日本文化の入り口マガジン和樂web
9月19日(日)
生涯をかけて学ぶべきことは、死ぬことである(セネカ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月16日(木)

生涯をかけて学ぶべきことは、死ぬことである(セネカ)

読み物
Culture
2021.07.07

クイズ!どうして七夕にそうめんを食べるか知ってる?古代中国まで遡って調査してみました!

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

7月7日は七夕ですが、実は「そうめんの日」でもあるのです!
そうめんは、お中元の定番品でもありますが、七夕の日にそうめんを食べると「願い事がかなう」とも言われています。夏になり、暑くて食欲のわかない時のメニューと言えばそうめん、という方も多いかもしれません。
でも、なぜ七夕の日にそうめんを食べると良いのでしょうか? そもそも、七夕とそうめんの関係は? 気になったので、調べてみました。

たしかにどうしてだろう? 今まで何も気にせず食べてました! 気になる~~!

おさらい。「七夕伝説」とは?

日本での本来の七夕は、機(はた)を織る行事「棚機(たなばた)」でした。7月7日の夜にこの行事をしていたことから、「棚機」の字に「七」と「夕」の字を当てたと言われています。

織姫と彦星が年に一度、7月7日の夜にだけ天の川を渡って逢うことができるという中国の「牽牛(けんぎゅう)・織女(しゅくじょ)」の伝説と、裁縫や書道の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」の行事が奈良時代に日本へ伝わり、日本の風習と結びついて、今日の七夕の行事になりました。

香蝶楼国貞「豊歳五節句遊 七夕」 国立国会図書館デジタルコレクション

七夕伝説の織女と牽牛は、日本では織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)として知られています。

七夕が年中行事として定着したのは江戸時代

江戸時代には五節句の一つとして庶民にも広まり、七夕の行事が盛んに行われるようになりました。

もともと七夕の願い事は、機織りが上手な織姫にあやかって、短冊に歌や文字を書いて裁縫の上達を願うものでした。

江戸時代に寺子屋が増えてくると、習字や習い事の上達を願うものとして広がります。七夕の前日には、子どもたちが学問の上達を願って、手習いの道具を洗い清めて感謝する「硯(すずり)洗い」という行事が行われました。願い事を書いた短冊を笹竹につけるという風習が行われるようになったのもこの頃からです。

鳥居清長「子宝五節遊 七夕」 シカゴ美術館

ちなみに、七夕の短冊は、青、赤、黄、白、黒の5色。これは「世の中のすべては木・火・土・金・水からできている」とする陰陽五行説からきているもので、魔除けの意味を持っていると言われています。

短冊の色が決まっていたなんて知らなかった!

七夕名物? 竹の高さを競い合う江戸の豪商たち

旧暦の7月7日は、現在の暦では8月中旬から下旬頃となり、七夕は秋の始めの行事でした。(2021年の旧暦7月7日は、8月14日です。)

歌川広重「名所江戸百景 市中繁栄七夕祭」 国立国会図書館デジタルコレクション

絵の手前にある白壁と瓦屋根の四つの建物は「四方蔵(しほうくら)」と呼ばれる大店の倉庫として使われた土蔵で、江戸の京橋・南伝馬町のランドマークとして有名でした。
商人町の空が、七夕飾りで賑わっていますが、豪商たちは「隣に負けてなるものか。もっと大きくて立派なものを!」と、七夕の笹竹の高さを競い合ったのだとか。軒の高さは、平屋で約2~3m、2階建てでは約6mありましたが、七夕の笹竹は、大きなもので15mもあったそうです。
絵をよく見ると、七夕の笹竹には、願い事が書かれた短冊や吹き流しのほか、そろばんや大福帳(だいふくちょう/商家で売買金額を書き入れる帳簿)といった商家ならではものや、瓢箪(ひょうたん)の酒徳利、鯛、スイカなど、様々なものが飾られていることがわかります。

現代も商店街などで、趣向を凝らした飾りがみられますね♪

鳥文斎栄之「風流五節句・七夕」 所蔵:東京国立博物館 ColBase

七夕の季節になると、笹竹売りが竹を担いで売りに来ただけではなく、願い事を書く短冊を売る行商人も町にやってきたと言われています。

七夕とそうめんの関係は?

平安時代中期、醍醐天皇の命により編纂された『延喜式(えんぎしき)』。宮中の年中行事や儀式などが記されていますが、この中に、七夕の儀式の供え物の一つとして「索餅(さくべい)」が供えられたという記述があります。

そうめんの原型・索餅とは?

古代中国で、熱病が流行したことがありました。7月7日に皇帝の子どもが水死し、その霊魂が熱病流行の原因とされたことから、人々は索餅をお供えし、祟りを鎮めました。この故事にちなみ、病除け、魔除けとして、7月7日に索餅を食べる習慣が広まったとされています。

索餅は、米の粉と小麦粉とを練り、縄のように細長くねじった食べ物で、お菓子という説がある一方、そうめんの原形とも言われており、日本へは、奈良時代に中国から伝えられました。
江戸時代の医者・人見必大(ひとみ ひつだい)による『本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)』にも、「7月7日には必ずそうめんを食べる」とあります。

もともとは病や魔除けのために、7月7日にそうめんを食べたんだ!

語源も、索餅が索麺(さくめん)、素麺(そうめん)と変化したとするのが定説となっています。
なお、中国語の「索」には「縄」「綱」の意味があり、日本語の「素」は白さを表す漢字なので、日本人には「素麺」の表記がしっくりくるかもしれませんね。

そうめんと冷や麦の違いは?

そうめんと似た麺類に「冷や麦」がありますが、そうめんと冷や麦の違いは何か、ご存じでしょうか?
そうめんと冷や麦の違いは、ずばり、麺の太さ。そうめんの方が麺が細いのです!

「日本農林規格(JAS)」では、直径1ミリ以下のものをそうめんとしています。そして、作り方も少し違います。小麦粉に水と塩を加えてよく捏(こ)ね、薄く延ばして麺状に切ったものが、幅の広い順にきしめん(ひらめん)、うどん、冷や麦となります。
そうめんは小麦粉に水と塩を加えてよく捏ねてから、油を塗りながら手で細く長く延ばす、手延べ式の麺なのです。そうめんは細い物ほど高級品とされていますが、これは見た目がきれいであることはもちろんですが、「極細品」は腕の良いそうめん職人でなければ作れない等のためです。

手延べそうめんは、冬の寒冷期に製造してから木箱に詰めて貯蔵し、梅雨期を寝かせてから出荷します。これは、そうめんが湿気を吸収し、酵素が働いてうま味がでるためですが、管理が悪いとカビがはえたり腐敗したりすることも。このため、そうめん職人たちは梅雨期は「厄」と呼ぶのだとか。

そうめんづくりにそんな苦労があったなんて!!

「厄」を2回越した二年物のそうめんは「ひね」と呼ばれ、最もおいしいとされています。ちなみに1年越しは「新」、三年越しを「古ひね」と呼びます。

江戸時代のそうめんは長かった!? 北斎の絵で検証してみると……

斎藤月岑(さいとう げつしん)による、近世後期の江戸および近郊の年中行事を月順に解説した『東都歳時記』には、

七夕御祝儀、諸侯帷子にて御礼今夜貴賤供物をつらねて二星に供し、詩歌をささぐ。家々冷素麺を饗す

とあります。茹でて冷水に放ったそうめんを皿に盛り、つけ汁で食べるのが「冷やしそうめん」。江戸城でも、京都の公家たちも、七夕の日は冷たいそうめんを食していたようです。そして、庶民がそうめんを食べるようになったのは、江戸時代の中期頃からと言われています。

現在、そうめんと言えば、食べやすい長さに切り揃えられたものを思い浮かべる方が多いと思いますが、江戸時代のそうめんは長いままのものが主流で、食べるのに苦労していたようです。

そうめんは皿から脾胃(ひい)へひきつづき

この川柳では、そうめんが長すぎて、皿から胃までひと続きになっていることを詠んでいます。

葛飾北斎「北斎漫画 12」より メトロポリタン美術館

左ページの上に、そうめんを食べる男性二人が描かれています。二人が食べるそうめんが、長すぎるように思うのですが……。

右ページの踊っている人も気になる(笑)

皿に盛る冷そうめんは観世水(かんぜみず)

観世水は渦巻の形のこと。つまり、皿に冷やしそうめんが渦巻いて盛られている様子を詠んだ川柳です。

葛飾北斎画「絵本庭訓往来」より 出典:国立教育政策研究所教育図書館貴重資料デジタルコレクション

右のページには、そうめんを干す場面が描かれています。左のページは、そうめんの大食い大会の様子が描かれていますが、長いそうめんに悪戦苦闘している姿がユーモラスですね。

大食い大会って、昔からあったんだ!

7月7日は「そうめんの日」!

7月7日の七夕の日の行事食として、願いを込めて食べるそうめん。全国乾麺協同組合連合会では、昭和57(1982)年、そうめんを広く知ってもらうため、7月7日の七夕の日を「そうめんの日」と定めました。

七夕の願いは、人それぞれ。そうめんを白い糸に見立て、「機織りが上達する」ように願いを込めてそうめんを食べる、「織姫と彦星」の伝説にちなんで、そうめんを赤い糸に見立て、「出会いがありますように」と願いをこめてそうめん食べるという説もあるようです。
七夕の日、短冊に願いを書いて吊るすだけではなく、おいしいそうめんを食べてみるのはいかがでしょうか?

夏バテして食欲がない時も、不思議とそうめんならたくさん食べられます! 今年もいっぱいそうめん楽しむぞ~♡

主な参考文献

書いた人

秋田県大仙市出身。大学の実習をきっかけに、公共図書館に興味を持ち、図書館司書になる。元号が変わるのを機に、30年勤めた図書館を退職してフリーに。「日本のことを聞かれたら、『ニッポニカ』(=小学館の百科事典『日本大百科全書』)を調べるように。」という先輩職員の教えは、退職後も励行中。

この記事に合いの手する人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。

担当スタッフのおすすめ