日本文化の入り口マガジン和樂web
6月14日(月)
人間はあやまちを犯してはじめて真理を知る(三島由紀夫)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月14日(月)

人間はあやまちを犯してはじめて真理を知る(三島由紀夫)

読み物
Culture
2020.07.05

7月5日はビキニの日!その理由は?日本の水着の歴史とともに紹介

この記事を書いた人

7月5日は「ビキニの日」。今や海やプールの定番となったビキニですが、かつてはとんでもなく衝撃的な水着でした。

今回はビキニの日にちなんで、日本の水着の歴史をご紹介します!

「シマウマ」と呼ばれたかつての水着

日本初の海水浴場と言われる「大磯海水浴場」を描いた錦絵に、水着を着た女性がいます。それがこちら。

1893(明治26)年に出版されたこの絵から、当時の海水浴スタイルを窺い知ることができます。女性が着ている縞々模様の水着は、まるで洋服のよう。

こちらの背景には、短パン姿や裸の男性も。

裸で泳いでいる女性もいます。

もともと海水浴は健康増進・病気回復を目的に行われていたため、ファッション性はあまり重視されていなかったのでしょう。ワンピースタイプの縞模様の水着は「シマウマ」と呼ばれ、大正時代にブームを迎えました。

画像:「大礒海水浴 富士遠景図」著者:小国政 国立国会デジタルコレクションより

戦後おしゃれになった水着

戦時中や終戦直後は海水浴を楽しむ余裕がなく、水着に大きな変化はありませんでしたが、1951(昭和26)年に署名された「サンフランシスコ講和条約」を機に、日本でファッションが開花し始めます。1952(昭和27)年、『君の名は』というラジオドラマが流行。翌年映画化され、ヒロインがしていた頭にストールを巻いたスタイル「真知子巻き」が流行しました。

女性がこのような新しいファッションに目覚める中、水着もこれまでの「シマウマ」ではなく、ファッション性の高いワンピース水着が販売されるように。また、映画『狂った果実』などの影響で水着人気に火が付き、大胆なセパレート水着の販売も始まりました。

欧米に遅れて登場した「ビキニ」

1946(昭和21)年7月5日、フランスのデザイナー、ルイ・レアールが露出度の高い「ビキニスタイル」の水着を発表。ビキニという名前は、この4日前にビキニ環礁で行われた核実験が由来とされています。つまり、それほどの衝撃があったということです。

その後、日本にビキニが登場したのは1960年代。あまりの露出度に日本ではなかなか受け入れられなかったのです。

自分らしさを表現する水着

ビキニが日本で流行した後、再びワンピース水着も流行。素材やデザインが毎年アップデートされ、今ではブラジリアンビキニ・タンキニ(タンクトップビキニ)・バンドゥビキニなどさまざまなビキニスタイルのほか、ワンピース水着も定番となりました。

毎年流行の変化はあるものの、夏のファッションのひとつとして、自分らしさを表現するアイテムとなった水着。流行は繰り返すものとも言うので、そのうち「シマウマ」が再度流行する夏が来る……かも知れません。

書いた人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。