日本文化の入り口マガジン和樂web
8月6日(金)
古いものが解体されて初めて、再創造は可能となる。(岡倉天心)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
8月5日(木)

古いものが解体されて初めて、再創造は可能となる。(岡倉天心)

読み物
Travel
2019.08.15

そうだ、縄文へ行こう。長野県諏訪地方、現代人でも行ける縄文観光8選

この記事を書いた人

ストレス社会にはホトホトつかれた、縄文時代に帰りたい。いやそんな贅沢は言わないからせめて、爆発的な生命力と創造力を持つ縄文の心に触れたい。そんな気持ちになったらすぐさま目指すべき土地はずばり、長野県諏訪地方、またの名を「縄文銀座」です。縄文時代はおよそ2500年前に終わってしまいましたが、諏訪の縄文は実にしぶとく、現在でも縄文スピリットを色濃く残す場所や祭り、信仰の形がたくさん残っています。

「縄文銀座」諏訪へのいざない、最終回は、「現代編」といたしまして、現代人でも実際に行ける、いや諏訪に行くなら絶対に行くべき縄文ホットスポットをご案内します!(連載の最初から読む

長野県の豊かな自然に身を任せ、「縄文銀座」を旅したならば、2500年間眠っていた縄文魂も蘇るというもの。日頃の文明人的ストレスなど一掃されること間違いなしです。ではさっそく、心と想像力をフルオープンにして、縄文スピリットを体感する旅へまいりましょう!


車の窓から臨んだ八ヶ岳山脈と夕日

書いた人

横浜生まれ。お金を貯めては旅に出るか、半年くらい引きこもって小説を書いたり映画を撮ったりする人生。モノを持たず未来を持たない江戸町民の身軽さに激しく憧れる。趣味は苦行と瞑想と一人ダンスパーティ。尊敬する人は縄文人。縄文時代と江戸時代の長い平和(a.k.a.ヒマ)が生み出した無用の産物が、日本文化の真骨頂なのだと固く信じている。