日本文化の入り口マガジン和樂web
11月27日(土)
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(藤原道長)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(木)

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(藤原道長)

読み物
Culture
2021.09.25

クイズ!この虫の名前は?ヒントは、秋になると美しい声で鳴くあの虫!

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

夏が終わりに近づき、秋の気配がただようと、夜間に美しい虫の声が聞こえ始めます。

さて、画像の虫の名前は何でしょう?
下から選んでください!

1.まつむし

2.こおろぎ

3.すずむし

さて、答えは…….。

3のすずむしでした! わかりましたか?

虫にまったく興味のないワタシ、もちろんわかりませんでした〜

すずむしの鳴き声は?

すずむしは、りーんりーんと鈴をころがすような良い音を出すことで知られています、そのため漢字では「鈴虫」が当てられています。

鳴くのは雄だけで、前羽を立て、2枚をこすり合わせて音を出します。右の前羽の裏に、細かいやすりが並んでいて、左羽でそこをこすって音を出します。

ちなみに、まつむしの鳴き声はチンチロリン、こおろぎはコロコロコロコロ…….。

秋の虫の鳴き声の違い、有名な童謡でもありましたね!

すずむしは足で聞く?

すずむしが鳴くのは、雄から雌への求愛のためです。私たちは、すずむしの声に風情を感じますが、雄は子孫を残そうと必死な訳ですね。
この雄の鳴き声を雌はどこで聞くかというと、驚いたことに足で聞きます! 実は、前足に聴覚をつかさどる耳の機能があるそうです。足に耳があるって、意外ですね!

足に耳が!振動がダイレクトにつたわりそうです。

すずむしを飼ってみよう

すずむしは日本人に古くから愛され、平安時代の貴族は籠に入れて美しい声を愛でました。源氏物語にもその様子が描かれています。不思議なことに平安時代は、すずむしとまつむしが逆に認識されていました。どちらかと言うと、まつむしの鳴き声を好んだようです。その後、江戸時代初期ごろから現在の呼び名が浸透したといわれています。

江戸時代後期になると、「虫売り」という商売が出現。神田でおでん屋を営んでいた男が養殖に成功し、江戸っ子たちに大受けしました。次第に虫売りは江戸の風物詩となったようです。

すずむしを飼う場合は、まず透明な水槽を用意します。中に土と食べ物、かくれ場となる木のくずなどを入れます。食べ物は、きゅうり、キャベツなどの野菜と、にぼしやかつおぶしなどです。えさはよく取り替えて、時々霧吹きで湿り気を与えます。乾燥しすぎないように注意するのが、うまく飼うコツです。

産卵すると、翌年の春には孵化します。上手に育てると、再びりーんりーんという美しい音色を聞くことができるでしょう。

参考文献:『しぜん図鑑こんちゅう』水野丈夫監修 フレーベル館発行 『ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修 高橋書店発行 『精選版日本国語大辞典』小学館

▼続けてクイズに挑戦!
【難易度★★★】画像クイズ!これから見頃のこの花は何?ヒントは東北の銘菓!

クイズ!顔が怖すぎるこの魚、名前は何?ヒントはあの高級魚!

書いた人

幼い頃より舞台芸術に親しみながら育つ。一時勘違いして舞台女優を目指すが、挫折。育児雑誌や外国人向け雑誌、古民家保存雑誌などに参加。能、狂言、文楽、歌舞伎、上方落語をこよなく愛す。十五代目片岡仁左衛門ラブ。ずっと浮世離れしていると言われ続けていて、多分一生直らないと諦めている。

この記事に合いの手する人

平成元年生まれ。コピーライターとして10年勤めるも、ひょんなことからイスラエル在住に。好物の茗荷と長ネギが食べられずに悶絶する日々を送っています。好きなものは妖怪と盆踊りと飲酒。

担当スタッフのおすすめ