日本文化の入り口マガジン和樂web
6月21日(月)
自分よりできるやつに任せられるときには、迷わず任せることだ(ロバート・ウッドラフ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月21日(月)

自分よりできるやつに任せられるときには、迷わず任せることだ(ロバート・ウッドラフ)

読み物
Travel
2019.08.15

そうだ、縄文へ行こう。長野県諏訪地方、現代人でも行ける縄文観光8選

この記事を書いた人

ストレス社会にはホトホトつかれた、縄文時代に帰りたい。いやそんな贅沢は言わないからせめて、爆発的な生命力と創造力を持つ縄文の心に触れたい。そんな気持ちになったらすぐさま目指すべき土地はずばり、長野県諏訪地方、またの名を「縄文銀座」です。縄文時代はおよそ2500年前に終わってしまいましたが、諏訪の縄文は実にしぶとく、現在でも縄文スピリットを色濃く残す場所や祭り、信仰の形がたくさん残っています。

「縄文銀座」諏訪へのいざない、最終回は、「現代編」といたしまして、現代人でも実際に行ける、いや諏訪に行くなら絶対に行くべき縄文ホットスポットをご案内します!(連載の最初から読む

長野県の豊かな自然に身を任せ、「縄文銀座」を旅したならば、2500年間眠っていた縄文魂も蘇るというもの。日頃の文明人的ストレスなど一掃されること間違いなしです。ではさっそく、心と想像力をフルオープンにして、縄文スピリットを体感する旅へまいりましょう!


車の窓から臨んだ八ヶ岳山脈と夕日

DAY1: 諏訪湖付近の縄文ホットスポット

今回は、一日目と二日目に分けて、大きく「諏訪湖付近」と「八ヶ岳付近」のスポットを巡る旅をご案内します。1日目は、長野県の代名詞とも言える諏訪湖の周辺からスタートです!

黒耀石体験ミュージアム

JR茅野駅あるいは上諏訪駅で降りたら、まずは縄文人の「黒曜石鉱山」、星糞峠(ほしくそとうげ)を目指しましょう。車で山道を1時間ほど行き、本当にこんなところに施設なんてあるのかと不安になり始めた頃、他に何もない場所にポツンと建つ「黒耀石体験ミュージアム」が見えてきます。


黒耀石体験ミュージアム。こちら、実は諏訪の中心地から結構距離があります。しかし他の「ホットスポット」密集地からもかなり離れた場所にあるので、旅の最初に訪れることをおすすめします。

諏訪地方が縄文時代に「銀座」となったのは、この地域原産の黒曜石がブランド化していたからです。(連載記事第2回参照)ミュージアムでは星糞峠の黒曜石採掘跡が実物で移設展示されている他、縄文人や旧石器時代人が実際に作った黒曜石のギャラリーもあり、当時の空気に直に触れることができます。


左が縄文人の作品、右が旧石器時代人の作品です。ふむ、さすがに美しいのであります。

そしてここに来たら絶対にやっていただきたいのが、黒曜石の加工体験です。黒曜石は天然のガラスですから、わりと簡単に砕けるんですが、だからこそ、思った形に加工するのは至難の技。縄文人の器用さ、技術の高さに改めて惚れ惚れすること間違いなしです。


制作風景。諦めの悪い私は、皆さんをずいぶんお待たせしました。

矢じりなのだから「尖ってりゃいい」のですが、実際にやってみるとこだわりたくなるのは人間のサガでしょうか。ハマると夢中になって誰もしゃべらなくなる、カニを食べている時のような空気が流れます。

ちなみに、私達は専用のツールを使用させてもらえますが、縄文人は鹿の骨を使ってぱぱぱっと加工していたそうです。「鹿の骨でぱぱぱ」であのクオリティ! やっぱりかっこいい、縄文人。


完成品はこんなにキュートな弓矢にして持ち帰れます。石鏃だけじゃなく、ペンダントコースやキーホルダーコースもあります!

黒曜石は、縄文人にとっては文字通り「パワーストーン」です。これを身につければ、何か神秘的な力にあやかれるかもしれません。(いい加減なことを言ってすみません)

また、星糞峠からその麓一帯には、黒曜石の流通に関係した遺跡がいくつも残っていますから、時間があればぜひ訪れてみてください。地方の縄文人が「黒曜石鉱山」を目指してここに集まったのだと思うと、感動もひとしおです。

黒耀石体験ミュージアム
住所: 〒386-0601 長野県小県郡長和町大門3670-3
電話:0268-41-8050
開館時刻:午前9時〜午後4時30分(入館の最終受付は午後4時)
(体験メニューの最終受付は午後3時)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は、その翌日)
公式サイト:http://www.hoshikuso.jp

諏訪大社

星糞峠を後にして、信州のおいしいそばでも食べたら、山を降りて諏訪湖を目指しましょう。続いてのホットスポットは、信濃国一ノ宮「諏訪大社」です。


諏訪大社上社本宮

諏訪大社は上社(前宮・本宮)と下社(春宮・秋宮)を合わせて全部で4社ありますが、諏訪湖を挟んで北側と南側に密集しているので数時間あれば4社全て回れちゃいます。

諏訪大社の大きな特徴は、太古の信仰形態が濃厚に残っているということ。たとえば、諏訪大社には上下4社とも、拝殿があるだけで本殿がありません。これは、自然そのものを御神体とする日本の古い信仰の形を表しているんだとか。


諏訪大社前宮の横を流れる川

また諏訪大社といえば、社(やしろ)の四つ角に巨木を立てて「御柱(おんばしら)」とする諏訪独自の信仰形態です。日本三大奇祭の1つ「御柱祭」(みはしらさい・通称「おんばしら」)は有名ですね。ニュースで見てその激しさに興奮した方もいるでしょう。


諏訪大社上社前宮の「四之御柱」。上下全4社にそれぞれ4本ずつの御柱が建っています。実物を見ると、その圧倒的存在感に感動してしまいます。

諏訪の「御柱」は、縄文時代に起源があるとする説があります。縄文遺跡である「三内丸山遺跡」(青森県)や「真脇遺跡」(石川県)にも、同じような「マツリの場」が作られていたからです。


石川県「真脇遺跡」の環状木柱列(「真脇遺跡公園」HPより)

御柱とは「結界」なのだとも、神の依代なのだとも言われますが、納得のいく理由はまだ見つかっていません。そもそも、縄文人が木柱列(もくちゅうれつ)を建てた理由もよくわかっていません。しかし、これだけの巨木をわざわざ山から切り出すには、大変な時間と人手を必要とするわけで、何か大切な理由があったに違いないのです。ぜひ御柱の前に立って、縄文人がどんな理由で巨木を建てたのか、彼らの祈りを想像してみてください。

諏訪大社
上社本宮
住所:長野県諏訪市中洲宮山1
電話:0266-52-1919
上社前宮
住所:長野県茅野市宮川2030
電話:0266-72-1606
下社春宮
住所:長野県諏訪郡下諏訪町193
電話:0266-27-8316
下社秋宮
住所:長野県諏訪郡下諏訪町5828
電話:0266-27-8035

公式サイト:http://suwataisha.or.jp/index.html



神長官守矢史料館

諏訪大社のありがたい神様にご挨拶した後は、縄文に起源を持つといわれる精霊「ミシャグチ様」(連載第3回参照)へのご挨拶もかかせません。次のホットスポットは、代々ミシャグチ神にまつわる祭祀の一切を取り仕切ってきた神長官守矢氏の史料館です。ちょうど、諏訪大社上社の本宮と前宮の間にあります。


神長官守矢史料館

守矢(もりや)家は古から続く諏訪大社上社の神官「神長官」家。館内には、生々しい動物の贄(にえ)をはじめとする大迫力のジオラマ展示の他、諏訪大社の古い祭祀に関わる文書、武田信玄の古文書など、我国にとって貴重な史料が多数公開されています。


諏訪大社の「狩猟民的」祭、「御頭祭(おんとうさい)」のジオラマ。鹿の首の贄(にえ)です。

余談ですが、神長官守矢史料館はなんと、建築家・藤森照信のデビュー作なのです。自然素材をふんだんに、かつ大胆に使った史料館はとっても縄文的。しかしここにある藤森先生の作品はそれだけではありません。史料館を出て、横の野原を登って行くと・・・ありますあります、遊びで作ったとしか思えない奇想天外な茶室の数々が。


空飛ぶ泥船

周りが完全に畑という中、宙に浮いている(ように見える)茶室はまるで宇宙船のよう。ジブリの世界に迷い込んでしまったような・・・というかこれ本当に茶室なんでしょうか。こんなところでお茶をたてて心静まるのか? 危険性と隣合わせになることで逆に集中力が増すということなのか、それとも縄文土器のように、実利ではない何かディープな神話が隠されているのかもしれません。


高過庵

さらに奥に行くと、別の茶室「高過庵(たかすぎあん)」と「低過庵(ひくすぎあん)」もあります。「高過庵」はアメリカのTime誌において「世界でもっとも危険な建物トップ10」に選ばれた(!)遊び心たっぷりの茶室。細川元首相の茶室を設計した藤森氏が、個人的に茶室が欲しくなって実家の畑に建てたものなんだそうです。それにしても、ネーミングがギャグですね。

縄文時代にもいたかもしれない精霊「ミシャグチ様」と、古代の諏訪大社の縄文的祭祀に想いを馳せたあとは、ぜひ藤森照信の縄文土器的クレイジーな建築を楽しんでください。

神長官守矢史料館
住所:〒391-0013長野県茅野市宮川389-1
電話: 0266-73-7567
開館時刻:午前9時〜午後4時30分
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は、その翌日)と祝日の翌日
公式サイト:https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/bunkazai/1639.html

七木湛・諏訪七石

JR茅野駅周辺、諏訪大社上社の神事に関わる地域には、「縄文ホットスポット」が集中しています。ここでみなさんにぜひ探していただきたいのが、7つの木「七木湛(しちぼくたたえ)」と、7つの石「諏訪七石」です。

ただでさえ長野県は巨木信仰・巨石信仰の厚い県で、注連縄の張られた巨木や巨石はそこら中で見ることができますが、「七木湛」と「諏訪七石」は中でも起源の古い、ふるー・・い神の依代です。鎌倉期の記録によれば、中世まで七木湛に縄文の神「ミシャグチ様」を降ろしていたとか。(連載記事第3回参照)


「諏訪七石」の一つ、「硯石」。写真の奥で柵に囲われている苔むした巨石がそれです。諏訪大社上社本宮の拝殿の中にあり、廊下からほんの少しだけ見えます。硯石は、神降ろしの神事においてその昔最高至極の位置にあったといいます。

どの木(石)が「七木」で「七石」なのかについては、今となっては定かではなくなっているところもありますが、インターネットで検索すれば「諸説」がいくつかでてきますから、ぜひ探してみてください。全て、諏訪大社上社の神事に関連する地域にあります。


七木湛の一つ「峰たたえ」を探しに行く最中、「これ絶対ヘビでてくるよ」とビビりまくるデスク本多。もちろんそんなミラクル起こりませんでした。残念。

道なき道を行き、やっと見つけた「峰たたえ」がこちら。


「七木湛」のひとつ、「峰たたえ」。出会った瞬間、沈黙が流れます。細胞の奥の、長いこと眠っていた場所が粟立つような、奇妙な興奮に包まれます。

DAY2: 八ヶ岳付近の縄文ホットスポット

諏訪の古い神様にことごとくご挨拶して一日目を終えたら、二日目は八ヶ岳山麓に向かいましょう。八ヶ岳山麓は、5000年前の縄文時代中期、「銀座」として(?)栄えたまさに縄文大都会があった場所です。(連載記事第1回参照)

尖石縄文考古館

八ヶ岳山麓についたらまず、必ず立ち寄りたいのが「尖石縄文考古館」。ここに来ずして諏訪の縄文は語れない、言わずと知れた我国最古の国宝「縄文のビーナス」「仮面の女神」の所蔵館です。東博の「縄文展」が混みすぎてビーナスを間近で見られなかった人も、ここに行けばゆっくり落ち着いて見ることができます。もちろん尖石遺跡を代表する「蛇体把手付土器」(連載記事第1回参照)も大迫力ですからお見逃しなく!


「縄文のビーナス」(左)「仮面の女神」(右)。「縄文時代の夜は暗かったから」と言って、電気を消して見せてくれました。月明かりの下で雲母が光るビーナスは神々しかったでしょうね。

縄文考古館というのは、概して雰囲気が地味であることが多いですが、ここは広くてキレイで所蔵品が豊富で、飾られている土器がことごとくクレイジーで、本当にわくわくします。ここにくれば、この地がかつて「大都会」であったこと、また縄文文明が想像以上に高度なものであったことを実感できます。

また、尖石縄文考古館に行くならぜひ体験したいのが、現代人のための、土器や土偶の体験学習です。図工は苦手だったという人も、丁寧に教えてもらえるから大丈夫。館内に無数に展示されているプロ(縄文人)が作った土器や土偶を見た後に自分で製作を体験すれば、プロ(縄文人)が土器や土偶に込めた想いが少しわかるかも?


皆さんの作品がずらり。

体験コーナーでは、他にも、縄文人が着ていたであろう素材で作った服を着て撮影ができるコーナーなんていうのもあります。


イノシシと鹿の剥製もおります。私はもうテンションマックスでした。

尖石縄文考古館
住所:〒391-0213 長野県茅野市豊平4734-132
電話:0266-76-2270
開館時刻:午前9時〜午後5時(入館の最終受付は午後4時半)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は、その翌日)と祝日の翌日(体験学習はできない日もあるので、事前に考古館へお問合せください。)
公式サイト:https://www.city.chino.lg.jp/site/togariishi/

八ヶ岳山脈

八ヶ岳山麓まできたら、もう登っちゃいましょう、縄文人の聖地「八ヶ岳」に! 八ヶ岳山脈は、南端の編笠山(あみがさやま)から北端の蓼科山(たてしなやま)まで、およそ21km、火山噴出物を含めると実に55kmにも及ぶ圧倒的な山容を誇ります。


八ヶ岳山脈

八ヶ岳山麓には、長野県側にも山梨県側にも縄文遺跡が密集しています。きっと恵みをもたらす八ヶ岳こそが、このあたりの縄文人にとって聖地であったのです。


縄文人の遺物が多数出土した蓼科山。しかしこんな感じの岩場をずっと登っていくのですから、ほとんど苦行です。

そこに山があるから登るのか、山を探して登るのか。人類は有史以来、無駄に山に登ってきました。縄文人も決して例外ではありません。蓼科山だけでなく、日本各地の山で縄文人の遺物(黒曜石や、土器片・石器など)が見つかっているのです。蓼科山など、絶対に人間が生活できる場所ではないのですから、縄文人も、このただの苦行を喜んでしていたわけです。


冬の蓼科山山頂。だだっ広い岩場が広がる中にポツンと建つ鳥居は蓼科神社の奥宮。

八ヶ岳連峰は、日本列島を東西に分かつフォッサマグナの断層に生じた、荒々しい神の山です。登るのは大変ですが、縄文人が見ていた世界をきっと体感できるはず。ただし、最短でも3時間半はかかりますから、時間には余裕を持ってくださいね!

八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯

八ヶ岳の登山は、どの山を選んでも生易しいものではありません。山登りで疲れたら! その体を癒やしてくれるのはもちろん、温泉です。八ヶ岳は日本屈指の火山地帯であり、良質な温泉が集中する地域でもあるのです。旅の最後にお届けするのは、100%源泉かけ流しの天然温泉「尖石の湯」です。

勾玉野天岩風呂

いかがですか、見ているだけで疲れがふっとびそうではないですか。エメラルドグリーンの温泉に足を踏み入れると、雲の中を歩くような「ふわっ」「もさっ」とした不思議な感覚が足裏を包みます。これは「湯の花」ならぬ「湯の藻」が温泉の中で成長しているから。さすが、「生きた温泉」はちがいます。

湯のあたりはとても柔らかくて、トロトロしています。そんなに熱くありませんが、このとろみのある湯船に浸かっていると、ものの5分から10分で体の芯まであったまり、出てからもずっとポカポカあたたかいのです。八ヶ岳のエネルギー、恐るべしです。

さて、温泉の質はさることながら、この施設の最大の特徴はその「秘境感」にあります。まず、大変見つけづらい。看板や標識がない。ナビにもでてこない。(ご安心ください、私達には心強いgoogle mapがついています)そして何度も道を間違えて、やっとたどり着くと、こんな感じの入口が待っているのです。

勾玉野天岩風呂入口。受付は隣接の宿泊施設にて。

取材班の第一声は「ワイルドですね」でした。そしてこの暖簾をくぐり抜けると、さきほどの原始的な露天、いや「野天」岩風呂が広がっています。脱衣場もなく、ただ小さな東屋があるだけ。周りは静かな自然に囲まれ、塀も何もありません。(外からは見えませんのでご安心を!)この秘境感、原始感も手伝って、「縄文人も、こんなお風呂に入っていたんだろうな」なんて思ってしまうわけです。

そしてなぜか、野天風呂の外には、縄文人の住居「竪穴式住居」が・・・!

温泉横の竪穴式住居

なんでも、施設のオーナー様が諏訪の「縄文力」に共鳴して作ったのがこの「尖石の湯」なのだそうです。研修や合宿所としての利用もできるそうで、そこではただの湯治にとどまらず、飲泉することでデトックス効果を期待する「温泉断食」が行われ、さらにはテレビやスマホから解き放たれた「文明フリー」な日々を過ごせるとか。心から、体から、あらゆる現代的「老廃物」が排出されそうですね。

火山のエネルギーを直接体に取り込むことのできる温泉の力には、きっと縄文人も癒やされていたはず。八ヶ岳の底なしの力を取り込んで、私達も旅の疲れを癒やしましょう。

八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯
運営:グループダイナミックス研究所
住所:〒391-0213 長野県茅野市豊平10246-1
電話:首都圏事務局 044-541-2455
開館日:木~月・祝(火・水休館)
日帰り入浴時間:10:00~17:00
入湯料:大人 1,030円
子ども(5〜12歳)830円
公式サイト:http://www.togariishinoyu.com/togariishi.html

おまけ:御射鹿池

「日本の絶景」が特集されると必ずと言っていいほど登場する、長野県の名所「御射鹿池(みしゃかいけ)」。実はこちらのため池、「尖石縄文考古館」や「尖石の湯」から車で10分程度の場所にあります。


御射鹿池。「射」「鹿」という当て字からしても、名前の響きからしても、すごく縄文的です。映画「もののけ姫」に出てくる「シシ神様のお池」を思い出したのは私だけではないはず。

農林水産省の「ため池100選」の説明によると、「御射鹿池」の名は、昔この地域が神野(こうや)と呼ばれ、鍬を入れることも許されなかった神の御狩場であったことに由来するのだとか。神に奉げる鹿を射る神聖な場所だったのですね。ますます「シシ神様のお池」を思わせます。このガラスのように澄んだ水の上を、「金色の鹿」が歩くのを想像すると震えます。

御射鹿池
住所:〒391-0213 長野県茅野市豊平

縄文的「心のフリーダム」を取り戻そう!

縄文時代の何よりすばらしいところは、まだ実態がよくわかっていないということです。どんな人々が、どんな想いで巨大な縄文銀座を築き、それがどの程度、現代まで引き継がれているのか。本当のところは、まだ誰にもわからないのです。それはつまり、自由な想像が許されているということ。

ぜひ、実際に縄文銀座の現場に立って、流れる空気を呼吸してみてください。長野県の豊かな自然に身をゆだね、土地の底力を全身で感じてみてください。そうして心と体が全開になったら、もう「縄文」はすぐそこです。自由な想像力を遺憾なく爆発させて、5000年前の縄文世界を心ゆくまでご堪能くださいませ。

「縄文ホットスポット」各所地図


Day1を赤、Day2を緑で示しています。

「縄文銀座」諏訪へのいざない《全4回目次》

第1回 縄文人の芸術の都編〜尖石縄文考古館より〜
第2回 縄文時代の銀座編〜黒耀石体験ミュージアムより〜
第3回 弥生時代以降も守られ続けた縄文文化編〜神長官守矢史料館&諏訪大社より〜
第4回 現代に残る縄文スピリット編

書いた人

横浜生まれ。お金を貯めては旅に出るか、半年くらい引きこもって小説を書いたり映画を撮ったりする人生。モノを持たず未来を持たない江戸町民の身軽さに激しく憧れる。趣味は苦行と瞑想と一人ダンスパーティ。尊敬する人は縄文人。縄文時代と江戸時代の長い平和(a.k.a.ヒマ)が生み出した無用の産物が、日本文化の真骨頂なのだと固く信じている。