日本文化の入り口マガジン和樂web
5月15日(土)
「カレーの辿ってきた道」と「日本のお茶の歴史」は似ている
(タケナカリー)映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月13日(木)

「カレーの辿ってきた道」と「日本のお茶の歴史」は似ている
(タケナカリー)映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2021.01.10

クイズ!日本で最初に爆死したと伝わる武将は誰?ヒントは、信長に反逆したあの人物

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

戦国のシビアな時代をかけぬけた戦国武将たちは、ドラマチックな最期を迎えた者も多くいました。

『爆死』とは、なかなかなインパクトです!

下の3人の武将の中から選んで下さい。

1.足利義輝

2.松永久秀

3.柴田勝家

え~、誰だろう??

答えは……2番です!

クセ強めだけど憎めない?

出自は謎が多いとされていますが、畿内(きない)を支配した戦国武将です。大河ドラマ『麒麟がくる』では、吉田鋼太郎が、一癖も二癖もあるキャラクターを魅力的に演じています。下克上を行った典型的人物とされ、三好長慶(みよしながよし)に仕えて重臣となりますが、その死後に長慶の息子を毒殺。長慶の家臣・三好長逸、岩成友通、三好政康の三好三人衆と共に、13代将軍足利義輝を襲い殺害します。さらには三人衆が陣をしいた東大寺を攻め、戦火で大仏殿が焼け落ちます。

長らくこれらのエピソードは、久秀が首謀とされてきました。どうも、これは後代の創作では? というのが最近では有力になっています。変わり身が早く、抜け目のないところが悪役に仕立てやすかったのかもしれません。

天正5(1577)年、久秀は信長に背いたことで信貫山城(しぎざんじょう)にたてこもります。この時、自分と同じ種類の人間と思い、親しみを感じていた信長は久秀に助け船を出します。「天下の名物茶器『古典明平蜘蛛の釜(こてんみょうひらぐものかま)』
を差し出せば、命は助ける」と告げたのです。しかし、久秀は従わずに平蜘蛛の釜を抱いて火中に投身して生涯を終えます。

そんな死に方、苦しそう……

この時68歳と聞くと、何とも、ファンキーな死に様という印象です。もう、ここまでと悟って、名器と共に死ぬことを演出したように感じますね。この火中に飛び込む時に釜に火薬を詰め、爆死した伝承が広く知られています。久秀のイメージにぴったりですが、実際は切腹して自ら城に火をかけたのが真実だと言われています。さて、『麒麟がくる』の久秀は、どんな最期を迎えるのでしょうか?

楽しみ! と言っていいかわかりませんが、久秀の最期が楽しみです!

柴田勝家の驚く最期!!

冒頭にあげた3人のうちのひとり、柴田勝家は、秀吉に攻められて自害したことで知られています。信長の妹で、妻のお市も道連れでした。死を覚悟した勝家はお市を刺し殺すと、切腹します。『柴田退治記(しばたたいじき)』によると、五臓六腑を引きずり出して絶叫して果てたというのです!! なんという凄絶な死。愛する妻と死ななければいけない無念。秀吉への恨みからなのでしょうか? 秀吉はお市の方を長年恋慕っていたそうなので、複雑な関係性を感じてしまいます。

秀吉へのせめてもの抵抗だったのでしょうか……。

動乱の時代に生き、激しく散った戦国武将を知ると、日々を大切に生きなきゃ、そんな気分になりますね。

参考文献:『残念な死に方事典』小和田哲男監修 ワニブックス 『朝日日本歴史人物辞典』朝日新聞出版

書いた人

幼い頃より舞台芸術に親しみながら育つ。一時勘違いして舞台女優を目指すが、挫折。育児雑誌や外国人向け雑誌、古民家保存雑誌などに参加。能、狂言、文楽、歌舞伎、上方落語をこよなく愛す。十五代目片岡仁左衛門ラブ。ずっと浮世離れしていると言われ続けていて、多分一生直らないと諦めている。

この記事に合いの手する人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。