戦国時代、武士たちは食事やトイレはどうしていたの?歴史のプロに聞いてみた!

戦国時代、武士たちは食事やトイレはどうしていたの?歴史のプロに聞いてみた!

「戦場の食事ってどうするの?」「甲冑着たままどうやって用を足すの?」えっ…そこから?! なんて言わないで! 歴史の知識ほぼゼロな和樂web編集部スタッフが、ず〜っと気になっていた戦国時代の疑問を、歴史のプロに聞いてみました。

回答は、和樂webのライター・辻 明人さん。質問は、和樂web編集部(コパ子、きむら、とまこ)です。

辻さんを取り囲む3人。左から、兜をかぶっているのがコパ子、紺色の羽織を着ているのがきむら、右の赤い羽織を着ているのがとまこ。3人とも歴史に関しては、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康をなんとな〜く覚えているくらいの知識量。

【辻 明人さん プロフィール】

東京都出身。出版社に勤務。歴史雑誌の編集部に18年間在籍し、うち12年間編集長を務めた。編集部を離れるも、いまだ燃え尽きておらず、noteに歴史記事を自主的に30日間連続で投稿していたところ、高木編集長に捕獲される。「歴史を知ることは人間を知ること」だと信じている。ラーメンに目がない。

おさらい!戦国時代って何?

諸説ありますが「応仁の乱(1467年~)」が始まってから「大坂夏の陣(1615年)」が終わるまでの約150年間を指します。当時は足利将軍の力が弱まり、全国に戦国大名が現れて、誰でも野望を持つことができました。武士でなくても、実力と才覚次第で出世、あわよくば天下統一を目指せる。乱世をさまざまな武将たちが各地で奮闘していました。

(詳しくは「何をしたら天下統一なの? 戦国時代の疑問、歴史のプロに聞いてみました!」で解説)

戦場でお腹空いたらどうするの?

― 戦っている間、武士たちはどうやって食事をとっていたんですか?

基本的に「腰兵糧(こしびょうろう)」という食べ物が入った袋を、みんな持っていました。だいたい3日分を腰にくっつけるんですね。中身はどんなものかといいますと、一番オーソドックスなのは米です。握り飯もあれば、炊いた米を干したものもあれば、生米を炒ったもの…これはスナックみたいにポリポリ食べられる。あとは餅とか。

また「兵糧丸(ひょうろうがん)」というお団子があります。米やきな粉、魚粉、梅干しなんかを混ぜて固めたものです。これは現代でいうところの、カロリーメイトですね。これを食べれば、すぐにエネルギーチャージできる。

それから芋がらの茎。里芋の茎をねじって縄状にして、醤油と味噌で煮込んで乾燥させたものです。縄になっているので、どこかに縛っておいて。必要なときにちょんちょんと切ってお湯に入れると、お味噌汁代わりになるんですね。

― 食べ物は腐らないんですか?

おにぎり以外はね。腐らない工夫もしています。メジャーな食料のひとつ、味噌玉はそのまま齧ってもいいし、おかずやお湯に入れれば味噌汁にもなる。これは腐らないように焼いてあるんです。それから戦場でもひと段落すると屋台のような物売りがくるんですよ。

― えっ、屋台!?

今でもオフィス街にキッチンワゴンがお弁当を売りにくるじゃないですか? そういうかんじで、戦場で雑炊とか売ってるんですよ。

考えてみれば、参加してる人たちにとっては大変なんだけど、商売人にとっては、戦って一大イベントです。たくさん人がいて、まぁ…死んでいる人も転がっているけど、みんなお腹空かせているから、ごはん持って行ったら食べる。なので物売りから温かいごはんを買うこともできた。

― お祭りみたいになるんですね…! ものすごく意外。

そうそう。「大イベントだ!」と言って、近くのお百姓さんたちは山の上でお弁当を持って、戦場見物に来てたみたいです。「あ〜今、西軍大変だねぇ」みたいに会話しながら観ていたのかも。意外とショー的な一面もあったんですね。

合戦の最中に「漏れる!」ってなったら…?

― あの…戦場でトイレはどうしていたんですか?

今までよく言われていたのは、竹筒を袴の脇の三角のスペースから入れて、筒を通して用を足していたという説。ただ、実際はどうもそうではないようで、合戦の時に履く袴は、股の部分が切れていて、小用も足せますし、しゃがむと左右に開くようになっていたようです。

下着は越中褌(えっちゅうふんどし)ってありますよね? 普通はぺろんと垂らす部分を、胸まで持ち上げて、ひもを首に結ぶんです。結んだところを緩めると、股の部分も緩んで用が足せるという仕組み。甲冑を着ていても、用が足せました。ただ…ただですよ? 合戦の最中にのんびりしゃがんでいると、首とられちゃいますからダメです。

― じゃあ、もし合戦の最中に「あ、やばい!!」ってなったら…?

…ご想像のとおりです(笑)。ただ、おそらくですね、我々もいざという場面になると、それまで緊張してもよおしていた尿意が収まることがありますよね? おそらく合戦の際も、始まると尿意はピタッと止まったんじゃないかなと思います。あとは当然、合戦前は水をがぶ飲みしないとか、対策はしていたと思います。汗をかくので、尿の水分も相当失われたと思いますし、大きい方でなければ、大丈夫だったんじゃないでしょうか。

― 大きい方の場合は……。

大きい方は、おそらくだめですね(笑)。有名な話で、徳川家康が武田信玄と戦って大負けし、馬で逃げていく途中に、追手の恐怖のあまり大きい方を漏らしてしまった。なんとかお城にたどり着くと、家臣に「殿、お尻が汚れていますが…」と言われて、「これは焼き味噌じゃ!」ってごまかした話。まあ、臭いでわかりますよね! きっと(笑)。

ネットも電話もないのにどうやって連絡とるの?

― 戦況など情報伝達はどうやっていたんですか?

情報手段のひとつは火を焚いて煙を出す「狼煙(のろし)」ですね。

長野県長野市に武田信玄と上杉謙信がしょっちゅう戦った川中島という場所があります。そこから信玄の本拠地である山梨県甲府市のあたりまで、約150kmあるんですけど、川中島に異変が起きて、のろしを上げると、のろしが次々とリレーのように連なって、甲府まで続くんですね。そうすると150km先の異変を、約2時間で伝えることができたといわれます。

ただ、のろしは「何かが起きた」以上の情報は届けられないので、具体的な内容は手紙を送らなければいけません。戦国時代以前から飛脚はいましたが、江戸時代みたいに街道が整備されていないのでスピードはそれほど早くありません。

江戸時代は、江戸から京都まで約500km、これを一番高い料金を払うと、3日で走り抜いたらしい。めちゃくちゃ早いですよね? だいたい10km単位でリレーしていくんですが、これは道が整備され、宿場がちゃんとあって交代ができたから。

ところが、大名たちが割拠(かっきょ)し、領土の境目にはあちこちに関所があるわけじゃないですか。そうすると関所で捕まって、情報を奪われたらアウトです。情報漏洩の観点からも飛脚を安易に使えない。また、当時は飛脚を使っても、おそらく1日40-50kmくらいのスピード。それだと埒が明かない。しかも自分の信用できる人に手紙を託さなくてはならない…。

それで出てくるのがお抱えの修験者(しゅげんじゃ、山伏とも)や忍者なんです。絶対裏切らない人たちに手紙を託す。

彼らがどうしたかというと、街道ではなく山を突っ切りました。険しいけど、山を迂回する街道よりも距離は短い。なので山歩きに慣れている人であれば、圧倒的に時間を短縮できる。関所も山の中にはありませんから、敵の領地も進めるわけです。修験者や忍者を使って素早く情報伝達していたのは事実で、ドラマや漫画で描かれる忍者の存在は、かならずしも絵空事ではないのです。

― 忍者が情報伝達に活躍していたんですね…!

忍者以外にも変わったものが活躍していた例もあります。犬を密使にして、「いけっ!」と走らせていた武将がいるんです。敵も、まさか犬に手紙を持たせているとは思いません。これはみんながやっていた手法ではなく、現在の埼玉県の岩槻城にいた太田資正(おおたすけまさ)という武将が使っていました。

しかも、犬に持たせた手紙がおもしろくて、開いても白紙。水につけると文字が浮かんでくるもので、敵に情報を奪われない工夫が施されていたといわれています。彼は、室町時代後期の武将・太田道灌(おおたどうかん)のひ孫にあたる人で、こういうエピソードもあって「ああ!さすが名将の子孫だ!」と言われたそうです。

甲冑、身動き取りづらくない?

― ところで兜って、けっこう頭が蒸れませんか?!

その通りです。だから蒸れを防ぐために、武士は頭のてっぺんを剃っていました。もちろん剃らない人もいましたけど、戦国時代の武士の絵でよく見るあの髪型にも、ちゃんと理由があるわけです。

ちなみに、加藤清正という武将は立派なあご髭を生やしていたんですが、江戸時代になっても剃らなかった。なぜ剃らないのか尋ねると「髭の上からジョリジョリッ、ギュッて兜の尾を締めたときの心地よさが忘れられないから」と答えたそうです。

― 武将の兜についている大きな飾りは何ですか?

それは前立て(前部につくもの)や脇立て(左右の脇につくもの)といって、縁起をかつぐものだったり、相手を威嚇する役割があります。例えば、有名な伊達政宗の三日月の前立ては、父親の輝宗が決めたもので、彼の旗が日輪なのでそれと合わせて「太陽と月で仏様の加護を得る」。縁起をかついでいます。また、上杉謙信の兜は仏様の前立てがついていて、相手が一瞬ためらうようなものだったり、「勝ち虫」といって、後ろに下がらず前にのみ飛ぶ縁起のいい虫のトンボや、同じく後退しないムカデや毛虫をモチーフにした前立てもありますね。

― 三日月のついた兜はちょっと動きづらそう…。

たしかに飾りが巨大な兜になると、山に入ったときなどに枝に引っかかったりするリスクもあります。それなのに大将の兜の飾りが大きくて目立つデザインが多いのは、そんなに動き回らず、戦場にいる味方に大将が健在であることを示す役割が大きかったからと言えるでしょう。実際に戦う人たちには、そんな飾りは邪魔ですから、コパ子さんが被っているようなシンプルなデザインだったと思います。

― 甲冑は重くなかったんですか?

かなり重かったです。戦国時代に多かった当世具足(とうせいぐそく)という鎧が、だいたい8〜9kgです。これを着て山城を攻めたり、戦場を走り回っていたら疲れますよね? でも、これでも軽くなったほうなんです。源義経の時代の大鎧なんかは20kgもありました。ただし、そのころは馬に乗って弓を引くのが武士の戦いの主流だったので、自分の足でそこまで動き回らなかった。

それから、素材も変化しています。それまでの胴は革でしたが、鉄砲の登場で鉄が使われるようになりました。当世具足の胴はシンプルなデザインで、鉄砲の致命傷を防げるレベルになります。

― 当時の火縄銃ってどれくらいの威力だったんですか?

戦国時代の火縄銃は、50m~100mくらいの距離で撃たないと相手に致命傷を与えられません。射程としては500mくらい飛ぶんですが、有効射程は100m以内。だから鉄砲隊は「敵を引きつけてから撃て!」と上官から命令されるわけです。当たっても、イテッ!で終わったらダメですもんね。

歴史のプロに聞いてみたシリーズ、次回へ続く!

戦国時代の侍と武士と武将と大名…何がどう違うの? 引き続き、歴史のプロ・辻さんに質問します! 次回の記事もお楽しみに。

戦国時代、武士たちは食事やトイレはどうしていたの?歴史のプロに聞いてみた!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする