田左之助(はらださのすけ)、松原忠司(まつばらちゅうじ)というかたちです。そして土方隊の2小隊を、井上と松原がそれぞれ指揮することにしました。

夜の祇園界隈

出動から3時間後に池田屋へ

近藤が1小隊、土方が2小隊を率いることにしたのは、近藤隊が鴨川西の木屋町(きやまち)筋を探索するのに対し、土方隊が鴨川東岸の茶屋の多い縄手(なわて)通を担当するからです。もちろんやみくもにすべての家屋を改めるのではなく、ある程度、浪士らの出入りしそうな場所は目星をつけていたようですが、それでも近藤隊、土方隊ともに空振りが続きました。祇園の茶屋に踏み込んだものの、成果がなかった土方隊の記録が残っています。

四条から木屋町筋を探索しつつ北上した近藤隊が、三条の池田屋に到達したのは、亥の刻(22時頃)といわれます。出動から3時間が経過していました。池田屋に浪士たちが集結していることを、屋外から近藤らがどうやって知ったのかは記録にありませんが、多数が議論をしている声が外にもれていたのか、あるいは剣客特有の勘で気配を感じ取ったのか。いずれにせよ近藤は踏み込む前に池田屋の間取りを確認し、表口、裏口を3人ずつで固めさせます。その結果、屋内に踏み込むのは近藤を含めてわずか4人ということになりました。

集まっていた浪士たちの顔ぶれとは

宮部鼎蔵(御船町立七滝中央小学校蔵)

なぜ浪士たちは池田屋に集まっていたのか?

ここで池田屋にいた浪士たちに目を転じてみましょう。この時、浪士たちが会合を持った目的は、当日朝に新選組に捕らわれた古高俊太郎を奪還するための相談でした。壬生の新選組屯所を襲って、古高を救出しようという話が進んでいたのです。新選組が懸念した放火計画の相談ではなく、いわば新選組がまいた種で、浪士が会合する必要が生まれていたのです。

池田屋は、長州藩京都屋敷と密接な関わりのあった旅籠で、松下村塾(しょうかそんじゅく)出身の秀才ながら身分の低かった吉田稔麿(よしだとしまろ)などは、藩邸よりもむしろ池田屋を自身の拠点としていました。この日も吉田稔麿は、勝手のよい池田屋の2階を緊急の会合開催場所にして、同志たちに連絡を取ったと考えられます。

長州屋敷跡に建つ桂小五郎像

池田屋に集まったメンバーとは? 桂小五郎はいたのか?

集結した浪士らは、吉田稔麿が連絡を取った者を中心とする十数名と見られますが、実は確実な記録がなく、推定を交えておよそ次のようなメンバーであったと思われます。

【肥後】宮部鼎蔵(みやべていぞう)、宮部春蔵(しゅんぞう)、高木元右衛門(たかぎもとえもん)
【土佐】望月亀弥太(もちづきかめやた)、石川潤次郎(いしかわじゅんじろう)、野老山吾吉郎(ところやまごきちろう)、藤崎八郎(ふじさきはちろう)
【長州】吉田稔麿、広岡浪秀(ひろおかなみほ)、桂小五郎(かつらこごろう)
【その他】大高又次郎(おおたかまたじろう)、大高忠兵衛(ちゅうべえ)、西川耕蔵(にしかわこうぞう)、淵上郁太郎(ふちがみいくたろう)、淵上謙三(けんぞう)、大沢逸平(おおさわいっぺい)

このうち土佐の石川、野老山、藤崎の3人は、たまたま池田屋に立ち寄って同郷の望月と話をしていたところ、事件に巻き込まれ、また会合を準備した長州の吉田稔麿も、池田屋に泊まっていたので協力しただけで、古高奪還のための新選組襲撃論者ではなかったようです。

注目すべきは桂小五郎(のちの木戸孝允〈きどたかよし〉)で、出席していれば、肥後の宮部鼎蔵と並ぶ重鎮的な存在でした。桂は維新後、自らの談話で、池田屋に行ったものの時間が早かったせいか誰もおらず、出直すつもりで別の場所にいたところ事件が起きた、と語っています。しかし池田屋では早い時間から数人が集まっており、桂の話と矛盾するだけでなく、当時の長州藩士の手記には、「桂は池田屋から屋根を伝って対馬(つしま)藩邸に逃げ込んだ」とあり、藩士の中には桂を「臆病者」呼ばわりする者もいたようです。桂も会合に出席していて、いち早く逃げた可能性は高いといえるでしょう。

池田屋での死闘はどのようなものだったのか

池田屋二階と階段(イラスト:森 計哉)

映画やドラマで有名な「階段落ち」はあったのか?

池田屋の表口、裏口を固めさせた新選組局長の近藤勇は、4人で踏み込みます。メンバーは近藤以下、沖田総司、永倉新八、藤堂平助と一騎当千の剣士たちでした。結果的に十数名にわずか4人で立ち向かうことになりますが、近藤たちには迷いもひるみもなく、彼らの勇敢さと任務への責任感が伝わってきます。玄関先で永倉は、旅館には似つかわしくない槍や鉄砲がいくつも並べてあるのを見て、これをまとめて縄で縛ったと後に語っています。

「主人はおるか。御用改めである」。声を発したのは近藤か、あるいは年少の藤堂か。主人の池田屋惣兵衛(そうべえ)は近藤らを見て驚き、浪士たちに知らせようと二階に向かいます。近藤らはそれに続きました。映画などではここで一人の浪士が「何だ、何だ」と廊下に出てきたところを近藤と鉢合わせになり、近藤に斬られて階段を転げ落ちる「階段落ち」が見せ場として描かれます。映画「蒲田行進曲」では巨大な階段のセットが作られ、同作品のクライマックスになっていました。またこの時、近藤に斬られたのは土佐の北添佶摩(きたぞえきつま)であったとされますが、いずれもフィクションです。階段を落ちた浪士の記録はなく、北添も池田屋にはいませんでした。派手な階段落ちは、映画の演出なのです。

そもそも浪士らに対し、新選組がいきなり斬りかかることはありません。この時も、二階にいた浪士たちが一斉に立ち上がって抜刀するのに対し、近藤は「御用改めである。手向かいいたすにおいては容赦なく斬り捨てる」と、抵抗を止めるよう呼びかけています。新選組の目的は過激派浪士の捕縛であって、斬り殺すことではありません。浪士たちは近藤の気迫の前に、一様に後ずさったと永倉が語っています。

屋内戦を心得ていた新選組

しかし近藤らの人数が少ないと見た浪士らは、切り破って脱出を図ろうとしました。一人が斬りかかってくるのを、沖田総司が倒します。それからは乱闘となりました。近藤らに斬りかかる者、階下に走る者、庭に飛び降りる者が次々と現われ、逃走を図る浪士らと、表口、裏口を固めていた隊士たちとの間でも戦いが始まります。

屋内では天井が低いため、刀を振りかぶると鴨居(かもい)などに切り込んでしまいやすく、その隙にやられかねません。そこでなるべく刀を低く使い、突き技なども有効であるといわれます。その辺を、屋内戦の経験の豊富な新選組は心得ていたはずです。また近藤らの天然理心流(てんねんりしんりゅう)は、剣術だけでなく柔術、小具足(こぐそく)術も取り入れた総合武術ですので、それらの技も接近戦では役立ったでしょう。

吉田と宮部の最期、沖田と藤堂の戦線離脱

小説などでは長州の吉田稔麿が沖田と斬り合って倒されたことになっていますが、これはフィクションです。実際、吉田は池田屋から脱出しますが、長州屋敷近くで絶命しています。その最期の様子についてはわかりません。一方、池田屋に集まった浪士たちの中心人物である宮部鼎蔵は、同志を激励した後、屋内で自刃したといわれます。しかしそれも同時代史料では確認できず、どのような最期であったのか実際はよくわかっていません。

またドラマなどでは池田屋で戦闘中の沖田が、持病の肺結核が悪化して、喀血(かっけつ)するシーンが描かれます。沖田が余命わずかであることを自ら悟るシーンですが、彼が池田屋で倒れたのは事実であるものの、喀血するほど病気が悪化していたのかは疑問視されています。というのも池田屋事件から20日後、沖田が酷暑の中、他の隊士らと警戒活動にあたっているからです。喀血をした後とは考えにくく、池田屋で倒れたのは病身に酷暑の中、武装して3時間探索した後、激しい戦闘を続けた末の体調不良だったのかもしれません。

一方、藤堂平助は池田屋の庭で、敵に鉢金(はちがね、鉢巻きに鉄を縫い付けた簡易な兜)を打ち落とされ、眉間(みけん)を斬られる重傷を負いました。暑さの余り、鉢金を外した瞬間に襲われたともいいます。いずれにせよ沖田、藤堂の戦線離脱の結果、池田屋屋内は近藤、永倉の2人で戦うことになりました。

池田屋事件は何をもたらしたのか

土方歳三像(日野市)

形勢逆転となった土方隊の到着

近藤と永倉がいかに優れた剣士とはいえ、多勢に無勢。それぞれ数人の浪士と対峙(たいじ)し、永倉には何度か危ない場面がありましたが、近藤にも助ける余裕がなく、永倉は左手に負傷しながらも自力で切り抜けたといいます。一方、近藤の「えッ、おうッ」という甲高い気合声は腹の底に響いて頼もしく、戦意を奮い立たされたと隊士の一人が語っています。

池田屋で近藤隊が戦っていることを知った土方隊の2小隊が、続々と駆けつけてきたのはその頃だったでしょうか。これによって数の上で新選組が浪士たちを圧倒、形勢は逆転しました。土方歳三は屋内を近藤に任せ、表口と裏口に松原の小隊を配置すると、井上の小隊、及びそれまで表口を守っていた近藤隊の3人も屋内に投入。以後、手向かう浪士を斬り殺すのではなく、なるべく生け捕るように方針を変えます。

土方隊の到着後もしばらく戦いは続きましたが、近藤隊が踏み込んでからおよそ一刻(2時間)で、ほぼ戦闘は終息。その頃には遅れて出動した会津藩兵などが池田屋から長州藩屋敷周辺をびっしりと取り囲み、池田屋から脱出したものの長州藩屋敷に至るまでに討たれた浪士も複数いました。

近藤は池田屋の戦果を「打取7人、手負2人、召取23人」と手紙に書いていますが、これは事件翌日にかけて会津藩などとともに行った残党狩りを含めての数です。池田屋でどれだけの浪士が新選組に討たれたのか、正確な記録はなく、推定では「闘死が4人、負傷して脱出後に絶命が4人、捕縛が3人、脱出が5人」。一方、新選組は奥沢栄助(おくざわえいすけ)が負傷後死亡、藤堂平助、永倉新八が負傷。従来、安藤早太郎、新田革左衛門(にったかくざえもん)も池田屋で負傷し死亡したとされましたが、最近、異論も出ています。いずれにせよ池田屋に単独で踏み込み、浪士らを一網打尽にした新選組は、その名を天下に知られることになり、反幕府派勢力からは怖れられ、また憎まれることになりました。

隊旗

池田屋事件の注目ポイントは?

さて、いかがでしたでしょうか。幕末史という流れの中で見ると、池田屋事件が起きたことで長州藩の急進派が暴発し、翌月、京都に進軍する禁門の変を起こして敗北。長州藩は「朝敵」とされ、さらに幕府による長州征伐が行われることになります。いわば動乱の口火を切る役割を池田屋事件が果たした、というわけですが、それはあくまで結末を知る後世の人間の評価であるともいえます。

新選組にすればあくまで京都の治安維持という任務を遂行した結果であり、一方の長州藩や反幕府浪士らには、外国に弱腰で旧態依然とした幕府政治を改めさせたいという思いがありました。どちらが正しい、間違いとは一概にいえません。歴史に善悪はないからです。

ただ、新選組に着目するならば、正規の武士ではない浪士の彼らが、なぜ会津藩などよりも機敏に動き、池田屋で劣勢にもかかわらず勇敢に戦うことができたのかを考えるべきでしょう。そこには任務に対する責任感、使命感があり、さらにその根底には、正規の武士ではない自分たちだからこそ、武士として恥ずかしくない「真の武士」でありたいと願う近藤や土方たちの強い思いがあったことを感じます。彼らが重んじたのは「士道に背くまじきこと」。隊旗に「誠」の一文字を掲げるのは、まさにそれを象徴するものでしょう。そんな彼らが歴史の表舞台に躍り出た瞬間が池田屋事件であり、新選組のハイライトシーンでもありました。

今やコミックやゲームで人気の新選組ですが、凄腕の剣士たちがそろっていた集団というだけでなく、彼らが「誠」の旗に恥じない生き方を目指し、劣勢の中で最後まで武士としての誇りを失わなかったところに最大の魅力があるように私は思います。皆さんはいかがですか。

参考文献:中村武生『池田屋事件の研究』、菊地明『土方歳三日記 上』他

書いた人

東京都出身。出版社に勤務。歴史雑誌の編集部に18年間在籍し、うち12年間編集長を務めた。編集部を離れるも、いまだ燃え尽きておらず、noteに歴史記事を自主的に30日間連続で投稿していたところ、高木編集長に捕獲される。「歴史を知ることは人間を知ること」だと信じている。ラーメンに目がない。