Travel

2023.07.20

【鎌倉ランチ】食通も通う味! 地元食材を使った名店 厳選4軒

鎌倉の旅の途中で、お昼ごはんを頂くならここ! 海鮮、和食、イタリアン――。食材が豊富な鎌倉ならではの、おしゃれで美味しい名店を4軒選びました。地産地消の味を、存分に楽しんでください。

体に沁みる建長寺直伝の味を完全再現「禅茶寮 点心庵」

じんわりとおいしい、滋味深い味わいの「伝承 建長汁」
建長寺の老師から、調理方法を伝授された建長汁(けんちん汁)が食べられるのは、「禅茶寮 点心庵(ぜんさりょう てんしんあん)」だけ。7、8種類の鎌倉・湘南産の野菜は、皮ごと切ってムダなく使用。木綿豆腐は手くずしに、こんにゃくは茶碗の底で削ぎ切りにし、昆布と干ししいたけの出汁のうま味を、たっぷりとしみ込ませています。ごま油の風味も効いて、食べごたえは十分! 店は建長寺の前にあるから、お寺参りの後に、胃が休まるような昼食を。

「伝承 建長汁」は990円(塩むすび2個付き)。筑前煮、自家製のお漬物付きで、満足度は十分。老師の言葉が刻まれたお椀は鎌倉彫。建長寺内の山内で養蜂も行っていて、建長汁のほかに、採取したはちみつを使ったカレーやプリンなど、そそられるメニューも。

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内7
電話:0467-55-9350 
営業時間:11時〜16時(15時L.O.) 月曜定休(祝日の場合は翌火曜日) 
公式サイト:http://tenshin-an.com/

基本は野菜と昆布! しみじみおいしい野菜ごはん「なると屋+典座」

昼も夜も同じ定食、そこもうれしい!「月のごはん」
鎌倉の土と潮風で育った野菜を優しい味わいで。「野菜のうま味は出汁になる」と、昆布と最小限の調味料で仕立てた野菜尽くしの月替わりごはん(定食)では、シャキシャキ、とろとろ、サクサクなど、食感豊かな5品がいただけます。「なると屋+典座(なるとやぷらすてんぞ)」ではできるだけ土地の食材を使うけれど、それが目的ではありません。子供から高齢者まで3世代で食べられる、無理なく土地や季節に寄り添った食事。家庭料理のようでいて違うプロの仕事、お見事です。

ふきのとうのご飯、うどと新わかめの揚げ物、かぶと油揚げの煮物などが並んだ3月の定食。昼も夜も1,760円で提供。小町通りというにぎやかなエリアにありながら、ほっとできる空間。メニューはほかに、葛とじうどん880円と、葛とじうどん+総菜3品1,760円がある。

住所:神奈川県鎌倉市小町1-16-12
電話:0467-23-7666 
営業時間:11時30分〜15時(14時30分L.O.)/ 18時〜20時(19時30分L.O.) 火曜と第2・第4水曜定休

ネタとシャリが別なのは自由に食べてほしいから「かまくら小花すし」

玉手箱のように華やかな鎌倉らしさあふれる逸品「特上ちらし」
地元に愛される、気取りのない寿司店。人気のちらし寿司は、ネタとシャリが別々の桶に入る、独自のスタイルが特徴。まずは刺身だけをつまみとして食べたいという、お酒好きの人にも好評だそう。魚のほとんどやイカ、タコなどは、地元の漁師から直接買い付け。「鎌倉の海は、量はとれないけれど、種類は豊富」と大将の三倉健次(みくらけんじ)さん。特上でネタは20種類ほど。フタを開けると現れる華やかな様子に、感嘆の声を上げる女性も多い。シャリにも錦糸卵や海苔、でんぶなどがかかっており、それだけでおいしい。季節の汁物付き。

種類の多さにどれから食べるか迷っちゃう、特上ちらし3,960円。店内には、カウンター7席と小上がりがある。作家・伊集院静(いじゅういんしずか)さんが、若かりしころ通ったことでも知られており、直筆の書が飾られている。

住所:神奈川県鎌倉市長谷1-11-13
電話:0467-23-0490
営業時間:12時〜15時/17時〜23時 水曜定休(祝日の場合は翌日休)

たっぷりだけど軽やか。心地よさ満載のイタリアン「ブリーズバードカフェ&ベーカリー」

季節を閉じ込めたソースも絶品!のランチコース
江ノ電の和田塚(わだづか)駅で交通系ICカードをピッとしたら数歩という距離の一軒家を改装し、2021年7月にオープンしたイタリアン。片岡聖斗(かたおかきよと)シェフは早朝からパンを仕込み、レンバイ(鎌倉市農協連即売所)で野菜を見繕います。横須賀からは長井漁港に揚がる地魚が届き、藤沢のみやじ豚も得意の食材。それらは前菜やメイン料理に美しく仕立てられ、地元の食通を足繁く通わせます。ランチを目的にわざわざ鎌倉まで出かける…のもありです!

ランチコースは前菜サラダ、メイン、パン、デザート、ドリンクが付いて2,700〜3,300円。メインはパスタ、魚、肉から選択。海こそ見えないが、真横を江ノ電が走る湘南らしいロケーション。シンプルな内装は、元宮大工(みやだいく)という職人によるもの。テラス席も気持ちいい。

住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-4-5
電話:0467-73-8055
営業時間:モーニング9時〜11時30 分(10時30分L.O.)/ランチ11時30分〜15時30分(14時30分L.O.)/ディナー18時〜22時(21 時L.O.) ※ディナーは完全予約制 火曜と第2・4水曜定休(不定休あり)
公式サイト:https://breeze-bird.com/

撮影/篠原宏明 構成/湯口かおり(禅茶寮 点心庵、かまくら小花すし)
撮影/佐藤敏和 構成/小竹智子(なると屋+典座、ブリーズバードカフェ&ベーカリー)
※本記事は雑誌『和樂(2023年6・7月号)』の転載です。お店の情報は雑誌掲載時のものです。

Tag
Share

和樂web編集部

おすすめの記事

Kyoto confectionery store that delivers seasonal scenery. Kyoto ‘Kameyayoshinaga’ [Kyoto, the city of Chami!]

和樂web編集部

もっちりした旨みに唸る。職人の技がさえわたる名店・1「鮓直」【あっぱれ! 大阪寿司!! part3】

和樂web編集部

Everything you need to know about travelling to Kyoto

和樂web編集部

実は、静かな住宅街にありました!地元に愛される名店。東福寺界隈【京都の「門前」にうまいものあり!】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア