アマビエって何?新型コロナの影響で注目を集める妖怪の正体とは

アマビエって何?新型コロナの影響で注目を集める妖怪の正体とは

「もしも疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に早く見せなさい…。」そんな予言をする妖怪が、かつて日本に現れたと伝えられています。その妖怪の正体は「アマビエ」。新型コロナの感染拡大を受けて、Twitterのハッシュタグ「#アマビエ」では、数々のアマビエのイラストが投稿されています。

疫病を防ぐ!?アマビエ伝説

アマビエの絵がSNSで話題になっている理由。それは、冒頭に記したとおり、伝染病の流行を防ぐ予言をしたことが伝えられているからです。

伝説の舞台は江戸時代の肥後国(現在の熊本県)。ある春の夜のこと「毎晩、海の向こうに謎の発光物体が現れる」という報告を受け、役人と漁師たちが海辺に調査にやってきました。しばらく海を眺めていると、闇夜の波間に青白い光がぽぅっと現れ、彼らの方へゆっくりと近づいてくるではありませんか。鳴き声と共に海から現れたその光る物の姿は、3本足に、鱗のある体、そして…くちばしのついた顔。普通であれば、ギャ〜〜ッ!と腰を抜かしてしまうような怪物の登場ですが、その場に居合わせた人たちは、不思議と恐怖感を感じず、その姿をじっと眺めていました。

やがてその怪物は口を開きます。

私は、海中に住むアマビエである。

そう名乗ったあと、こう続けました。

この先、数年間は豊作が続きます。
しかし…もしも疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に早く見せなさい。

このように予言したあと、アマビエと名乗るその不思議な怪物は、静かに海の中へと帰って行きました。

アマビエ伝説のユニークなポイント

この伝説は、弘化3(1846)年の出来事として、当時の瓦版に描かれました。全国でもアマビエが現れたとされる報道はこの一件のみです。人間の災いを予言したり、落としたりする妖怪はアマビエ以外にもいくつか存在しますが、アマビエは自ら防御の効能があることを伝えている点が非常に珍しい妖怪です。「絵を見せなさい(=自分の姿を見せることで流行を防ぐことができる)」と伝えている姿は、妖怪というよりも神様に近いのかもしれません。

他にもいるぞ、予言する妖怪

アマビエと同じように人間の言葉を話し「予言」と「除災」をしたことが伝えられている妖怪は、他にもいます。

件(くだん)

「件」という文字が表すとおり「人」の顔に「牛」の体をした妖怪。江戸時代〜昭和初期まで、全国各地に現れました。江戸の幕末に最も広まった伝承では「生まれたばかりの子牛が人の顔をしている。人間の言葉を話し、数日で死んだ」とされています。死ぬまでの間、さまざまな出来事を予言をするといわれ、その内容は必ず当たるという言い伝えもあります。

豊年亀(ほうねんがめ)

女性の頭に亀の体、毛の生えた尻尾を持つ妖怪。江戸時代の紀州に現れたと伝えられています。アマビエと同じように海辺に現れては世間に起きる災いなどの予言を残しています。

こうした予言にまつわる妖怪が現れたとされる時は、いずれも混乱の多い時代でした。疫病や飢饉、戦争など社会にあふれる不安と混乱が、救いを求めて妖怪を生み出したのかもしれません。令和の時代にも、新たな妖怪が現れるのでしょうか。今の不安定な状態が落ち着き、一刻も早く平穏な世の中が戻ってくることを願います。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

アマビエって何?新型コロナの影響で注目を集める妖怪の正体とは
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする