CATEGORY

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

閉じる
PR

Fashion&きもの

2023.11.02

宮沢賢治が愛した岩手の地を、女優・小雪が「ブルネロ クチネリ」を纏って巡る、イーハトーブの旅 vol.1

故郷・岩手の自然を愛し、その地に根ざして創作活動を続けた宮沢賢治。詩人、童話作家、教師、科学者、宗教家と多彩な顔をもつ賢治が最後に見た夢は、人にとっての理想郷「イーハトーブ」で〝本統の百姓〟になることでした。彼の作品と人生は、豊かになったはずの私たちに問いかけます。「本当の贅沢、幸福とはなんなのでしょう?」と。

その答えを求めて、家族とともに北の大地で暮らす選択をした女優の小雪が、賢治ゆかりの地を巡りました。旅の装いは、イタリア・ウンブリア州にある理想郷ソロメオ村で、賢治を敬愛する「ブルネロ クチネリ」の創業者が生み出す、このうえなくシンプルで上質なスタイル。賢治が没して90年、ようやく彼のイーハトーブは世界共通の夢になったのです。

小雪
1976年12月18日生まれ、神奈川県出身。1995年からモデルとして活動した後、1998年より女優として数多くの作品に出演。代表作はドラマ「きみはペット」「全裸監督」「サンクチュアリ〜聖域〜」、映画「ラスト・サムライ」「ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ」「杉原千畝」「桜色の風が咲く」等。現在はNHK連続テレビ小説「ブギウギ」に出演中。

日本のイーハトーブとイタリアのソロメオ村──
洋の東西を超えて生き続ける賢治の哲学

童話『ポラーノの広場』をはじめとする宮沢賢治の作品に登場する「イーハトーブ」。それは賢治が生み出した造語で、彼の心のなかにある架空の理想郷を意味しています。そのモチーフは故郷・岩手県だといわれていますが、生前、賢治がイーハトーブについて詳しく語ることはありませんでした。

では、賢治にとっての理想郷とはどのようなものだったのでしょう? 彼が思い描いていたのは、農村のあるべき姿でした。人々が助け合って自然とともに生きる、農業を中心とした豊かな暮らしを夢見ていたのです。賢治の考えが綴られた『農民芸術概論綱要』の序論に、こんな一節があります。

「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」

こうした賢治の哲学は、今、時代も国も宗教も超えて、思いを同じくする人々の心の道標となっています。

風わたる丘陵、雫石の豊かな自然の中で、優雅にストールを翻して…

あのイーハトーヴォの
すきとおった風、
夏でも底に冷たさをもつ
青いそら、
うつくしい森で飾られた
モリーオ市、
郊外のぎらぎらひかる草の波

童話『ポラーノの広場』

盛岡中学に通っていたころから、賢治が魅了された雫石の自然。岩手山をはじめ、多くの山々に登った。
●小雪さんの装い 馬で緑豊かな丘陵へ。優しい風合いのストールが風になびく。中はストライプシャツにネクタイ、ケーブルニットベストの、マニッシュな組み合わせ。パンツはブーツインして颯爽と。アルパカストール¥448,800・ニットベスト¥201,300・シャツ¥265,100・ネクタイ¥63,800・パンツ¥347,600・ニット帽¥134,200・ブーツ¥220,000(ブルネロ クチネリ ジャパン) 手袋/スタイリスト私物

真のラグジュアリーを追求する「ブルネロ・クチネリ」

イタリアに「ブルネロ クチネリ」という、〝人間主義〟を掲げた真のラグジュアリーを追求するファッションブランドがあります。その創業者であり、現在も会長を務めながらクリエイションを統括するブルネロ・クチネリは確固たる信念のもと、これまでのファッション界のセオリーとは異なる道を選び、歩んできました。彼は敬愛する思想家のひとりに、宮沢賢治の名を挙げています。

1970年代後半、ブルネロ・クチネリはニット製造会社を設立。それが軌道にのると、都会には出ず、妻の故郷であるイタリア中部の自然豊かな小村ソロメオに事業の拠点を移し、自らも移り住みます。さらに、かつてペルージャ近郊の地場産業だったカシミアニットを事業の中核に据え、地域の職人との協業により、会社は発展。同時に、荒廃していた村の復興にも取り組みました。その製品は、自然との共生を大切にした暮らしから生み出され、纏うだけで心を豊かにしてくれます。

彼が目ざしたのは、利益よりも〝人〟を優先する「人間主義的経営」にほかなりません。それは、まさに賢治が理想としていた、人が人として尊厳をもって生きることのできる社会そのものだといえるでしょう。

賢治ゆかりの農場では、リラックス感のあるパンツスタイルで

すみやかなすみやかな万法流転のなかに
小岩井のきれいな野はらや牧場の標本が
いかにも確かに継起するといふことが
どんなに新鮮な奇蹟だらう

心象スケッチ『春と修羅』「小岩井農場」

賢治が「牧場の標本」と称えた小岩井農場。敷地には、国の重要文化財に指定された建造物が21あり、多くが現在も使用されている。左から、第一号サイロ(明治40年建設)と第二号サイロ(明治41年建設)。
●小雪さんの装い ヨーロッパのような風景になじむベージュトーンの装いは、素材にこだわったトラディショナルなスタイル。メンテナンスをすれば、一生着られる服ばかり。内側にファーをあしらったナッパレザージャケット¥1,575,200・ニットベスト/参考商品・モヘアのタイ付きシルクシャツ¥363,000・パンツ¥247,500・ブーツ¥220,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

ここを歩いて岩手山へ。当時のまま保存された旧網張街道の杉並木

賢治も、この旧網張街道を歩いて岩手山の登山へと向かった。小岩井農場の敷地内のみ、当時のまま保存されている。
●小雪さんの装い 並木道の緑に美しく映えるナチュラルカラーを纏って。モヘア、カシミア、ウールを高度な技術でふんわりとした撚糸にし、それを手作業でフリンジに。朝露のようなスパンコールが煌めく。OPERAニットベスト¥1,081,300・シャツ¥302,500・デニムスカート¥236,500・ベルト/参考商品(ブルネロ クチネリ ジャパン)

問い合わせ

ブルネロ クチネリ ジャパン
03・5276・8300

撮影/熊澤 透 スタイリスト/押田比呂美 ヘア/HIRO(ペールマネジメント)メーク/三澤公幸(ペールマネジメント)協力/岩手県花巻市観光課、盛岡広域フィルムコミッション
※本記事は『和樂』2023年12月・2024年1月号の転載です
※価格は2023年11月1日時点のものです

Share

福田詞子

おすすめの記事

武相荘で語らう、大事に育んできたものの中にある〝確かな美〟。美容家・石井美保の「和魂美才」vol.4

連載 小俣荘子

着物は、年齢悩みも解決してくれた。お出かけを楽しむスタイリングのポイント 美容家・石井美保の「和魂美才」vol.2

連載 石井美保

日本の伝統を取り入れたマルジェラのタビシューズが好きだ。阿部顕嵐が語る「あらん限りの歴史愛」vol.13

連載 阿部顕嵐

憧れの紬の地で、織る、纏う、食い倒れる! 蘭乃はなの着物旅【結城編】

蘭乃はな

人気記事ランキング

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア