日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(月)
大学生の時に、世界を変えることに携わりたいと思っていた。そして、今も。(イーロン・マスク)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月2日(金)

大学生の時に、世界を変えることに携わりたいと思っていた。そして、今も。(イーロン・マスク)

読み物
Culture
2022.11.07

実は江戸で起きていた中国ブーム!日本人の『三国志』好きの起源を探る

この記事を書いた人

中国の三大エンタメといえば、『三国志』、『西遊記』、そして『水滸伝(すいこでん)』だ。

特に『三国志』に関しては、その作品に登場する諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)や関羽(かんう)、曹操(そうそう)を主人公とする話は学校で使用する漢文の教科書の題材にも使われている。

例えば平成20(2008)年には香港のジョン・ウー監督が手がける『レッドクリフ』が公開された。これは明の時代に出回っていた『三国志演義』をもとに作られたアクション映画で、多くの日本人を熱狂させた出来事は記憶に新しい。

近年は『三国志』の英雄をモチーフとした戦国ゲームなども人気のようであるが……。

それぞれの時代のニーズに合った翻案を生み出しつつ、さまざまなカタチで日本人に受け入れられている『三国志』。
その人気はどうやら江戸時代から始まったようだ。

どうしよう…読んだことない……。

中国ブームの立役者は岡島冠山だ!

『三国志』とは、中国の三国時代(魏・呉・蜀)の歴史を記述した書物であり、そこに書かれている言葉はもちろんその時代に使われていた中国語。言葉が分からなければ、その内容への理解は深まるはずがない。

一方、江戸時代の人々にとっての現代中国語、すなわち唐話(※/以下、中国語)で書かれた『三国志』が日本に輸入されていた。よって、魏や呉の時代の言葉が分からなくても、当時の言葉さえ分かれば『三国志』が読める。ということで、唐話の研究がスタートした。

※唐話とは長崎の唐通事が自ら中国語と称して実際に使っていた言葉を指す。唐の時代に使われた言葉を指すわけではない。唐話と現代中国語の標準語である普通話は、大して言葉遣いなどに違いはないとされている。

江戸時代の中国語の研究を行ったのは、いわゆる“江戸時代の空海”を冠するほどに中国語が堪能で、数々の中国語教材を編纂した岡島冠山(おかじまかんざん)という長崎唐通事出身の儒学者。江戸の中国ブームはこの人から始まったと言っても過言ではない。

幕府の鎖国政策により、長崎に唐人屋敷を設置

冠山は5代将軍・綱吉から7代将軍・吉宗の時代にかけて活躍した儒学者である。まず、それ以前の日本では、中国語は多くの日本人にとってメジャーな言語ではなかったようだ。

江戸時代の長崎では中国やオランダとの貿易が行われており、外国人と日本人との交流が盛んであったと考えがちだ。確かに、当初は長崎の街じゅうに中国人と日本人が混じって生活をしていた。が、万治4(1661)年に清で実施された遷界令(せんかいれい/商人の海外渡航を禁止する政策)の影響で、長崎に寄港する唐船は20隻まで減少。その後、天和4(1684)年の遷界令の解除とともに唐船の入港数が急増したことがきっかけで、幕府の鎖国政策の一環として中国人と日本人の接触を制限するための唐人屋敷(とうじんやしき)が設置されたのだ。

原則として、唐人屋敷に出入りできる人間は厳しく制限され、例えば長崎の役人(唐通事(※)を含む)やその関係者(商人、遊女、大工、医者、人夫など)が入れるのも屋敷の入口の二の門までとされた。また、中国人が唐人屋敷を出て、長崎の町を自由に彷徨うことも許されないという状況であった。

※唐通事とは中国語の通訳者を指す。一方、オランダ語の通訳者は「阿蘭陀通詞」と言っていたが、同じ通訳業と言えども業務内容や求められる資質・能力に違いがあった。基本的に、ただ語学力しか求められなかった阿蘭陀通詞に対し、唐通事には語学力だけでなく、操舵技術を含む船舶関連の知識が求められた。唐「通事」と表記されるのは、推古天皇の時代からの名残であると言われている。

岡島冠山が立ち上がり、中国語学習ブームが巻き起こる

日本の歴史上の人物を見ても、空海や新渡戸稲造、福澤諭吉がそうであるように、語学上達の秘訣は「ネイティブといかに接するか?」に尽きる。ところが、当時の日本においては中国人と多くの日本人が接する機会が完全に絶たれており、中国語をより自然に身に付けられる環境になかった。

禁止されればされるほど、余計に興味が湧くもの。多くの日本人は中国人との接触機会を絶たれていたからこそ、中国の情報や文化に強い興味を示し、ほんの好奇心から独学で当時の中国語を勉強しようとする人も少なくなかったのだとか。

そんななか、「中国語を江戸の人々に普及させたい」という思いのもと立ち上がったのが冠山であった。中国人や唐通事が話す生の中国語を聞いて理解する能力に長けていた冠山は中国語のプロフェッショナルとして、日本初の中国語会話本である『唐話纂要(とうわさんよう)』の執筆・編纂に携わった。

『唐話纂要』は唐通事が話していた言葉を音読で学習する方式がとられており、漢字の横に発音がカタカナで示されている。この教材を使えば、ネイティブと接する機会のない大半の日本人でも中国語を習得することができた。-国立公文書館デジタルアーカイブ

厳密に言うと、『唐話纂要』に記載された中国語は実際にネイティブが口頭で使う言葉とは違っており、いわゆる日本人のために作り出された中国語であった。ここで、幕末の話に移るとしよう。こちらの記事でも述べた通り、ペリー来航後の幕末の横浜では英語のようで英語でない“横浜ピジン”と呼ばれる言葉が話されていた。『唐話纂要』に記載された中国語は、それに匹敵する言葉であったのだ。幕末の横浜において日本語かぶれの英語でも外国人との会話が成立したように、いわゆるジャパニーズ・イングリッシュならぬ、ジャパニーズ・チャイニーズでもネイティブと唐通事との会話に支障はなかったようだ。

『唐話纂要』は単なる中国語会話本にとどまらなかった。『唐話纂要』の巻6の「和漢奇談」には口頭で発せられた言葉ではなく、読み書き用の言葉が記載されている。こうして、ネイティブとの接点のない一般の日本人でも『唐話纂要』を通じて、中国語の「話す」「聞く」「書く」「読む」能力を身に付けられるようになっていた。

中国語学習に熱心であった儒学者の荻生徂徠(おぎゅうそらい)による後押しもあり、正徳から享保にかけて日本の漢学者の間で中国語学習ブームが巻き起こり、のちに一般の日本人にも広まっていった。

白話小説を翻訳し、『水滸伝』ブームに

特に慶長の時代には、明や清の時代に書かれた白話小説が日本に多く輸入された。白話小説とは唐の時代に存在しなかった新たな文学ジャンルで、『三国志』や『水滸伝』などの中国古典文学を話し言葉に近い俗語で書いた小説全般を指す。

残念ながら、中国語会話本である『唐話纂要』のみでは、中国語をマスターしたことにはならない。外国の小説などで実際に使われている用法に触れ、それに対応する日本語と照らし合わせながら学ぶのが語学習得の近道である。ということで、冠山が日本人の中国語上達にためのとった手段が、白話小説として書かれた『水滸伝』の翻訳を手がけることであった。

『水滸伝』などの白話小説は中国の日常語である俗語体で書かれている。冠山は唐通事として生の中国語に触れており、俗語を解釈する能力にも長けていた。これは同じく中国語が堪能であった空海との決定的な違いだ。訓点を付ければ、日本人は中国語を理解できると考えた冠山は、俗語の多い白話文学に訓点を付けながら翻訳に挑んだ。その結果生み出されたのが『通俗忠義水滸伝(つうぞくちゅうぎすいこでん)』だ。

『通俗忠義水滸伝』の刊行をきっかけに『水滸伝』への関心が高まり、『日本水滸伝』や『忠臣水滸伝』、『いろは水滸伝』などの翻案物が続々登場し、『水滸伝』ブームが巻き起こった。

パロディ的な?

『三国志』が約100年にわたるロングセラーに

一方で、明代に生まれた『三国志演義』を日本で初めて翻訳(※)したとされるのは「湖南の文人」(以下、「文人」)と名乗る人物である。その人の詳細は不明であるが、京都の天竜寺の僧の義轍(ぎてつ)と月堂(げつどう)兄弟ではないかと言われている。

『通俗三国志』(10巻)国立国会図書館デジタルコレクション

京都の着物屋が対馬藩に滞在した折に、京都五山の僧侶による『三国志演義』の講釈を偶然耳にしたのがきっかけで『三国志演義』の翻訳書の出版が実現したのだとか。

文人が手がけた『三国志演義』の翻訳は、元禄4(1691)年9月、京都の出版業者の栗山伊右衛門(くりやまいえもん)により『通俗三国志』として刊行。その後、寛延、天明と約100年にわたるロングセラーとなった。

ところで、昭和元(1926)年から令和4(2022)年までが大体100年。その間に輸入ものでヒットが持続している本というのはあまり思い当たらない。例えば何度もシリーズ化され、現在も人気が衰えることのないあの『ハリー・ポッター』も、1900年代に日本に持ち込まれてからせいぜい30年程度。『三国志』を超えるブームとは到底言えない。

『三国志』ブームに便乗し、北斎の弟子も大活躍

『水滸伝』も、『三国志演義』も、当初は中国語学習の副教材として使われていた。江戸時代も後半に差しかかると、人々の焦点は語学にとどまらず、中国の文化そのものを楽しむことに当てられ、ユニークな挿絵が印象的な翻案物や錦絵、『三国志』を卑俗的に作り変えた洒落本なども登場した。その流れに乗ったひとりが、江戸時代後期の絵師である歌川国芳(うたがわくによし)であった。

くにくにブラザーズの一人ですね。詳しくはこちらで。


『通俗三国志英雄之壱人』(朝桜楼国芳錦絵)国立国会図書館デジタルコレクション

歌川国芳とは別の人物によって手がけられたものであるが、絵師ごとに特色が出ていて、イラストを眺めているだけでも楽しい。-『三国志画伝.五』(重田貞一訳/歌川國安画)国立国会図書館デジタルコレクション

『三国志』をモチーフとした錦絵が数多く輩出されるなかで、特に人気を博したのが天保の時代に刊行された『絵本通俗三国志』。その名の通り、絵本版の『三国志』といったところであろうか。ちなみに、400点を超える挿絵を担当したのは葛飾戴斗(かつしかたいと)と名乗る人物だ。

『絵本通俗三国志』(文山著/葛飾戴斗画)国文学研究資料館所蔵 CC BY-SA

なんだか画風が北斎とよく似ていると思わないだろうか。北斎は生涯で80回以上改名したとも言われており、きっと北斎が描いたものではないかとも考えられていたようだが……。

この絵を描いたのは、実は「大阪北斎」や「犬北斎」といった異名を持つ人物。その正体は京都生まれの元豊岡藩士。北斎のニセモノ?と思いきや、二世葛飾戴斗の名前を譲り受けた北斎の一番弟子とも言われている。どうやら北斎の浮世絵を真似しながら画法を習得したそうだ。きっと『三国志』人気にあやかって、知名度が急増に違いない。

おわりに

口語体で書かれているのが民や清の時代に成立した白話小説の特徴である。ここでキーワードとなるのが世俗的な世界観だ。

さて、松尾芭蕉が活躍した元禄時代には町人文化が栄え、世俗的な句がたくさん詠まれた。基本的に芭蕉の句の根底には中国の老荘思想が流れている。

江戸時代後期には巧みな口語体が印象的な人情本や滑稽本、洒落本などが流行し、化政文化が栄えた。勧善懲悪的な読み物が多いのがこの時代の文化の特徴だ。一方、勧善懲悪は中国の伝統的な文学においても顕著に見られる。

冠山は長崎を出発点に、江戸や京都に中国語を広めなければならないという使命感に駆られていた。それはそうと、中国ブームに始まり、元禄文化、そして化政文化と続いた江戸時代。これらの出来事は「世俗」を軸に連綿とした繫がりがある。少なくとも筆者はそんな気がしてならないのだ。

(主要参考文献)
『江戸の翻訳空間』岡田袈裟男 笠間書院 2006年
『江戸時代の唐話に関する基礎研究』奥村佳代子 関西大学出版部 2007年
「日本における『三国演義』の受容(前篇)-翻訳と挿図を中心に」上田望『金沢大学中国語学中国文学教室紀要9』2006年

書いた人

1983年生まれ。愛媛県出身。ライター・翻訳者。大学在籍時には英米の文学や言語を通じて日本の文化を嗜み、大学院では言語学を専攻し、文学修士号を取得。実務翻訳や技術翻訳分野で経験を積むことうん十年。経済誌、法人向け雑誌などでAIやスマートシティ、宇宙について寄稿中。翻訳と言葉について考えるのが生業。お笑いファン。