イベント多すぎっ!江戸時代のカレンダーが衝撃的だから見てほしい…!

イベント多すぎっ!江戸時代のカレンダーが衝撃的だから見てほしい…!

かつて江戸の人々は、年末年始はもちろん、1年を通してさまざまな行事を催し、楽しんでいました。その中には雛祭りや七夕など、今でもおなじみのイベントもありますが、江戸時代ならではのものも少なくありません。そこで今回は、四季折々の生活の中で、どのような行事を楽しんでいたのか、主なものを紹介します。なお月日の表示は旧暦ですので、現在よりも約1ヵ月、後ろにずれています。

1月・睦月(むつき/mutsuki)

七福神めぐり

年末年始の諸行事の紹介は後回しにして、まずは1月中旬、春の気配が感じられると、人々が出かけたのが「七福神めぐり」です。七福神とは福をもたらす七柱の神様で、一般的には恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋、寿老人、弁財天を指します。彼らが描かれた宝船の絵を、正月2日に枕の下に入れて寝ると、よい初夢を見ることができるともいわれていました。七福神めぐりはそれぞれの神様を祀るお寺や神社を7つ詣でるもので、谷中七福神、山手七福神、隅田川七福神などがあります。もともとは信仰目的でしたが、次第に娯楽や物見遊山として楽しまれるようになりました。
宝船

2月・如月(きさらぎ/kisaragi)

初午(はつうま)

江戸に多いのは「伊勢屋、稲荷(いなり)に、犬の糞」といわれるほど、江戸の町にはあちこちで「商売繁盛」を祈念するお稲荷さんが祀られていました。その稲荷社の祭りが、2月最初の午の日に行われる「初午」です。稲荷社のまわりに「正一位稲荷大明神」と染められた幟(のぼり)が立ち並び、赤飯や酒とともに、稲荷神の使いである狐の好物「油揚げ」が供えられました。また「初午の早い年には火事が多い」という俗信から火にも関わりがあり、王子稲荷(東京都北区)では、初午の日に火伏せの縁起物である凧(たこ)を売る凧市が開かれ、現在も続いています。なお、子供たちが読み書き・そろばんを習うために寺小屋に通い始めるのも、初午からが多かったようです。

イベント多すぎっ!江戸時代のカレンダーが衝撃的だから見てほしい…!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする