「ハピネス〜明日の幸せを求めて」名古屋ボストン美術館

「ハピネス〜明日の幸せを求めて」名古屋ボストン美術館

目次

2018年10月8日まで、名古屋ボストン美術館で名古屋ボストン美術館 最終展「ハピネス〜明日の幸せを求めて」が開催中です。

ジム・ダイン曾我蕭白(そがしょうはく)「琴棋書画図(きんきしょがず)」(部分)江戸時代 Fenollosa-Weld Collection, 11.4512

10月8日をもって閉館する名古屋ボストン美術館。ボストン美術館の姉妹館としての20年にわたる歩みの最後を飾る展覧会は、「ハピネス」をテーマに、おなじみの作品から初出品作まで、洋の東西を問わず幅広く紹介します。なかでも見逃せないのは曾我蕭白(そがしょうはく)の「琴棋書画図(きんきしょがず)」。ボストン美術館に屏風仕立てで収蔵されていたものを、オリジナルの襖の状態に修復して公開します。「幸せ」を直球で感じさせる現代アート、ジム・ダインのハート作品シリーズも大集合! 幸せな気持ちでいっぱいに。

ジム・ダインジム・ダイン「エル・エー・アイワークス」1982年 Promised gift of the artist, L-G 163.270.2006 Photographs © Museum of Fine Arts,Boston.

公式サイト

「ハピネス〜明日の幸せを求めて」名古屋ボストン美術館
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする