Lifestyle

2023.08.03

向田邦子も愛した「菊家」の「水ようかん」【ひんやり! つるん! 水ようかんの名店】

シリーズ「ひんやり! つるん! 水ようかんの名店」でご紹介する東西7軒は、手づくりの生菓子を中心に商いをしている店。今回は「菊家(きくや)」をご紹介します。

シリーズ一覧はこちら

桜の青葉が入手できる時期だけの味
菊家の「水ようかん」

江戸小紋や縞の着物を洒脱に着こなす女将・秋田隆子さんが接客を担当。菓銘を筆で書くのも女将の仕事で、流れるように「水ようかん」と書かれた短冊は、都会を歩く人の目を涼ませています。さて、この水ようかんで注目すべきは、なまめかしいほどの赤みを帯びた小豆の色! 「うちのはよそさんより、あんが濃いですよ。懐紙にのせられる固さは欲しいし、ひとつで満足いただきたいので」。なめらか、かつ濃厚なあんの質感。官能的な舌触りがあってこそ、スパッとした切り口とのギャップが面白い。

長男・祥秀(よしひで)さんに経営を、次男・祥典(よしのり)さんに製造を委ねつつもあん炊きは隆子さんの夫・俊典(としのり)さん(80歳)が今も担当。俊典さんは二代目根津嘉一郎(ねづかいちろう)をはじめ、そうそうたる茶人から手ほどきを受けたそう。息子たちにもその心は引き継がれています。

角の立った美しさは向田邦子好み

1個450円(税込)。消費期限は当日(要冷蔵)。ひとつからでも予約を。生の大島桜の葉にこだわり、水ようかんを包めるほどの大きさになったら製造を開始。4月下旬から9月上旬までの販売。

店舗情報

菊家 きくや
住所:東京都港区南青山5-13-2 9F
電話:03-3400-3856 
営業時間:9時30分~17時(売り切れ次第閉店) 日曜・月曜・祝日休 
●お取り寄せができます。小ケース(約4人前)1,430円が発送可。

撮影/石井宏明 構成/藤田 優、後藤淳美(本誌)本記事は雑誌『和樂(2021年8・9月号)』の転載です。

『和樂』8,9月号発売中!


2023年『和樂』8,9月号大特集は、国宝&国宝級の日本美117をど~ん!と集めた「国宝めぐり旅」。
もうひとつの大特集は、天才浮世絵師・鈴木春信「超絶かわいい♥美人画」の系譜。
何年たってもそばに置いておきたい、読み応え抜群の一冊です!

特別付録は……なんと、鈴木春信の名画『清水の舞台から飛び降りる娘』スクエアトートバッグ!

ご購入、試し読みはこちらからどうぞ。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

酒の肴にもおかずにも。食卓に春を知らせる「ふきのとうソース」レシピ【今宵、お酒さそう料理を】

連載 小俣荘子

わざと落とし穴に落っこちた! 茶の湯の心を今に伝える、千利休エピソード集2

和樂web編集部

坂東玉三郎新連載「私の日課 my routine」開始! 玉三郎さん御用達・京都てっさい堂へ

連載 新居 典子

本当はどうしたい? 物事が思うように進まない時に寄り添う、禅の言葉【SHIHOの楽禅ライフ7】

連載 SHIHO

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア