日本文化の入り口マガジン和樂web
4月15日(木)
私は知識人が嫌いです。彼らは上から下へです。私は下から上へです。(フランク・ロイド・ライト)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月15日(木)

私は知識人が嫌いです。彼らは上から下へです。私は下から上へです。(フランク・ロイド・ライト)

読み物
Culture
2020.08.31

歴史クイズ!明智光秀の娘「たま」の洗礼名は何か知ってる?

この記事を書いた人

大河ドラマ『麒麟がくる』に、かわいらしい赤ちゃんの姿で登場した「たま」。主人公・明智光秀の娘で、その美しさから「戦国一の美女」と評判だったと言われます。たまは激動の時代に翻弄され、壮絶な最期を迎えました。

そんな「たま」は、キリスト教の洗礼を受けた武家女性としても有名です。

ここでクイズ!洗礼を受けた際に付けられた、たまの洗礼名(クリスチャン・ネーム)は何か知っていますか?

たまの洗礼名は……

では、答えの発表です!明智光秀の娘・たまの洗礼名は……?

……

……

……

正解は、「ガラシャ」でした!答えを聞けば「あ~そうだった!」と気付いた方も多いのではないでしょうか。

激動の時代を生きた、たま

信長の優秀な配下・明智光秀の娘として育ったたまは、細川藤孝の嫡男・細川忠興と政略結婚をします(大河ドラマでは、細川藤孝に赤ちゃんのたまが抱かれる場面がありましたね)。

結婚後、子宝にも恵まれた忠興・たま夫妻。ところが父・明智光秀が謀反(本能寺の変)を起こしたため、たまは夫によって幽閉されてしまいます。

このような大事件や度重なる身内の死が続いたたまは、心の拠り所を求めました。それがキリスト教です。たまは、密かにキリスト教の洗礼を受け「ガラシャ」という名を授かりました。

壮絶な最期

乱世に翻弄されたたまは、その最期も壮絶なものでした。敵兵に城を取り囲まれたたまは、キリスト教では自殺が禁じられていたため、信頼する家老の小笠原秀清(少斎)の介錯により、38歳でこの世を去りました。

たまの生涯について、詳しくはこちらの記事もお読みください。
夫に幽閉された美女・細川ガラシャ。乱世に翻弄された、光秀の娘の壮絶な人生とは
「鬼の妻には蛇が似合いでしょう」戦国美女・細川ガラシャが夫に放った一言の理由