日本文化の入り口マガジン和樂web
10月17日(日)
世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月14日(木)

世に生き飽きた者だけ、ついて来い。(土方歳三)

読み物
Culture
2021.08.15

「桑原」ってなんて読む?恐ろしい時に唱える謎の呪文?

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

「桑原」ってなんて読むでしょう?

正解は、「くわばら」です!

「桑原、桑原」と続けて唱える呪文ですね。
ドラマやアニメで登場人物が使うので、聞いたことがある人も多いと思います。

昔はまった漫画に「桑原くん」っていました!

どんな時に使う?

落雷を防ぐ言葉として使われてきました。

元々は雷・落雷よけのおまじないでしたが、次第に怖いことや嫌なことなどの災難全般を避ける言葉になったようです。

神鳴シリーズ『狂言五十番』より 月岡耕漁 シカゴ美術館

江戸時代の滑稽本『口豆飯茶番楽屋』には、「あたまをおさへて顔をしかめ、くわばらくわばら」と書かれています。災難は、江戸時代の人も嫌だったのでしょうね。

なんで「桑原」が雷や災厄よけのおまじないになったんだろう?

どうして桑原という漢字なの?

「桑原」という漢字があてられた由来は諸説ありますが、菅原道真と関係する伝説が有力なようです。

平安時代、京都中に激しい落雷が続く中で「桑原」という場所にだけは、雷が落ちませんでした。ここは、かつて菅原道真の領地だったのです。落雷を道真の祟りだと恐れていた人々は、「桑原、桑原」と手を合わせるようになったと言います。

現在この桑原は、住居もなく道路になっていますが、なぜか「桑原町」の名前だけが残っています。京都御苑と南側の京都地方裁判所に挟まれた場所なので、京都旅行の折に立ち寄って、ミステリー気分を味わうのもいいかもしれません。

▼菅原道真に関する、こちらの記事もどうぞ!
受験の神様、菅原道真が暴れまくる!奇想天外な能の作品「雷電」は眠気も覚めるおもしろさ!

そんな語源があったんですね! くわばらくわばら=怖い怖い、みたいなイメージがちょっとあったなあ。

浅草寺の門は、雷門?

雷つながりで思い浮かぶのが、東京・浅草寺の雷門です。東京を代表する観光スポットとして知られていますが、どうして雷門なのでしょう?

実は、正式名称は「風雷神門」で、いつしか省略して雷門と呼ばれるようになったようです。向って右側に風神様、左側には雷神様が門番として配されています。

大きな提灯の印象が強くて、風神・雷神像があったなんて気づきませんでした!

正面の「雷門」と書かれた提灯の逆側には、「風雷神門」と書かれています。お参りの折にはチェックしてみてください。

『浅草の金龍館の風と雷の門』 ニューヨーク公共図書館

参考文献:『精選版日本国語大辞典』小学館、『デジタル大辞泉』小学館

書いた人

幼い頃より舞台芸術に親しみながら育つ。一時勘違いして舞台女優を目指すが、挫折。育児雑誌や外国人向け雑誌、古民家保存雑誌などに参加。能、狂言、文楽、歌舞伎、上方落語をこよなく愛す。十五代目片岡仁左衛門ラブ。ずっと浮世離れしていると言われ続けていて、多分一生直らないと諦めている。

この記事に合いの手する人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。