Travel

2023.06.19

日常からの心地よい逃避行。京都「フランソア喫茶室」【茶味こそが京都!】

特集 茶味こそが京都! 第九弾は、京都の名店「フランソア喫茶室」をご紹介します。

特集「茶味こそが京都!」一覧はこちら

非日常のくつろぎを与える日本初の文化財登録喫茶店 
フランソア喫茶室

創業者の立野正一(たてのしょういち)氏は、学生仲間とイタリアバロックの豪華客船船内をイメージして店をつくった。

朝10時の開店から店内はすでにムーディな雰囲気。全身を包み込むほどのボリュームで、壮大なバロック音楽が流れていました。まるでフランソア喫茶室が誕生した昭和9(1934)年にタイムワープしたみたい。つかの間の、日常からの逃避行を楽しみます。

メニューはすべて昔ながらのオーソドックスなラインアップだが、どれも材料を厳選し誠実につくられている。コーヒーゼリー900円(税込)

接客をしてくれたウエイトレスさんは製菓学校の先生の紹介で入社して2年目だそう。「ここは今でも機械を使わずに手でケーキをつくっているから、勉強になるよと言われました」。こういう話が思いがけず聞けるから、旅先のおしゃべりはやめられません。

店の一番人気レアチーズケーキ700円、珈琲700円(共に税込)

この店といえばレアチーズケーキが人気ですが、特製プリンやコーヒーゼリー、サンドイッチやトースト類も、完璧に整えられていて、味も抜群。ネルドリップで淹れるコーヒーしかり、手の力から生まれるおいしさがこの店を支えているのでした。
歴史のある店でありながら、その重みを主張しないところも、心地いい。1から234番まで決められているというBGMも「お客様のリクエストに応じて音楽を変えたりするんですよ」。底知れない魅力をたたえた喫茶室です。

フランソア喫茶室 ふらんそあきっさしつ

住所:京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町184
電話:075-351-4042
営業時間:10時~22時(食事20時L.O.、飲み物とケーキ21時30分L.O.) 年末年始・夏季2日休
公式サイト:https://francois1934.com/

構成/藤田 優 ※本記事は雑誌『和樂(2018年4・5月号)』の転載です。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

色も風味も濃厚あん!目黒「ちもと」草だんご【美味しい!美しい!あんこ銘菓名店GP!】

和樂web編集部

絶景「清水寺の紅葉」貸し切りプランも! 少人数で味わう京都もみじ旅 特別拝観のご案内【京都ブライトンホテル】

和樂web編集部

売り切れご免の餅菓子。大阪・菊壽堂義信「高麗餅」【美味しい!美しい!あんこ銘菓名店GP!】

和樂web編集部

日常からの心地よい逃避行。京都「フランソア喫茶室」【茶味こそが京都!】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア