日本文化の入り口マガジン和樂web
6月24日(木)
愚かな連中は、迷いにとらわれ、悪の種をまけば悪の報いがあり、善の種をまけば善の報いがあるという原理を信用しない。(日本霊異記)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月24日(木)

愚かな連中は、迷いにとらわれ、悪の種をまけば悪の報いがあり、善の種をまけば善の報いがあるという原理を信用しない。(日本霊異記)

読み物
Culture
2021.01.12

漢字クイズ!「湯婆」なんて読む?これからの季節にとても嬉しい、あれ!

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

一気に寒くなり、こたつが恋しい季節になってきました。
ほこほこ温まりながら食べるのは、みかん? それともアイスクリーム? どちらもわくわくします。

さて、今のように電気が各家庭に引かれていなかった時代の暖房器具の1つ、「湯婆」。なんて読む、どんなものでしょうか? ゆばーば、ではありませんよ。

え!「ゆば」じゃないの……?

答えは、「たんぽ」!

答えは、「たんぽ」でした。湯たんぽのことですね。
金属や陶器などで作られた密閉容器の中にお湯を入れ、布でくるんで足や腰にあてて温まる、あれです。

湯たんぽってなんだかホッとするんだよな〜

子どものころ、低温やけどに注意しなさい、と言われていても、ずっとお腹に抱き込んでいたり顔にあてたりしていました。
最近ではゴムなどで作られたおしゃれなものもたくさん出ていて、ちょっとしたブームにもなったことがありましたね。

京阪地方では、お酒を温める(燗をつける)ための真鍮や銅の筒「ちろり」のことも、こう呼ぶそうです。

心と体をホカホカにしてくれる熱燗と湯たんぽ

昔なつかしいけれど、進化しておしゃれアイテムにもなっている湯婆。この冬、使ってみませんか?

▼続けてクイズに挑戦!
漢字クイズ!「団栗」ってなんて読む?こどもの頃に集めたアレです!

主要参考文献:
・『日本国語大辞典』小学館
・『デジタル大辞泉』小学館

アイキャッチ画像:柴田是真『姥』メトロポリタン美術館より

書いた人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。

この記事に合いの手する人

1994年生まれのさそり座の女。地元・北千住を愛す。大学在学中、和樂編集部で3年間アルバイトをする。就活に挫折していたところ、編集長に捕獲される。好きになるものの偏りが激しいことが悩み。最近心に響いたコトバは「お酒は嗜好品ではなく必需品」。アルコールは正義だと思っている