動物戦国武将占い【猿】天下を取った「人たらし」の達人、豊臣秀吉型の性格は!?

動物戦国武将占い【猿】天下を取った「人たらし」の達人、豊臣秀吉型の性格は!?

和樂webオリジナル「動物戦国武将占い」(診断結果一覧はこちら)。豊臣秀吉型の性格は…!?

豊臣秀吉ってどんな人?

1537~98年。はじめ木下藤吉郎と名乗る。羽柴筑前守。尾張(現、愛知県西部)出身。織田信長の草履取りをしていた頃、草履を懐で温めて、信長に覚えられたという逸話があります。その後、頭角を現し、中国方面軍の司令官に。本能寺の変後、明智光秀を討ち、信長の後継者として天下を統一。豊臣姓を賜り、関白太政大臣にまで上りつめました。さらに明征服を計画して、朝鮮に出兵しますが失敗。幼い息子秀頼の将来を案じ、重臣たちに託しながら病没しました。

猿・豊臣秀吉型の性格

社交的かつ合理的なので、組織の中で活躍できるタイプです。さまざまな職種をソツなくこなしますが、人と関わる仕事、組織の中で人材の活用を考える仕事を好みます。具体的な職種でいえば、営業や広報など。セールストークも上手なので、セールスの分野でも才覚を発揮します。ものを売るため、仕事を得るためにはおせじも辞さないタイプです。このタイプの戦国武将といえば、豊臣秀吉。人たらしと称されることもある秀吉は、「調略」(事前に密かに敵の内部に協力者を作り、内側から自壊させて、味方の損害を最小限にして勝利する戦術)も用いていました。

長期的な計画を立て、手順を踏んで着実にものごとを進めるより「まさに今手元にある課題」に対する現実的な解決策を編み出し、着々と片づけていきます。「あの人に会うと話が早いかも」などと思えば、サクッとアポを取って協力を取りつけるようなフットワークの軽さも持ち味です。

こうした軽やかさがある反面、本当に心を開くには時間がかかります。うまくいっているときはノリノリですが、トラブルに直面すると精神不安定になりやすいです。そのため、個人事業主やフリーランスのような働き方より、組織の一員、誰かの参謀役として能力を発揮できるポジションがいいでしょう。

猿・豊臣秀吉型の弱点

ものごとを表面的にしかとらえず、本質的なことや裏側に潜んでいる真相に意識がいきにくいです。合理的な武将といえば、思い浮かぶのが織田信長ですが、豊臣秀吉も主君である信長の合理主義を踏襲しており、「合理性を重んじ、味方の損害を最小限にして、敵を屈服させていく方法」が得意でした。そのためには非情な「兵糧攻め」も辞しませんでした。

猿・豊臣秀吉型の開運キーワード

人情味

秀吉といえば、「三木の干(ひ)殺し鳥取の渇(かつ)え殺し」。そんな言葉が残るように、三木城、鳥取城で苛烈な兵糧攻めを行い、凄惨な状況を招きました。兵糧攻めは味方の損害が少なく合理的な反面、徹底して行えば城内は地獄絵図となります。秀吉は気さくなイメージが強いですが、戦いにおいては残酷な見せしめを行い、降伏を強いることもありました。現代は戦国時代とは違いますので、このタイプの人は、弱点を素直に認め、「人情味」を意識するとものごとを平和に進められるようになります。

活動的

席の温まる暇がないほど、非常によく動く人です。秀吉が信長の過酷な命令をクリアし、期待以上の成果を出し続け、また常に最前線に身を置いて活動できたのもこのような気質のせいでしょう。毛利の大軍と対峙しながら、敵に信長が討たれたことを察知される前にすばやく講和を締結。さらに山陽道約200kmを軍を率いて1週間ほどで走破し、明智光秀に挑んで世間を驚かせた「中国大返し」のエピソードに共感する人もいるのでは?

気づかい

このタイプは典型的な営業マンタイプです。つい最近も、秀吉が伏見城の築城現場で働く者たち一人ひとりに声をかけて歩いたという書状が見つかり話題になりました。メールやSNSが主流の現代ですが、季節の贈り物やお手紙などを取り入れてみては。

動物戦国武将占い 診断はこちら

自分のタイプを診断する

この占いは四柱推命をベースに多様な占術を取り入れたものです。戦国武将タイプは、諸説があるため生年月日から算出せず、戦国武将の史実や伝承から関連づけて12タイプを作成しました。楽しく読みつつ、「自分」を知り「開運」するためのツールとして役立てていただくために、おもしろい史実も盛り込んでいます。人にはさまざまな面があり、この占いでわかるのは性格や宿命の一部です。とはいえ、毎年毎月変わる運勢とは違い、一生つき合う「本質」です。弱点を知り言動を客観視する、長所を職業選択や人間関係に活かすなどして、お役立てください。

占い監修・ユキムラ 
歴史監修・辻明人

動物戦国武将占い【猿】天下を取った「人たらし」の達人、豊臣秀吉型の性格は!?
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする