日本文化の入り口マガジン和樂web
9月21日(火)
この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月20日(月)

この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)

読み物
Culture
2021.09.02

【難易度★★★】画像クイズ!これから見頃のこの花は何?ヒントは東北の銘菓!

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

画像クイズ! この赤紫色のきれいな花は何でしょう?
これからの季節に咲く花で、有名な東北のお菓子にもこの花の名前が付けられています。

可憐ですてき♡ あ、あの美味しいお菓子かな?

正解は……萩!

正解は、「萩(はぎ)」。マメ科ハギ属の総称で秋の七草の1つに数えられ、秋に紫や白の花をつけます。
万葉集の時代にはすでに栽培鑑賞されていて、万葉集の植物を詠んだ歌の中で最多となっています。男性の髪飾りとしても使われたのだとか。

ええ!男性の髪飾りに?それは知らなかった~イケメン万葉歌人がつける萩の花!雅だな~

着物の色の取り合わせの名前にもなっていて、表は蘇芳(すおう)、裏は萌葱(もえぎ)または青のものを「萩襲(はぎがさね)」と呼びます(夏と秋で異なる色目、縦糸と横糸の組み合わせ色とするものもあり)。

「萩原」「萩野」などの名字にもなっている、昔から日本人に愛されてきた植物です。

語源はどれ?

古くから愛されてきた萩。しかしその語源説は様々で、『日本国語大辞典』によると、以下の通り。

(1)ハエキ(生芽)の意〔大言海〕。

(2)ハナコシの反〔名語記〕。

(3)ハヘクキ(延茎)の義〔日本語原学=林甕臣〕。延木の義〔国語の語根とその分類=大島正健〕。

(4)養蚕の時用いる雑木小枝を束ねたものをいうハギからで、多枝細条であるところから〔遊相医話〕。

(5)ハヤクキバム(早黄)の義〔和句解・日本釈名・滑稽雑談所引和訓義解〕。

(6)ハキ(葉黄)の義〔言元梯〕。

(7)ハリキ(刺生)の義。キ(生)は草の意〔名言通〕。

(8)ハキ(葉木)の義〔紫門和語類集〕。

(9)秋の転〔和語私臆鈔〕。

なんと、9つも! この他、枝がほうきに使われたことから「掃き(はき)」に由来する、という説も見られました。

すごい!こんなにたくさんあるの?多くの人に愛されてきた花だから、語源も多いのかなあ?

別名も多く、鹿鳴草(しかなくさ)・鹿の花妻(しかのはなづま)・風聞草(かぜききぐさ)・月見草・庭見草などが知られています。

萩か荻か?

ちなみに、「萩」と混同しやすいのが「荻(おぎ)」。
荻も植物で、ススキに似た花を秋に咲かせます。

荻の花?全然知らなかった!見かけても、スルーしてたと思う!

荻の花

非常に似た漢字で、違いは「のぎへん」か「けものへん」か、というだけ。
どうやって覚えたら、というのは誰しも考えるようで、様々な覚え方が工夫されています。

私もいまだに分からなくなってしまうのですが……けものへんって、ちょっとススキっぽい「おぎ」の花穂に似ていませんか? そうでもない、か。

なるほど!そうやって覚えれば、ばっちりですね!

▼秋は月も見頃!
飲んで騒ぐフェスから粋な舟遊びまで、バラエティに富んだ江戸のお月見事情【長月候】
伊達政宗も夏目漱石も。なぜ日本人は「月」に心を奪われるのか?

参考文献:
・『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館
・『新選漢和辞典 Web版』小学館
・『日本国語大辞典』小学館
・『小学館 全文全訳古語辞典』小学館
・『国史大辞典』吉川弘文館

書いた人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。

この記事に合いの手する人

幼い頃より舞台芸術に親しみながら育つ。一時勘違いして舞台女優を目指すが、挫折。育児雑誌や外国人向け雑誌、古民家保存雑誌などに参加。能、狂言、文楽、歌舞伎、上方落語をこよなく愛す。十五代目片岡仁左衛門ラブ。ずっと浮世離れしていると言われ続けていて、多分一生直らないと諦めている。